友ヶ島のビックリポン                          -外来侵入者のナルトサワギク-

淡路島と和歌山市加太の中間にある島 友ヶ島 に

花を求めて行ってきました  初めての訪問です

加太港からフェリーで20分で友ヶ島の野奈浦桟橋に到着

友ヶ島の道端や空き地は黄色い花一色でした・・・

ナルトサワギク (6)
(友ヶ島遊歩道一面に咲く黄色い花 Mar 13)


小さくて黄色い花も たくさん集まると綺麗ですね・・・

ナルトサワギク (5)
(小さな黄色い花が友ヶ島に多く群生しています)


しばらく歩いてみても この黄色い花の他には

何も花が咲いていません・・・

どこに行っても この黄色い花ばかりが目につきます

ナルトサワギク (4)
(海に近い空地にも 黄色い花が広がっています)


ナルトサワギク(鳴門沢菊) キク科 キオン属


帰って調べてみて 

ビックリしたというか 納得したというか・・・

ナルトサワギクは特定外来生物に指定されていて

在来植物を駆逐してしまう恐れがあるといわれています


ナルトサワギク (2)
(ナルトサワギクはキク科の花 友ヶ島 Mar 13)


ナルトサワギクは 通常 1年中 花を咲かせます

ナルトサワギク (1)
(ナルトサワギクの頭状花は2㎝程の小さな花です)


今から40年前に鳴門市で確認された サワギク(沢菊)

に似た花で 鳴門沢菊と名付けられました

淡路島や大阪南部で急速に広がったと言われています

なるほど・・・

友ヶ島は淡路島と大阪南部の中間にあるので

侵入されたんだろうね・・・

ナルトサワギク (7)
(ナルトサワギクは白い綿毛が飛んで繁殖していく)


花を求めて入ったはずの友ヶ島・・・

季節が早いということもあるだろうけど

ほんとに 島の至る所に生えているのが この花・・・

少し不気味にすら感じたよ (;O;)


キオン属は キク科最大の属だそうで 仲間の花には

 ・ ノボロギク(野襤褸菊) 

 ・ シロタエギク(白妙菊) 

 ・ ハンゴンソウ(反魂草) などがあります


きっと・・・あと何十年かしたら 

ナルトサワギクも在来種と上手に折り合いをつけて

昔からいる日本の花みたいな涼やかな顔をして

生きていくんだろうね・・・


友ヶ島からの帰りに 加太の淡島神社に立ち寄りました

3月3日には流し雛の行事が執り行われました・・・

淡島神社
(加太の淡島神社 多くの人形が並んでいます Mar 13)


社殿に並んだたくさんの人形が見えますか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR