fc2ブログ

小さな釣鐘状の花がぶら下がっています -ツリガネズイセン-

カンパニュラの花を小さくしたような花です

草丈は20~50cmで 花の大きさは2cm位でしょうか

この花の名前 なんていうのだろう・・・?

ツリガネズイセン (4)
(青紫色した鐘状の花がぶら下がってるよ Apr 24)

ツリガネズイセン (2)
(釣鐘状の小花が総状花序に咲いています Apr 24)


ツリガネズイセン(釣鐘水仙) キジカクシ科

               ヒアシントイデス属



花が釣鐘状で 葉が水仙の葉に似ているので

釣鐘水仙と名付けられたそうです

4月~5月に花が咲きます

ツリガネズイセン (1)
(ツリガネズイセンのツボミだよ Apr 15)

ツリガネズイセン (5)
(釣鐘水仙の小花は先端が6裂して反り返っています)


ツリガネズイセンの花の色は 青紫色の他に

淡いピンク色や白色など いろいろあるようですね

ツリガネズイセン (3)
(釣鐘水仙の葉はスイセンに似て線状です Ap 24)


キジカクシ科の花といえば 何を思い浮かべますが?

 ムスカリ ヤブラン は姿形が似ているかな・・・

 そういえば ヒアシンス にも似ているね


最初に似てる・・・といった カンパニュラは

キジカクシ科ではなくて キキョウ科でした

スポンサーサイト



今道端に咲いている花 (4月)

近所で この花をよく見かけます

赤っぽい花と白っぽい花の2種類があるようです

スイセンアヤメ (7)
(こちらは赤っぽい色の花です  Apr 24)

スイセンアヤメ (3)
(こちらは白っぽい色の花です  Apr 24)


よく観ると 花の中に花があるような・・・ 

この花の名前 分かりますか・・・?

スイセンアヤメ (2)
(赤いスイセンアヤメ 中央に黄色の花があるみたい)

スイセンアヤメ (5)
(白いスイセンアヤメ 中央にやっぱり黄色の花が)


スイセンアヤメ(水仙文目) アヤメ科 スイセンアヤメ属

別名 スパラキシス


アヤメ科の花なので穂状花序に数個の6弁花をつけます

スイセンアヤメ (4)
(水仙文目の葉は線形です  Apr 24)

スイセンアヤメ (6)
(上方から観たスイセンアヤメ  Apr 24)

スイセンアヤメ (1)
(スイセンアヤメの咲き姿です  Apr 24)


ご近所でも

スイセンアヤメの花が咲いていませんか・・・?

今道端に咲いている花 (4月)

今年は どの家の庭のハナミズキも 

花付きがとってもいいですね

ハナミズキ (2)
(淡いピンク色のハナミズキの花  Apr 23)

ハナミズキ (1)
(真っ白なハナミズキの花です  Apr 23)


ハナミズキ(花水木) ミズキ科・属


4枚の総苞の中央にあるのがハナミズキの花です

ハナミズキ (3)
(このハナミズキの小花はまだツボミですね)


ハナミズキの小花の開いたのを拡大すると・・・

ハナミズキ (1)
(ハナミズキの小花 4枚の花びらは緑色だよ)


次の花はこれです

紫色の4弁花が 元気いっぱいに咲いています

この花の名前 覚えていますか・・・?

ショカツサイ  (3)
(草丈は20~60cmで3月~5月に花が咲きます)

ショカツサイ  (2)
(葉っぱの根元から花茎が数本伸び出てる Mar 26)


ショカツサイ(諸葛菜) アブラナ科 ショカツサイ属

別名 
オオアラセイトウ大紫羅欄花)


アブラナ科なので花びらは4枚だね

花びらの紫色と 6本の雄しべの黄色との

コントラストが とっても綺麗ですね

ショカツサイ  (4)
(花径は3cm程 紫と黄のコントラストが綺麗だね)

ショカツサイ  (6)
(ショカツサイの咲き姿です Mar 26)


今は コロナコロナで ほんとにストレスがたまるよね

幸い だいやんは 郊外に住んでいるので

人と接触しないで 散歩ができます  それに

今の季節は 道端のお花たちと いっぱい会えるので

コロナに負けないで 頑張れそうです

みんなも コロナなんかに負けないでね・・・!


万葉の時代にネツコグサ(寝つ娘草)と呼ばれた花 -オキナグサ-

1年前に始めて出会った緑色した桜が今年も咲いていたよ

場所は 河内長野の名刹 天野山金剛寺 です

御衣黄桜(金剛寺) (3)
(珍しいよね 緑色した桜の花びらは  Apr 16)

御衣黄桜(金剛寺) (2)
(次第に花びらにある条線が紅色に染まってきます)

御衣黄桜(金剛寺) (5)
(葉も木肌も桜だよね  天野山金剛寺にて Apr 16)


ギョイコウサクラ(御衣黄桜) バラ科 サクラ属


御衣黄桜(金剛寺) (1)
(天野山金剛寺に咲くギョイコウサクラ Apr 16)


さて この頭を垂れて咲く この花の名前 

覚えていますか・・・?

オキナグサ (3)
(暗紫色の花が頭を垂れて咲いています  Mar 26)

オキナグサ (6)
(翁草は春の花 花の文化園にて Mar 26)

オキナグサ (4)
(オキナグサの花の雌しべと雄しべ)


オキナグサ(翁草) キンポウゲ科 オキナグサ属

別名(万葉集) ネツコグサ(寝つ娘草;根都古草)



名前の由来で いちばん分かりやすいのは

雌しべが伸びて老人の白髪のようになった姿ですね

下の写真が 1ヵ月後のオキナグサの姿です

草丈が10cmから30~40cmへと大きく伸びました

オキナグサ
(背丈も伸びて雌しべが白髪状になった翁草 4月下旬)


オキナグサは絶滅危惧種で 

道端では見られなくなったかもしれませんね・・・

杯状花序の中にあるツボミはなあに? -ユーフォルビア・カラシアス-

花の文化園には 道端では見られない花も

たくさん咲いています

例えば この花・・・

名前も聞いたことありませんでした・・・

ユーフォルビア・カラシアス (5)
(杯状花序にあるツボミのようなのは何だかわかる?)

ユーフォルビア・カラシアス (2)
(少し遠目に見るとこんな感じだよ  Mar 26)


草丈は50~100cmです

ユーフォルビア・カラシアス (1)
(こんなふうな花姿です  大阪花の文化園にて)


ユーフォルビア・カラシアス  トウダイグサ科

               ユーフォルビア属


ユーフォルビア・カラシアスには いくつかの品種が

あり これは ウルフェニー という品種です


杯状花序の上にあるツボミのようなのは

それが開いて また 新たな杯状花序 になるんだよ

ユーフォルビア・カラシアス (3)
(黒っぽい三日月状の4つは腺体で蜜を出します)

ユーフォルビア・カラシアス (8)
(こちらの杯状花序には次のツボミはないね)

ユーフォルビア・カラシアス (6)
(茎の下方に出るユーフォルビア・カラシアスの葉)


この花 やっぱり トウダイグサ科の本家の

トウダイグサによく似ているよ

トウダイグサ
(トウダイグサ科・属のトウダイグサの花 4月撮影)


散歩道に 綺麗な青い鳥が舞い下りてきました

イソヒヨドリ (2)
(体長20cm余り 背中が青い小鳥です Apr 16)

イソヒヨドリ (1)
(お腹が明るい茶色  イソヒヨドリの雄だね)


調べてみると イソヒヨドリ(磯鵯)の雄 らしいです

幸せの青い鳥と呼びたいと思います

雄はこのように綺麗な色をしていますが

雌は灰色がかった地味な色をしているようです


元々は海岸の磯でよく見かけられる野鳥ですが

最近は街でもみかけられるようになったとか・・・

あなたも幸せの青い鳥を見つけてくださいね!



ピンク色の蕾が開くと白い花に 傘状に咲くよ -ビバーナム-

         索引を更新しました

2~3mの木に ピンク色と白色の花が混じっています

ビバーナム (4)
(緑の葉の上にピンクと白の花がついてます Mar 26)


よく見ると・・・

ピンク色したのは小さな蕾(ツボミ)で

開くと小さくて白い5弁花になるんだね

この花の名前 なんていうのだろう・・・?

ビバーナム (3)
(ピンク色した丸いツボミが開くと白い花になるよ)


ビバーナム  レンプクソウ科 ガマズミ属

和名  トキワガマズミ(常盤莢蒾



ビバーナムには いくつかの品種があって

この花は ビバーナム・ティヌス といいいます

ビバーナム (6)
5~10cmあるビバーナム・ティヌスの円錐花序)

ビバーナム (5)
(ビバーナム・ティヌスの円錐花序の横顔 Mar 26)

ビバーナム (2)
 (ビバーナム・ティヌスのツボミの開花の前と後)

ビバーナム (1)
(ビバーナム・ティヌスの低木 花の文化園 Mar 26)


レンプクソウ科といえば よく知っている花に

オオデマリ があります

どんな花か 覚えていますか・・・?


         索引を更新しました



だいやんの花クイズ (5月に咲く木の花)

今回は5月に咲く木の花からの出題です

難しいかもしれないので ヒントの写真は3枚ずつだよ


最初の木のヒント: タンスニゴン・・・

          日本を代表する巨樹が多いよ・・・

花(A)
クスノキ (2)
(白い筒状花で先が6つに裂けてます 5月)

クスノキ (3)
(黄緑色した円錐花序に白くて小さな花が咲く 5月)

クスノキ (4)
(波打つ葉が特徴 木は厳島神社の鳥居に使われてる)


花(B)
ブラシノキ (1)
(赤い花のツボミが膨らんできました 5月)

ブラシノキ (3)
(ツボミが開き始めて赤い雄しべが顔を出したよ)

ブラシノキ (2)
(ツボミが全開するとこんな花になりました 5月)


花(C)
センダン (4)
(雄しべが合着しています 5月)

センダン (2)
(淡い紫色の綺麗な5弁花が集まっています 5月)

センダン (3)
(〇〇は双葉より芳し・・・という古い言葉があるね)


花(D)
ナンジャモンジャ (2)
(前の花に少し似ている? 真ん中が赤っぽい白い花)

ナンジャモンジャ (1)
(白い4つの羽をもった花がいっぱい集まってる 5月)

ナンジャモンジャ (3)
(緑の葉が白い雪に覆われたみたいだね 5月)


花(E)
ハコネウツギ (4)
(花の色は白からピンク色 そして赤へと変化するよ)

ハコネウツギ (5)
(こんな感じ 最初は全部白色だったよ 5月)

ハコネウツギ (6)
(人の背丈より少し高い木です 5月)


どうでしたか?

木の花は馴染みが少ないから難しいかな・・・?



【答えです👇】 








花(A):クスノキ(樟;楠)(クスノキ科  ニッケイ属)

クスノキには巨樹が多く 厳島神社の大鳥居にも

使われています

クスノキ (1)
(松下歴史館の玄関のクスノキも花盛りでした 5月)


花(B):ブラシノキ  (フトモモ科 ブラシノキ属)

    英名 bottle brush(ボトルブラシ)


ブラシノキ (4)
(ボトルを洗うブラシに似た花ですね 5月)


花(C):センダン(栴檀) (センダン科・属)

センダン (1)
(センダンは5月に白っぽい花を咲かせる高木です)


花(D):ヒトツバタゴ(一ッ葉田子) (モクセイ科) 

 別名 ナンジャモンジャノキ  (ヒトツバタゴ属)


ナンジャモンジャ (4)
(青空と白い花が映えるナンジャモンジャノキ 5月)


花(E):ハコネウツギ(箱根空木) (スイカズラ科)

                 (タニウツギ属)


ハコネウツギ (2)
(ハコネウツギの花は咲き始めは真っ白です 5月)

ハコネウツギ (1)
(白い花がだんだんとピンク色に変化するハコネウツギ)

ハコネウツギ (3)
(最後はこんなに濃いピンク色になる箱根空木の花)


ナンジャモンジャノキなんか見たことない・・・って

いう人 多いんじゃないですか?


5月になって 今回出題した花に出会ったときは

名前をしっかりと思い出してくださいね・・・!





だいやんの花クイズ -5月に咲く花-

春の花盛りの季節ですが

ここで 久し振りの花クイズをしましょう

5月が近づく前に 
5月に咲く草花からの出題です

歌や詩に出てくる花が多いよ


(A) 子供のころに歌った歌にもあったね
アマリリス (4)
(大きな花だね タリラリラリラ~🎶 5月)

アマリリス (2)
(太い茎の先に大きな花が2輪つきます 5月)


(B) 鶴岡八幡宮で静御前が舞った長唄に出てきます
オダマキ (4)
(ガク片と花びらは5枚ずつ 長い距が突き出てる)

オダマキ (1)
(青色の花もあるよ 名前の響きが大好きです 5月)


(C) フジコヘミングさんが好きなピアノ曲にあるよ
カンパニュラ (1)
(リストが作曲した有名で難しいピアノ曲の名前と一緒)

カンパニュラ (2)
(釣鐘状の花で色は多様 英語でベルフラワー 5月)


(D) 春の七草のひとつ「ゴギョウ」のことだよ
ゴギョウ (1)
(4月に黄色い花を咲かせます 綿毛は雌花の雌しべ)

ゴギョウ (2)
(道端に咲く春の七草のひとつだよ 4月)


(E) 大正時代の画家 竹久夢二の歌にもあるね
マツヨイグサ (3)
(花は黄色の4弁花で1日花です 5月)

マツヨイグサ (4)
(待てど暮らせど来ぬ人を~ の歌知ってる? 5月)


今回のは 全部分かりましたか・・・?







【答えです👇】 










(A) アマリリス (ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属)
アマリリス (3)
(アマリリスの長い雌しべと6本の雄しべ 5月)

アマリリス (1)
(花の色はピンクや白もあるよ アマリリス 5月)


(B) オダマキ(苧環) (キンポウゲ科 オダマキ属)
オダマキ (5)
(長く飛び出ているのはセイヨウオダマキの距 5月)

オダマキ (3)
(セイヨウオダマキの花の色は多様です 5月)


(C) カンパニュラ(風鈴草)(キキョウ科 ホタルブクロ属)
カンパニュラ (3)
(ピンク色のカンパニュラも可愛いね 5月)

カンパニュラ (4)
(こちらは白いベルがたくさん カンパニュラ 5月)


(D) ハハコグサ(母子草) (キク科 ハハコグサ属)
 別名:ゴギョウ(御形)・・・春の七草のひとつ

ゴギョウ (3)
(母子草は筒状花とその周りの糸状の雌花からなります)

ゴギョウ (4)
(ハハコグサはこのようにひっそりと咲くよ 5月)


(E) マツヨイグサ(待宵草)(アカバナ科 マツヨイグサ属)
マツヨイグサ (2)
(マツヨイグサの花期は長いけど花は1日の命 5月)

マツヨイグサ (1)
(マツヨイグサの黄色い花は萎むとオレンジ色に 5月)

ユウゲショウ
(5月に咲くユウゲショウも同じマツヨイグサ属です)


ヨイマチグサとはマツヨイグサ属の一種みたいだね


ハハコグサは分かった・・・?

分かった人は相当な「お花通」ですね! 

すごいです !(^^)!


次回は5月に咲く木の花だよ・・・

花が終わる頃に枝先に三つ葉が -トサノミツバツツジ-

赤い花をつけた花木が2つ

さて 何ていう花木でしょう・・・?


(A)3m位の花木で濃いピンク色の花が咲いています
ベニバナトキワマンサク (1)
(3月~5月に花が咲きます  花の文化園 Mar 26)


近づいた方がよく分かるかな・・・

ベニバナトキワマンサク (2)
(細長い花びらが特徴的 黄色の花の花木もあるよ)


(B)3m位の花木でピンク色の花がさいています
トサノミツバツツジ (4)
(4月~5月に花が咲きます  花の文化園 Mar 26)


近づいてみると・・・

トサノミツバツツジ (3)
(見たことのある花の形だね ツツジかな?)


(A)ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)

          マンサク科 トキワマンサク属


こちらは 以前にも紹介したことがあったね

ベニバナトキワマンサク (3)
(紅色の花を咲かせるベニバナトキワマンサク)

ベニバナトキワマンサク
(細長い花びらが特徴のマンサク仲間ですね)


(B)トサノミツバツツジ(土佐三葉躑躅)ツツジ科・属


こちらは初めて紹介する花です

トサノミツバツツジ (1)
(きれいなピンク色の花を咲かせるトサノミツバツツジ)

トサノミツバツツジ (2)
(まだ花ばかりで葉は出ていませんね Mar 26)


ミツバツツジと名前がつけられているのは

花が咲き終わる頃に 枝の先に三つ葉がつくからだって

トサノミツバツツジ
(枝先に三つ葉が見え始めているよ Mar 26)


花の文化園には いろいろな花があって

とっても楽しいです・・・!



茶人に好まれた清楚な花木 -リキュウバイ-

子供たちが大好きな春の花といえば

そう・・・! チューリップですね

チューリップ (2)
(ご近所の花壇も華やかになってきたね Mar 31)

チューリップ (1)
(子供たちが大好きなチューリップの花です)


さて 今日紹介する花はこれ

この花の名前 なんていうのだろう・・・?

リキュウバイ (3)
(高さが3~4mの花木で白い花が咲いています)

リキュウバイ (2)
(白の5弁花で花びらの間が開いてるよ Mar 26)


リキュウバイ(利休梅) バラ科 ヤナギザクラ属


落ち着いた清楚な花 というので

茶室の庭によく使われるとか・・・

4月~5月に花が咲きます

リキュウバイ (4)
(リキュウバイは花と葉が同時につくんだよ)

リキュウバイ (1)
(枝先に4cmほどの花を6~7輪つけるリキュウバイ)

リキュウバイ (5)
(これからもっと花をつけるよ利休梅  花の文化園)


千利休の名前を借りた リキュウバイ

近所の公園などで見かけたこと ありますか・・・?



カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもう8年目です。
今はコロナ自粛で休止状態ですが、復帰後も応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR