ナスの花に似た とてもやっかいな草花 -ワルナスビ-

公園の隅っこに 大きな雄しべをもった白い花

を見つけました

見たことがあるような花です・・・

ワルナスビ (4)
(見たことがあるような花ですね? Sep 14)


ワルナスビ(悪茄子) ナス科・属


同じナス科のナスやジャガイモの花にそっくりです!

でも 実は全く違った感じで プチトマトのようだとか

ワルナスビ (5)
(ワルナスビの花はナスやジャガイモに瓜二つだね)

ワルナスビ (2)
(ワルナスビの群生の様子 Sep 14)

ワルナスビ (3)
(ワルナスビの5本の雄しべと1本の雌しべが見えるよ)


ワルナスビの茎や葉には トゲがたくさんあるので

とても痛いです・・・

ワルナスビ (1)
(ワルナスビの茎にある鋭いトゲ)

ワルナスビ (6)
(ワルナスビの大きな葉の裏側にもトゲがあるよ)


実は ワルナスビは 要注意外来生物に指定されていて

駆除がとても困難な厄介者なんです・・・( ゚Д゚)

おまけに 花も葉も実も 全草が有毒なので

プチトマトと間違えて食べると 大変な目に会う・・・

だから 英語でも ワルナスビをこういうんだって

 ・Devo's tomato (悪魔のトマト)

 ・Apple of Sodom (背徳のリンゴ)




【世界ひとくちメモ】:イスラム教の世界(その3)


〇ムスリムと食べ物(ハラール)

・イスラム教では豚は不浄なものとされ

 豚肉を食べることをコーランで禁止されています

・牛 羊 鶏なども 屠殺を正規の手順で行われなければ

 食べることができません

・正規の手順とは ムスリムが祈りを捧げて

 決まった方法で食肉にする
のです

・そのようにして処理された食肉には「ハラール認証」が

 与えられ ムスリムは安心して食べることができます

・最近は日本の食肉会社においても

 ハラール認証の食肉が提供できるようにと

 ムスリムの人を雇用するようになったそうです・・



・「ぶたぶた子豚 お腹がすいた ぶー」のCMで有名な
 
 エースコックがベトナムで即席めんを製造していますが

 インドネシアやマレーシアにも輸出するので

 「フライパンを持った子豚」のキャラクターは使われて

 なくて普通の子供のコックさんに変わってるよ・・・




3回にわたってイスラム教の世界を だいやんなりに理解

したことを紹介したけど どうだった・・・?


ムスリムと付き合うのは いろいろとたいへんだな・・・

と思いましたか?


でもね・・・ だいやんは考えるんです・・・

お互いの文化や習慣を認め合うことが国際交流の第一歩

になると・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR