江戸時代の種から生まれた平等院の白い花                       -ハス(蓮)-

60年毎に繰り返される大修理を終えたばかりの

宇治平等院のあちらこちらに

真っ白い蓮の花が咲いていました

ハス(平等院) (1)
(平等院に咲く白い蓮の花 June 24)


ハス(蓮) スイレン科 ハス属


この平等院の白い蓮は 江戸時代後期の地層から発掘

された1粒の種から
見事に花をさかせたもので

平成11年の平等院における発掘調査での成果です

ハス(平等院) (4)
(白い蓮の品種名は「平等院」と呼ばれています)

ハス(平等院) (2)
(蓮の花 中央の緑色の部分が蜂の巣に似ています)


「ハス」という名前は 花托が蜂の巣に似ているので

「はちす(蜂巣)」が「はす」になったそうです

ハス(平等院) (6)
(蓮の花には多数の雄しべがありますよ June 24)


ハスの地下茎が「レンコン(蓮根)」

穴が通っているの蓮根は

「見通しが良い」といわれ縁起の良い野菜なんですよ

平等院鳳凰堂
(阿字池に面している平等院鳳凰堂 June 24)


ハスは 仏教と所縁の深い

インドやベトナムの国花になっています


宇治平等院鳳凰堂は東に向いているのですが

何故だか分かりますか・・・?

阿弥陀如来
(鳳凰堂の正面の格子窓から阿弥陀様の顔が見えます)


朝日を浴びた鳳凰堂内の阿弥陀仏のお顔を

民の人々が 格子窓越しに見ることができるのですね



ハスの花は早朝に開き 午後(3時頃)には閉じて

この開閉を3日間繰り返し
 

4日目には花びらが散る・・・

わずか3日間の儚い命なのはスイレンと同じですね


では ハスとスイレンの違いは何だったか・・・

覚えていますか?

答えはスイレン(睡蓮)のページを見てね!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

眠り姫のお目覚め

\(^o^)/

200年近く眠り続けた一粒の種から花が咲く・・・眠り姫のお目覚めですか。
綺麗な白ですね。

平等院鳳凰堂、絵葉書みたいに綺麗に撮れてますね。

何時ごろ撮ったのでしょうか?
以前何回か写したのですが、残念なことに水面に綺麗に反映しなかったり、人が必ず映り込んでいます。

それらも含めて、外付けハードディスクが、ある日突然にご臨終になられて全て一緒にあの世に・・・ぐすん。

けけ拝

Re: 眠り姫のお目覚め

けけさん おはようございます。

ハスの花が綺麗にさいていた午前10時半頃に撮影した
平等院鳳凰堂でした。

1年前から撮り続けている花の写真が
もう1万数千枚になっていると思いますが
これがご臨終になることは耐えられないことです・・・(;_;)

十分気をつけたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

頑張ってる。

毎日頑張ってるネ。 私も元気でPC入力を忘れない限り(笑)

頑張るよ!!

8月、楽しみにしています。

Re: 頑張ってる。

こんにちは まだむエムさん

はーい 頑張っていまーす!
みんなが応援してくれているので
余計に頑張っていまーす! (^^)/

でも もうすぐ仕事が始まるので
しばらく お休みになってしまいます・・・(;_;)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR