fc2ブログ

秋に咲く紅紫色や白色の花 -シュウメイギク-

9月下旬に咲き始めて1か月・・・

とっても花期が長いですね

紅紫色や白色の花を咲かせます

この花の名前を知っていますか・・・?

シュウメイギク  (11)
(花期が長いよ こちらは紅紫色の花 Oct 27)

シュウメイギク  (12)
(こちらは散歩道に咲いていた白色の花 Oct 27)


シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ科 イチリンソウ属


花びらに見えるのは実はガクというのが

キンポウゲ科の特徴なんです

だから花期が長いんだよ・・・

シュウメイギク  (9)
(シュウメイギクの花びらのようなのはガク)

シュウメイギク  (4)
(白い花びらに見えるのもシュウメイギクのガク)

シュウメイギク  (6)
(シュウメイギクの花の裏側です)


シュウメイギクの花の黄色い雄しべは 
黄緑色に

集まった雌しべの周りにたくさんついてるよ

シュウメイギク  (7)
(黄緑色したのが秋明菊の雌しべの集まりです)


シュウメイギクの花には八重のものもあります

シュウメイギク  (1)
(シュウメイギクの八重の花 Sep 29)

シュウメイギク  (2)
(八重咲のシュウメイギクのアップです)


今年の家の庭に咲いたシュウメイギクは

とっても元気だったよ・・・

シュウメイギク  (10)
(家の庭に咲いた元気なシュウメイギク Oct 13)


花の名前に「秋」がつく花には 秋明菊の他に

秋海棠秋桜などがあるけど・・・

いずれも 

とってもロマンティックな名前だと思いませんか?



スポンサーサイト



赤紫色の珠が輝いています -コムラサキ-

 赤紫色の珠が垂れた枝で輝いています

綺麗な色です

夏には可愛らしいピンク色の花をつけるよ

この植物の名前・・・知っていますか・・・?

コムラサキ  (4)
(赤紫色の小さな球が集まっています Oct 18)



コムラサキ(小紫) クマツヅラ科 ムラサキシキブ属

別名 コシキブ(小式部)



コムラサキムラサキシキブ

よく比べられるけど 見分け方もいろいろあるようです


コムラサキの特徴(ムラサキシキブとの違い)は

 ・民家で見かける(ムラサキシキブは山野で自生)

 ・枝垂れている

 ・実がたくさんついている


というのが分かりやすいかな・・・

コムラサキ  (5)
(コムラサキは枝垂れています Oct 18)

コムラサキ  (3)
(コムラサキの実はブドウみたいにたくさんついてる)


もう少し細かく見ると こんな違いもあるよ

 ・葉の柄の付け根と花や実の付け根が離れている

 ・葉が小さい(ムラサキシキブの葉は2倍大きいよ)

 ・葉の根元の方にはギザギザがない

コムラサキ  (1)
(コムラサキの特徴を見つけてくださいね Oct 18


7月に咲いたコムラサキの花も紹介しておくね

覚えているかな・・・?

コムラサキの花 (1)
(コムラサキの花 7月撮影)

コムラサキの花 (2)
(コムラサキの花はこのようについています)


今 気が付いたんだけど・・・

コムラサキも前回と前々回に紹介した

デュランタやダンギクと同じクマツヅラ科
だよ・・・


何か共通点 感じられましたか・・・?



3つの花の色が揃いました 何階建てかな? -ダンギク-

 この花は紫色が多いんだけど

初めてピンク色の花に出会いました・・・

この花の名前 知っていますか・・・?

ダンギク  (4)
(この花は何階建てかな? 葉はキク科だね Oct 18)


ダンギク(段菊) クマツヅラ科 カリガネソウ属


ダンギクの花の色には 紫色 白色 ピンク色があって

よく見かけるのは 紫色の花ですね

ダンギク (6)
(紫色のダンギク 花が段々状に咲いてる 昨年10月)


白色のダンギクはこんな花でした

ダンギク (1)
(白色のダンギク  2年前の9月撮影)


そして 3年目に 

ようやくピンク色のダンギクに出会いました・・・

ダンギク  (3)
(上から見たダンギク Oct 18)

ダンギク  (1)
(2段目 3段目のダンギクの花です)

ダンギク  (2)
(ダンギクの小花が集まっています Oct 18)


昨年に撮ったダンギクの小花の写真を参考に載せるね

ダンギク (3)
(小花には長い雌しべと4本の雄しべがあるよ)


3年がかりで ようやく3色のダンギクの花が揃い

なんだかスッキリした気分です・・・!(^^)!

紫色や白色の小花が房になって咲いてる -デュランタ-

 枝垂れた枝先についた紫色の房の花は知っていたけど

白色の花には初めて出会いました・・・

この花の名前 知っていますか・・・?

デュランタ  (1)
(紫色した綺麗な小花が総状花序で咲いてる Oct 09)

デュランタ  (8)
(艶があってほんとに綺麗な花ですね Oct 12)


デュランタ  シソ科(クマツヅラ科) デュランタ属

別名 
タイワンレンギョウ(台湾連翹)


デュランタの花は紫色が多いようですが

白いデュランタにも出会ったのですよ・・・

デュランタ  (6)
(白色のデュランタの花 あまり集まってないね)


紫色のデュランタと同じように枝垂れていますが

このデュランタの白い小花は集まっていないね・・・

もうひとつ

白のデュランタには紫色のデュランタにはないトゲが

枝についているのですよ・・・

デュランタ  (5)
(白色のデュランタの花と茎にあるトゲ Oct 12)


デュランタのオレンジ色の実が少し成っていました

デュランタ  (3)
(デュランタの花と実 Oct 12)


デュランタの小花を観てみましょうね・・・

デュランタ  (9)
(デュランタの小花は先が5つに分かれた筒状花です)


最後に 紫色と白色のデュランタを1枚ずつ・・・

デュランタ  (7)
(紫色のデュランタ Oct 12)

デュランタ  (4)
(白色のデュランタ Oct 12)


艶やかなデュランタの紫色・・・大好きです!



名前の通りの花姿 種類が多いのね -トケイソウ-

 前に花の文化園で見たけど 道端にも咲いていました

この花の名前は・・・見た目でわかりますか・・・?

トケイソウ  (6)
(散歩道の立て看板に蔓を巻き付けて Oct 09)

トケイソウ  (2)
(何に見えるかな? 外側には10枚の花被片 Oct 09)


トケイソウ(時計草) トケイソウ科・属


時計草の花は 副冠を時計盤に 

5つの雄しべを時計の文字に

3つに分かれた雌しべを時計の針に見立てるそうです

トケイソウ  (3)
(茶色が3つに分かれた雌しべ 黄緑色が5本の雄しべ)


時計に見えますか・・・?

少し横から見てみましょう・・・

トケイソウ  (4)
(時計の文字と針が飛び出しているよ)

トケイソウ  (5)
(トケイソウの副花冠と5本の雄しべと雌しべ)


花の文化園で出会ったトケイソウも紹介しておくね

トケイソウ (2)
(花の文化園で出会ったトケイソウ 10月撮影)

トケイソウ
(ツルでぶら下がっているトケイソウ 花の文化園)

トケイソウ  (1)
(今回道端で出会ったトケイソウの咲き姿 Oct 09)


トケイソウには多くの種類があるんだって・・・

あなたの知っているトケイソウはどんなのですか・・・?


とても可愛い髪飾りにしたいような花 -ミゾソバ-

 山道にとっても可愛い花が咲いていました

ピンク色がかった白い小花が集まっています

何という名前だろう・・・?

ミゾソバ (6)
(花茎の先が分かれて花がついてます Oct 09)

ミゾソバ (7)
(長さ5㎜くらいの小花がたくさん集まっています)


ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 イヌタデ属


タデ科 イヌタデ属といえば・・・

今咲き始めている ヒメツルソバ(ポリゴナム)と同じ

仲間の花 ・・・こんな花でしたね・・・

ヒメツルソバ (3)
(同じ仲間のヒメツルソバ(ポリゴナム) 11月撮影)

ヒメツルソバ (4)
(ヒメツルソバの小花の集まり やっぱり似てるね)

ミゾソバ (4)
(こちらはミゾソバの花 可憐な花だね・・・Oct 09)

ミゾソバ (3)
(ミゾソバの小花も花弁の先が5裂しています)


ミゾソバとヒメツルソバ・・・そっくりだね!

ミゾソバ (5) 
(ミゾソバの花の付き方 Oct 09)

ミゾソバ (9)
(ミゾソバの葉はヒルガオの葉に似てるね)

ミゾソバ (8)
(ミゾソバの群生 Oct 09)


タデ科の花にもきれいな花がたくさんあるね・・・!



林道に山吹色した花一輪 -クサノオウ-

 林道を歩いていても 緑一色で

花になかなか出会いません・・・ 

そんなとき

鮮やかな山吹色した一輪の花に出会いました

この花の名前 何ていうのだろう・・・?

クサノオウ (6)
(葉は菊の葉に似ているかな? Oct 09)

クサノオウ (1)
(花は4弁花で中央の雌しべが目立つね Oct 09)


クサノオウ(瘡の王;草の王;草の黄) ケシ科

                   クサノオウ属



キク科の花ではなかったのですね・・・

クサノオウ (5)
(クサノオウの花のツボミの外側には細かな毛が)

クサノオウ (3)
(クサノオウの黄緑色の雌しべは太いね)


クサノオウは春から夏に咲く花なんですね・・・

でも10月になっても 1輪だけ花を残してくれたよ

クサノオウはケシ科で春に咲くヤマブキソウの仲間です

ヤマブキソウ(ケシ科 クサノオウ属)はこんな花です

ヤマブキソウ (1)
(ヤマブキソウの花と葉 5月撮影)

ヤマブキソウ (6)


(ヤマブキソウの雌しべとたくさんの雄しべ)

ヤマブキソウ
(ヤマブキソウの咲き姿 5月撮影)


クサノオウも全盛期にはヤマブキソウみたいに

たくさんの花を咲かせていたんでしょうね・・・

でも・・・

ケシ科のクサノオウは有毒だから注意してね!


10月に林縁に降りて咲く鳥の花 -ホトトギス-

 林の縁陰に今年もこの花が咲いていました

この花の名前 知っていますか・・・?

セトウチホトトギス  (3)
(紫斑がチャームポイント 面白い形の花だね Oct 07)

セトウチホトトギス  (6)
(大きな葉と二階建ての花が特徴的ですね Oct 07)


セトウチホトトギス(瀬戸内杜鵑草)

              
ユリ科 ホトトギス属


ホトトギス属の花には 多くの種類があって

  花柱や花糸の紫斑の有無

  花被片の反り返り有無

  葉茎の長さや分枝の仕方


などの違いで ひとつずつ名前がつけられています

セトウチホトトギスの特徴は

  花柱と花糸(雄しべ)に紫斑があり 

  花被片が反り返っていなくて

  花被片の基部が
黄色

セトウチホトトギス  (8)
(花柱と花糸に紫斑があり 花被片の基部が黄色い)

セトウチホトトギス  (5)
(セトウチホトトギスの6枚の花被片は反り返ってない)


他のホトトギスの仲間の花を紹介するね・・・

ホトトギス (2)
(ホトトギスの花 昨年10月)

シロホトトギス
(シロホトトギスの花 昨年10月)

タイワンホトトギス  (2)
(タイワンホトトギスの花です 昨年10月)


花の付き方にも特徴が現われます

セトウチホトトギスの花は横に伸びた葉腋に1~3個

花をつけるだけですが

ホトトギスシロホトトギスの花は

茎の先から元近くまで多段に花をつけます

セトウチホトトギス  (7)
(セトウチホトトギスの花の付き方 Oct 07)

ホトトギス (3)
(ホトトギスの花の付き方 多段に花がついてます)


タイワンホトトギスの花は 茎の頂部が分枝して

多くの花を並べます

タイワンホトトギス (2)
(タイワンホトトギスの花は茎の頂部に並んで咲く)


家の庭のタイワンホトトギスの花はまだツボミ

一斉に花が咲くのを楽しみにしています・・・!


全身が紫色 でも花は1日花 -ムラサキゴテン-

道端に紫色の花がいっぱい咲いています

この花の名前は知ってますね・・・!?

そう・・・ツユクサ(露草)ですね

ツユクサ (2)
(夏から秋にかけて花を咲かせるツユクサ Sep 29)

ツユクサ
(ツユクサの花はツユクサ科ツユクサ属です)


今日ご紹介するのは 全身が紫色に輝く植物です

名前を知っていますか・・・?

ムラサキゴテン  (3)
(葉の形はツユクサに似ています Sep 29)

ムラサキゴテン  (7)
(花びらは3枚で雄しべは6本 Sep 29)


ムラサキゴテン(紫御殿) ツユクサ科 

             ムラサキツユクサ属

別名(流通名) パープルハート



露草とは属が違うので 花の形は異なっていますね

でも 花のつき方や葉の形はツユクサによく似ています

ムラサキゴテン  (5)
(全身が色合いの異なる紫色のムラサキゴテン)

ムラサキゴテン  (1)
(不思議な輝きを放っているムラサキゴテンの花)

ムラサキゴテン  (8)
(ムラサキゴテンの雄しべの周りには細かな毛が)


ムラサキゴテンと同じ仲間(属)の花に

ムラサキツユクサ(紫露草)があります

ムラサキツユクサ
(ムラサキツユクサの花 葉茎は黄緑色 5月撮影)

よーく観ると・・・ 

ムラサキツユクサにも細い毛がいっぱいありました

ムラサキツユクサ (4)
(ムラサキツユクサの蕊の周りにも細かな毛が 5月)


ツユクサも ムラサキゴテンも ムラサキツユクサも

みんな1日花なんですね・・・



ヒガンバナの仲間は花の色が白桃黄色 -ゼフィランサス-

 お彼岸になると不思議に真っ赤なヒガンバナが咲くよね

ヒガンバナ
(畑のあぜ道に咲いた赤いヒガンバナの花 Sep 29)


散歩道に咲いている 

このヒガンバナの仲間の花の名前を知ってますか・・・?

ゼフィランサス (4)
(ヒガンバナの仲間なんですよ Sep 29)

ゼフィランサス
(背丈は20~30cm 長い茎に根際から生える細い葉も)


ゼフィランサス  ヒガンバナ科 タマスダレ属


この白い花は 別名 タマスダレ(玉簾)と呼ばれます

ゼフィランサスの花には 白いタマスダレの他に

別名がピンク色のサフランモドキと呼ばれるものと

黄色のキバナサフランモドキと呼ばれるものがあります

ゼフィランサス (7)
(ピンク色は別名サフランモドキと呼ばれます Sep 29)

ゼフィランサス (6)
(黄色はキバナサフランモドキとも呼ばれます 8月)


ゼフィランサスは8月~10月頃に花が咲きますが

花の命は1~3日ほどと短命なんです・・・

ゼフィランサスには濃いピンク色した品種もあります

多彩な色のゼフィランサスの花をご覧ください

ゼフィランサス (1) ゼフィランサス (9)
         (タマスダレ)    (キバナサフランモドキ)

ゼフィランサス (8) ゼフィランサス (3)
 (淡いピンク色と濃いピンク色のサフランモドキ)


ゼフィランサスの花は 

花弁とガクの区別が難しく 花被(かひ)と総称します

内側の小さな3枚の花被片が花弁で

外側の大きな3枚の花被片がガクに相当するんだよ



カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもう8年目です。
今はコロナ自粛で休止状態ですが、復帰後も応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR