昔から日本人に親しまれ身近だった花といえば                  -ナノハナ(菜の花)-

春を告げる花に

こんなに早く 出会えるとは思っていませんでした

ナノハナ (5)
(黄色の総状花序をつけた花がいっぱい咲いていました Jan 12)


ナノハナ(菜の花)  アブラナ科 アブラナ属

別名 アブラナ(油菜) セイヨウアブラナ(西洋油菜) ナタネ(菜種)


ナノハナ (1)(菜の花の花姿 Jan 12)


ナノハナは 昔から 日本人の身近にありましたね

菜の花や 月は東に日は西に (与謝蕪村)

菜の花畑に 入り日うすれ・・・(おぼろ月夜 高野辰之作詞)

菜の花の沖 (司馬遼太郎)


ナノハナ(6)
(ナノハナの花 Jan 12)


ナノハナの花びらは4枚で 十字架の形をしています

これはアブラナ科の花の特徴のようです

アブラナ科の花といえば 以前ご紹介した

ストック スィートアリッサム ハボタン の他に

ダイコン ハクサイ ワサビ などがあります

ナノハナ (2)  ナノハナ (4)
(ナノハナの花の拡大と葉っぱ Jan 12)


ナノハナの種からとれる油が「菜種油」ですね

私の台所にもありますよ

江戸の昔は 精製していなかったので 

おもに灯火として使われていました

ナノハナ (3)(菜の花 Jan 12)

ところで

どうして「菜の花の沖」っていう題名がついたんだろう?

司馬遼太郎さんの好きな花が菜の花で

小説の主人公 高田屋嘉兵衛が北前船で 菜種油を採るために

菜の花栽培につかう肥料を北海道から仕入れていたから

ともいわれています

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR