花びらのあるキンポウゲ科の花                         (キンポウゲ科の花(3))

これまで紹介したキンポウゲの花

アネモネ オキナグサ クリスマスローズ クレマチス

シュウメイギク センニンソウ ニゲラ リュウキンカ


は どの花にも

・花びらはなくて 花びらにみえるのはガク片

でしたが

これから紹介するキンポウゲ科の花には

花びらもあるんです・・・


オダマキ 5月(3)
(オダマキの花は外側がガクで内側が花びら 5月)

オダマキ 5月 (2)
(このオダマキなら花びらとガク片が区別できるね)


オダマキ(苧環)キンポウゲ科 オダマキ属


オダマキの花は 花びらのようにも見えるガク片と

筒状(開いたりすぼんだり)になった実の花びらから

できています

写真の花は いずれもセイヨウオダマキです


デルフィニウム 5月 (2)
(花穂にたくさんの小花をつけるデルフィニウム 5月)

 デルフィニウム 5月 (1)
(青い部分はガク片で中心に小さな花が集まっています)


デルフィニウム  キンポウゲ科 デルフィニウム属


デルフィニウムの青や紫色の花びらにみえるのはガク片

ですが 実の花びらは花の中央に小さく集まっています


ラナンキュラス 3月 (1)
(ラナンキュラスにはたくさん花びらがあります 3月)

ラナンキュラス 3月 (2)
(色も多彩なラナンキュラスの花 3月)


ラナンキュラス  キンポウゲ科・属


花びらがたくさんついているラナンキュラス

キンポウゲ科なんですね

この花も色が多彩で 八重と一重があります


ヒメリュウキンカ 3月 (1)
(もう咲き始めているヒメリュウキンカの花 3月)

ヒメリュウキンカ 3月 (2)
(ヒメリュウキンカには8枚の花びらがありますね)


ヒメリュウキンカ(姫立金花)  キンポウゲ科・属


じつは このヒメリュウキンカはラナンキュラスと同属

の花なんですよ  見た目は随分と違いますが・・・


その他 毒草の代表 トリカブト も 

花びらのあるキンポウゲ科の花です


キンポウゲ科の花の特徴をまとめると・・・

・花びらにみえるのがガク片という花が多い(例外あり)

・だから花が咲いている期間が長い

・雄しべ 雌しべが 多い


・殆どのものが 有毒


どうでしょう・・・

少しはキンポウゲ科の花について

詳しくなれたでしょうか・・・?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR