fc2ブログ

延命寺(河内長野)の紅葉

大阪南部 河内長野の名刹 延命寺は

秋の紅葉の季節(だけ) 人が集まります

延命寺 (8)
(河内長野の名刹 延命寺の参詣道  Nov 23)


お目当ての 樹齢800年~1,000年といわれる夕照もみじ

は 2年前の台風で 片方の幹が折れてしまいましたが

残った力で オレンジ色に紅葉していました

延命寺 (10)
(夕照もみじ かつては太い幹が2つありました)

古の夕照もみじ
(古の夕照もみじ 右側の幹は今はなく 2014年11月)

延命寺 (11)
(幹と枝には支えがつけられています  Nov 23)

延命寺 (1)
(今年の延命寺の紅葉  Nov 23)


階段を上がると 長野公園の蓮池 に出ます

いつも ここで だいやんは お弁当を食べるのよ

延命寺 (4)
(この階段を上がると蓮池があります)

延命寺 (3)
(蓮池は だいやんお気に入りののお弁当場所です)


この日は 延命寺のご本尊 如意輪観音が

開帳されていました

延命寺 (9)
(延命寺本堂のご本尊は御開帳されて  Nov 23)

延命寺 (2)
(ご本尊 如意輪観音は年に2~3回開帳されます)


河内長野のもうひとつの名刹 観心寺へは

延命寺から歩いて30分

紅葉の名所と言われています

観心寺 (1)
(観心寺の紅葉 Nov 13)

観心寺 (2)
(観心寺の皇帝ダリア Nov 21)


あなたのご近所の隠れた名所はどこですか・・・?


スポンサーサイト



ネズミの顔に見えますか? -クフェア・タイニーマイス-

夜の厳島神社は荘厳で幻想的でした

宮島  (8)
(夜の厳島神社 海がとても静かで幻想的ね Nov 06)


少し離れたところに 光る建物らしいものが・・・

なんだろう・・・?

宮島  (1)
(こんな建物があったかなぁ~ 何だろう?)


翌朝 分かりました!

宮島  (2)
(海の向こうに見えるのは修理中の大鳥居でした)

宮島  (4)
(昨年7月から始まった大鳥居の保存修理工事)


今回の大鳥居の保存修理工事は2~3年かかるそうです

宮島  (5)
(厳島神社本社本殿でお参りをしました Nov 07)


宮島で厳島神社の他に よかったところは大聖院でした

ちょうど紅葉が美しかったです

宮島  (9)
(大聖院山門 長い階段を上がると広い境内へ)

宮島 大聖院
(大聖院のモミジが見事に紅葉していました)


「砂踏み道場」という看板に興味を抱き 階段を下りた

中は真っ暗闇の回廊になって お化け屋敷みたい・・・

手探りで進むと・・・

宮島  (6)
(大聖院にある中国観音霊場お砂踏み道場への入口)

お砂踏み道場
(地下通路には33の観音霊場の砂が足下に敷かれ)


宮島を出立する前に 表参道商店街を覗いてみました

そこは 都会か?! と思わせるような人だかり

コロナが気になり すぐに退散しました・・・

表参道商店街
(週末だからなのかな? 表参道商店街は人だかり)


さて 今日の花はこれ・・・初めて出会った花です

この花の名前・・・何ていうの?

クフェア・タイニーマイス (2)
(葉茎の先に筒状の花が その先には赤い花びら?)

クフェア・タイニーマイス (5)
(ネズミの顔に見えるかな・・・? Nov 05)


クフェア・タイニーマイス ミソハギ科 クフェア属


クフェアには多くの品種があるようですが

この花は「小さなネズミたち」という名前の品種です

花びらのように見える赤いひらひらはガク片です

5月~11月に花が咲きます

クフェア・タイニーマイス (1)
(クフェアは50cm高位の常緑低木なんだそうです)

クフェア・タイニーマイス (4)
(クフェア・タイニーマイスの花)


見ようと思えば 

小さなネズミが並んでいるようにも見えるかな・・・



秋の宮島 弥山(みせん)

 山口県萩からの帰路に広島県宮島に立ち寄りました

神の山と言われる弥山(みせん)に登りたかったのです

幸い お天気もよくて 

弥山山頂から見下ろす瀬戸内海の眺めは

素晴らしいものでした

8弥山 (6)
(弥山山頂からの瀬戸内海の眺望  Nov 06)


紅葉谷駅からロープウェイを途中で1度乗り換えて

獅子岩駅で下り 30分少々上ると 弥山山頂に着きます

山道をマスクして歩くのは ちょっとキツイですが・・・

8弥山 (1)
(ロープウェイ乗り場へは紅葉谷公園を通って行きます)

8弥山 (12)
(紅葉谷駅から榧谷駅までは小さなゴンドラで)

8弥山 (7)
(榧谷駅から獅子岩駅までは大きなゴンドラで)

弥山
(獅子岩駅展望台から本州側を臨む)


弥山山頂までの山道の途中にあるのが

弥山七不思議のひとつ「消えずの火」で有名な霊火堂

「恋人の聖地」とも言われているとか・・・

弥山 (3)
(多くの観光客が立ち寄る霊火堂)

弥山 (1)
(消えずの火 薪には確かに火がついています)

8弥山 (8)
(くぐり岩を抜けると弥山山頂まで あとわずか)

8弥山 (9)
(弥山山頂から眺めた瀬戸内海 幻想的でした)


さて 今日の花は 秋芳洞商店街の店頭にあった

この花・・・名前を知っていますか?
 

マユハケオモト (1)
(とっても大きなマユハケオモトでした Nov 04 )


マユハケオモト(眉刷毛万年青) ヒガンバナ科

別名 ハエマンサス       マユハケオモト属



マユハケオモトは10月~11月前半にかけて花が咲き

ふつう草丈は20cm程度ですが

この店頭で出会ったのは 50~60cm位あったよ

マユハケオモト (2)
(花も大きくて雄しべにつく花粉もいっぱいです)


だいやんの鉢にも毎年マユハケオモトの花が咲くけど

もっとちいちゃいよ・・・

こんなのです

マユハケオモト
(鉢植えのマユハケオモト  10月撮影)


角島 牧場風の公園でのダルマギクの群生

角島大橋と角島灯台で人気観光スポットになっている

角島のちょっとした穴場 牧場風の公園 

この花の群生地として有名なんです

ダルマギク (9)
(舌状花が淡紫色の花が群がって咲いています)

ダルマギク (1)
(白色の花もあります 葉の形が特徴的  Nov 4)


ダルマギク(達磨菊) キク科 シオン属


ダルマギクは山口県北長門海岸国定公園の指定植物

保護されています

花が咲くのが10月~11月なので 

今回の訪問は超ラッキーでした

ダルマギク (5)
(北長門海岸に群生するダルマギク  Nov 4)

ダルマギク (8)
(牧場風の公園は角島最北端にあります)

ダルマギク (2)
(ダルマギクの花径は4cm位 葉には産毛がたくさん)

ダルマギク (3)
(ダルマギクを横から撮りました 草丈は30cm位)

ダルマギク (10)
(これ位のダルマギクの集まりが散在していました)

ダルマギク (4)
(白いダルマギクの群生です  Nov 4)

ダルマギク (6)
(牧場風の公園に咲く淡紫色と白色のダルマギク)


角島からの帰路に 元乃隅神社金子みすゞ記念館

立ち寄りました

元乃隅神社は評判程には感激しませんでした・・・

元乃隅神社 (1)
(大勢の観光客が集まる元乃隅神社の鳥居の列)

元乃隅神社 (2)
(海辺から見上げた元乃隅神社の鳥居  Nov 4)


金子みすゞ記念館はよかったです

彼女の詩がとても好き・・・

金子みすゞ記念館
(金子みすゞ記念館ではじっくりと過ごしました)


ほんとに 山口県って見どころ満載で

また来たい! と思いました

角島 牧場風の公園でのホソバワダンの群生

山口県 北長門海岸にある角島(つのしま)に

27年前 1,780mの橋が架けられました

この角島大橋は 自動車CMのロケ地として有名で

新たな観光地にもなっているようです

角島大橋 (2)
(自動車CMで有名な角島大橋)


多くの観光客は角島大橋を渡り 角島灯台に向かいます

角島灯台は日本の灯台50選にも選ばれた灯台で

展望台まで螺旋階段から上ることができます

角島灯台
(間もなく日本最初の重要文化財灯台になる角島灯台)

角島灯台からの眺望
(角島灯台から日本海を臨む)


少し足を延ばして 角島最北端の 牧場風の公園

を訪れました

観光客も少なく 

風と波の音を聞きながら 散歩道を歩きました

こんな黄色い花の群生に出会いました

ホソバワダン (3)
(牧場風の公園に咲く黄色い花 何だろう? Nov 05)


近づいてみましょうね・・・

ホソバワダン (1)
(草丈は20~30cmの花ですね  Nov 05)

ホソバワダン (4)
(大きな葉をもったホソバワダン  Nov 05)


ホソバワダン(細葉海菜) キク科 アゼトウナ属


ホソバワダンは島根県・山口県の日本海岸の岩場などに

生育し 10月~11月に黄色い花を咲かせます

ホソバワダン (2)
(ホソバワダンの花)

ホソバワダン (5)
(ホソバワダンの葉はこのような形です)

ホソバワダン (6)
(ホソバワダンの花のつき方はこんなです Nov 05)

ホソバワダン (7)
(ホソバワダンは10月~11月に花が咲きます)


角島の穴場といっていい 角島牧場風の公園には

もっとすごい花が群生していました


その花はなんだったでしょう・・・? 

それは 次回のお楽しみ・・・! (^_-)-☆


山口県への旅とツワブキ

山口県に行ってきました

秋芳洞~長門~萩~須佐とドライブしました

秋芳洞 (6)
(秋芳洞入口 紅葉が綺麗だったよ  Nov 04)

秋芳洞 (5)
(音声案内はコロナで中止 静かな洞内でした)

萩城下町 (4)
(萩城址 とっても広くて立派です)


萩城は1604年に毛利輝元により築かれ

明治7年に廃城になりました

今も立派なお濠と石垣が残っています

萩城址に ツワブキの花が たくさん咲いていました

ツワブキ (4)
(萩城址に咲くツワブキの花  Nov 05)


ツワブキ(石蕗) キク科 ツワブキ属


萩の城下町を 2万歩 歩きました

萩城下町 (1)
(萩城下町の土塀  堀内鍵曲がり)

萩城下町 (3)
(萩城下町のなまこ壁が美しいです)

萩城下町 (2)
(萩藩御用商人 菊谷家の家)

松下村塾
(松陰神社内にある松下村塾)


吉田松陰が松下村塾で教えたのは1857年~58年の

わずか1年余りでした

吉田松陰所縁の墓地
(吉田松陰所縁の墓地にもツワブキの花がいっぱい)

高杉晋作の墓
(松下村塾の双璧の一人 高杉晋作の墓にも Nov 05)

角島
(日本海側にもツワブキが咲いていました Nov 04 )


萩から40キロほど東に行ったところに須佐湾があり

ホルンフェルス断層を訪れました

絶景でした

須佐ホルンフェルス (3)
(眼下の断層のところまでは歩いて行けます)

須佐ホルンフェルス (1)
(須佐湾ホルンフェルス)

ツワブキ (1)
(ホルンフェルスへの道端に咲くツワブキ Nov 05)


このように 見どころが満載の山口県の至るところで

ツワブキの花に出会いました


山口県とツワブキの花には

なにか特別な所縁があるのでしょうか・・・?


今道端に咲いている秋の花

9月半ばからずっと咲いています

淡い紫色の花が夕日に輝いて 美しい・・・

名前がとってもロマンチックな感じがするこの花

ご存じですか・・・?

紫苑 (2)
(ノッポの紫色の花が畑に咲いています  Oct 30)

紫苑 (1)
(少し上から撮ってみました  Oct 30)

紫苑 (6)
(3cm位の頭花が多数 散房状についています)


シオン(紫苑) キク科 シオン属


シオンの花は9月~10月に 長い間咲いています

ノッポの草本で 草丈が1.5~2mにもなるんだよ

紫苑 (8)
(紫色の舌状花と黄色の筒状花のコントラストが綺麗)

紫苑 (4)
(咲き始めのシオンの頭花 かわいいね  9月撮影)

紫苑 (3)
(2週間前のシオンの花は元気一杯でした)

紫苑 (7)
(シオンの茎と葉です)


紫苑(シオン)・・・なんて美しい響きなんでしょう!

そういえば 春に群生する花 

ハルジオン(春紫苑)にも紫苑の名前がついていたね

こんな花・・・

春紫苑 (1)
(ハルジオンの頭花  5月初撮影)

春紫苑 (2)
(ハルジオンはムカシヨモギ属の花です 5月初撮影)


今庭に咲いている花 -白のランタナ-

散歩道のケヤキ並木の紅葉が美しい季節です

ケヤキ (1)
(散歩道はケヤキ並木の紅葉が綺麗です Oct 31)

ケヤキ(欅) ニレ科 ケヤキ属  落葉高木

ケヤキ (2)
(赤色も黄色もケヤキの紅葉です  Oct 31)


さて 今日の花は白色です

この白い花の名前 分かりますか・・・?

ランタナ  (7)
(丸くて白い花です  Oct 19)

ランタナ  (5)
(草ではなくて木なんだそうです)

ランタナ  (6)
(花の中央が黄色っぽいね  Oct 19)

ランタナ  (8)
(小花が散形花序に集まったランタナの花です)


ランタナ(七変化) クマツヅラ科 シチヘンゲ属


今まで 七変化の別名の通り 多彩な花色のランタナに

出会いましたが 白いランタナは初めてです

ランタナは中央の小花が若いので 

花色の変化は黄色から白色になるんだね

いずれは真っ白いランタナの花になるのかな・・・


他の色のランタナも紹介するね

ランタナ  (3)
(淡いクリーム色のランタナが  7月撮影)

ランタナ  (4)
(ピンク色のランタナに変化しました  7月撮影)

こちらのランタナは

ランタナ (9)
(黄色のランタナが次第にオレンジ色に 10月撮影)

ランタナ  (2)
(赤いほどのオレンジ色に変化したランタナ 10月撮影)


こんなに綺麗なランタナの花なのに

その黒い果実は有毒で しかも

世界の侵略的外来種ワースト100 


に選定されているんだって・・・!

綺麗な花には・・・注意かな?


カテゴリ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもう8年目です。
今はコロナ自粛で休止状態ですが、復帰後も応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR