観葉植物の花 葉と花のどちらがお好き? -コリウス-

まだまだ残暑が厳しいですね・・・

黄緑色した葉の中に 小さな紫色の花がたくさん・・・

何という名前だろう・・・?

コリウス (1)
(鮮やかな黄緑色の葉と薄紫色の花 Aug 27)


コリウス  シソ科 コリウス属

別名 ニシキジソ(錦紫蘇);キンランジソ(金襴紫蘇)


むむ・・・ これもコリウスだったの?

前に出会ったコリウスは カラーリーフの観葉植物

だったけど・・・


よく見ると 横にはお馴染みのコリウスもありました

コリウス (6)
(観葉植物のコリウスに花が咲いています Aug 27)


コリウスの花はこんなだよ・・・

マメ科の花にも似た感じがするんだけど・・・どう?

コリウス (2)
(コリウスの花 マメ科の花に似ていませんか?)

コリウス (7)
(コリウスの小花はシソ科によくある唇形です Aug 27)

コリウス (8)
(コリウスの小花には雄しべが4本 雌しべが1本あるよ)

コリウス (9)
(コリウスに花芽が伸びていました Aug 27)

コリウス (10)
(こちらのコリウスの花も もうじき咲くね Aug 27)


花屋さんでは 葉の方を大切にして

せっかく伸び始めた花穂も元から摘まれてしまう・・・

家のコリウスなら

花を大切にするか 葉を大切にするかは

あなた次第・・・!



スポンサーサイト

8月の道端でよく見かけるツル性の花3つ

最近 道端でよく見かける花で 

いずれもツル性なので 他の草木に紛れて

忍者のように あちらこちらと 顔を出します

名前を知ってますか・・・?

まずは この花から

藪がらし (5)
(いろいろな草木に紛れて顔を出す花です Aug 27)


ヤブガラシ(藪枯らし) ブドウ科 ヤブガラシ属


ヤブガラシは夏の初め頃から見かけられます

藪がらし (4)
(ヤブガラシの集散花序 July 16)


ヤブガラシは緑色の4弁花で雄しべが4本ありますが

花びらと雄しべは咲いてもすぐに(半日位で)落ちるので

なかなか見つけにくいよ・・・

こんな花です

藪がらし (1)
(ヤブガラシの花 咲き始めはオレンジ色 July 16)

藪がらし (2)
(ヤブガラシの花盤はオレンジ色からピンク色に変わる)


花びらと雄しべが落ちた後には 雌しべだけが残り

その姿が ローソク のよう・・・


藪がらし (3)
(右に見えるピンク色がヤブガラシの雌しべと花盤)

ヤブガラシ (2)
(花盤に残されたヤブガラシの雌しべ ローソクみたい)
 

次の花はこれです

ヘクソ葛 (3)
(この白い花もいろいろな草木に巻き付くよ Aug 27)


ヘクソカズラ(屁糞葛) アカネ科 ヘクソカズラ属


8月の初め頃から9月にかけてよく見かけます

ヘクソ葛 (1)
(ヘクソカズラの花は先が5つに分かれた筒状花)

ヘクソ葛 (2)
(ヘクソカズラはツル性だから他の植物に巻き付く)


ヘクソカズラの花には雌しべが2本と短い雄しべが5本

ありますが うまく撮れません・・・

ヘクソ葛 (4)
(ヘクソカズラの長い雌しべ2本が見える?Aug 27)

ヘクソ葛 (6)
(ヘクソカズラが他の草木に紛れている様子 Aug 27)


3つ目のツル性の花はこれです・・・

仙人草 (7)
(この白い花も いろいろな草木に紛れて顔を出すよ)

仙人草 (2)
(夏の緑に混じって咲かせる白い花が美しい Aug 27)


センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科 センニンソウ属


8月後半から9月前半にかけて見かける花です

パッと見ただけではツル性植物とは見えにくいですね

仙人草 (5)
(センニンソウのツルが伸びて花をつけています)


センニンソウはキンポウゲ科の花なので

花びらはなくて 白い4枚の萼片があります

仙人草 (4)
(センニンソウの花 花びらに見えるのはガク片です)


センニンソウの花には 真ん中に雌しべが集まっていて

その周りを多数の雄しべが取り巻いています

仙人草 (1)
(花の真ん中に立っているのが仙人草の雌しべの集まり)


今回紹介した忍者のように神出鬼没の花は

嫌われものかもしれませんが

それぞれが

緑一色になりがちな夏に彩りを添える貴重な夏の花

といった良い点もあるのではないでしょうか・・・?


カラフルなモップのような花 -ウモウゲイトウ-

前回紹介したノゲイトウとは 花の色や形 

それに 葉の形も違いますが 同じケイトウの仲間です

名前は何というんだろう・・・?

ウモウゲイトウ (1)
(柔かいモップの先のような花ですね Aug 21)


ウモウゲイトウ(羽毛鶏頭) ヒユ科 ケイトウ属

別名 フサケイトウ(房鶏頭)



ヒユ科・・・千日紅と同じ仲間の花なんだね


ウモウゲイトウの花が うまく撮れているでしょうか?

ウモウゲイトウ (2)
(赤いウモウゲイトウの花穂 Aug 21)

ウモウゲイトウ (4)
(ウモウゲイトウの小花は まだ開いていないね)


ノゲイトウと同じく 小花には5花被片あって

中には 雄しべが5本と雌しべが1本あります・・・

ノゲイトウ (4)
(ノゲイトウの小花は開いていましたね Aug 21)


違う色のウモウゲイトウもありました

ウモウゲイトウ (7)
(淡いピンク色のウモウゲイトウ Aug 21)

ウモウゲイトウ (6)
(薄い黄色のウモウゲイトウ Aug 21)

ウモウゲイトウ (8)
(ウモウゲイトウの小花たち まだ開いていないね)


ケイトウの花の写真を撮るのって 難しいね・・・!



【世界の国旗ひとくちメモ】:身近な国の国旗

今回は 普段よく見かける国旗だけど

じっくりと意味を考えたことのないものを紹介するね

中国中国 「五星紅旗」

大きな星は中国共産党 小さな4つの星は中国人民の代表

紅色は共産主義革命 の象徴

やっぱり中国共産党が国民よりも上にあるんだ・・・

韓国韓国 「太極旗(テグッキ)

中央の赤青の丸が宇宙を表す太極で 赤が陽 青が陰

四方の黒いマークは 4つの卦(ケ)で 

天(左上) 地(右下) 月(右上) 日(左下)

を意味し 中国古来の易学における宇宙観を表している

このデザインが生まれた19世紀終わり頃の時代は

韓国(李氏朝鮮)は中国(清)の属国として

位置づけられていたんです・・・


日本日本 「日章旗」(「日の丸」)

赤い丸は太陽の光明と円満な真心 白地は純潔と神聖

を表し 明治3年に国旗に制定されました


日の丸に似た こんな旗を見かけたことはないですか?

旭日旗日本の軍旗 「旭日旗」

日の丸から16本の光線がでています

明治3年から日本の軍旗として使われていました

太平洋戦争の傷跡を思い起こさせる悪いイメージを

与えているよね・・・


現在はもう使われていないと思っていましたが

今日でも自衛隊旗として旭日旗が使われています・・・

ただし 光線の数は8本になりました



ノッポのキャンドルのような花です -ノゲイトウ-

こんな豪華なキャンドルスタンドを

どこかで見たような気がします・・・

おもしろいな・・・ 何という名前だろう・・・?

ノゲイトウ (1)
(背の高いキャンドルが並んだようですね Aug 21)


ノゲイトウ(野鶏頭) ヒユ科 ケイトウ属

別名 セロシア



花序の先がピンク色なので 

キャンドルにに炎が灯っているようですね・・・

ノゲイトウ (2)
(ノゲイトウの穂状花序の先っぽです Aug 21)


ノゲイトウの花を観てみましょう・・・

穂状花序に小花がたくさんついているけど

ひとつの小花には5枚の花被片があって

雄しべが5本と雌しべが1本あるのが見えるかな?

ノゲイトウ (4) 
(雄しべが5本あるのがノゲイトウの小花だよ)

ノゲイトウ (6)(ノゲイトウの葉は披針形で互生)

ノゲイトウ (5)
(よくドライフラワーに使われるノゲイトウの花)


このようなキャンドルをどこかで見たことがないですか?



さて だいやんのブログも 今回で 600回目 🌻

2年と3か月の間


多くの方に出会い 励まされ・・・

そのお陰で 途中で投げ出すこともなく

ここまでやってくることができました・・・

みんなの暖かい応援に感謝しています!

ほんとに ありがとう・・・! (^_-)-☆


かのフェルメールが愛した青が美しい -ルリマツリ-

夏休みに入ってずっと咲いている青い花です

光の当たり具合で 色合いが変化しますね・・・

ルリマツリ (10)
(瑠璃色が光に映えて美しいね Aug 18)


ルリマツリ(瑠璃茉莉) イソマツ科 プルンバーゴ属


ルリマツリは 7月頃から9月頃まで咲いていますね

ルリマツリ (1)
(光の加減で シックな紫色にも見えるルリマツリ)


ルリマツリの花には 雄しべが5本と

先が5つに分かれた雌しべが1本ありますよ

ルリマツリ (11)
(ルリマツリの5本の雄しべが見えますか?)

ルリマツリ (6)
(雌しべが伸びて先が5つに分かれたルリマツリの花)

ルリマツリ (9)
(庭先から顔を出したルリマツリの花 Aug 18)


鉢植えされたルリマツリもありましたよ・・・

ルリマツリ (8)
(鉢植えされたルリマツリ  昨年 Sept 19)

ルリマツリ (12)
(ルリマツリの葉は へら状で互生します)


瑠璃色は オランダの巨匠 フェルメールが愛した色で

とても高価なラピスラズリという鉱石を原料としています



【世界の国旗ひとくちメモ】:よく似た国旗を区別しよう

リオ・オリンピックもいよいよ大詰め・・・

東京大会を控えた日本は よく頑張ったよ

なかでも

陸上男子400mリレーの銀メダルは嬉しいビックリポン!


さて

今回は オリンピックの表彰式でよく見た国旗で

とてもよく似たものを並べてみました・・・

なかなか区別がつかないけど 頑張ってみようね!


まずは 青 白 赤 の三色旗 から・・・

フランス フランス

青は自由 白は平等 赤は博愛

オランダ オランダ

赤は勇気 白は信仰心 青は祖国への忠誠

ロシア ロシア

白は高貴と率直の白ロシア人(ベラルーシ人)

青は名誉と純潔性の小ロシア人(ウクライナ人)

赤は愛と勇気の大ロシア人(民族ロシア人)

を表しているそうです(Wikipediaより)


次は 緑と白と赤の三色旗 です・・・

イタリア イタリア

緑は国土 白は雪 赤は愛国 

またはフランス国旗にならって

緑は自由 白は平等 赤は友愛 とも言われています

ハンガリー  ハンガリー

赤は血(尊い犠牲) 白は純潔(平和) 緑は希望


ブルガリア ブルガリア

白は平和と友好 緑は農業と森林 赤は勇気と忍耐


どうですか・・・?

ほんと よく似ているよね!



だいやんのブログ 次回が 600回目 になります

今まで紹介したお花たちの索引を更新しました

またご覧くださいね! (*^-^*)


夏中咲き続けるオレンジ色の元気な花 -ノウゼンカズラ-

とっても息の長い花で 

夏になるとあちらこちらで見られますね

ノウゼンカズラ (4)
(オレンジ色の花がたくさん咲いています Aug 16)


ノウゼンカズラ(凌霄花) ノウゼンカズラ科・属


ノウゼンカズラは夏の間中 ずっと花を咲かせ続けます

ツル性の木なので 壁などに沿わせて育てると

美しいですね・・・

ノウゼンカズラ (1)
(このように壁に沿わせると美しく枝垂れて咲きます)

ノウゼンカズラ (3)
(道端に植えられている場合はだらしなく見えてしまう)

ノウゼンカズラ (7)
(ノウゼンカズラの花の後ろ姿 ガクは緑色 July 01)


ノウゼンカズラの花には香りがなくて

花も2~3日で落ちてしまうそうです・・・

ノウゼンカズラ (2)
(花が落ちた凌霄花 ガクは黄色 昨年 Sep 05)

ノウゼンカズラ (5)
(ノウゼンカズラの花冠は5つに裂けています Aug 16)


ノウゼンカズラの花には 雌しべが1本と雄しべが4本

あって 雄しべの2本は長くて2本は短いよ

雌しべの花柱と雄しべの葯の先は2つに分かれています

ノウゼンカズラ (6)
(真ん中にあるのが雌しべの花柱で先が2つに開いてる)

ノウゼンカズラ (8)
(ノウゼンカズラの葉は奇数羽状複葉ですね)


ノウゼンカズラの仲間に 花が細長くてトランペットの

ような形をした花があります

6月にその花に出会っていました・・・

アメリカノウゼンカズラ
(アメリカノウゼンカズラの細長い花 June30)


アメリカノウゼンカズラ ノウゼンカズラ科・属


凌霄花の意味は「空を凌ぐ(しのぐ)花」ということで

空を凌ぐほど高くよじ登って咲く花・・・

だから壁に沿わせた方が似合う花なんでしょうね!



【世界の国旗ひとくちメモ】:月と星はイスラムの象徴

世界の国旗には いろいろなシンボルがあるよね

「月と星」を共通にしている国旗がたくさんあります

その共通点ってなんだろう・・・?


トルコ パキスタン マレーシア ブルネイ
 トルコ   パキスタン   マレーシア   ブルネイ

ウズベキスタン チュニジア アルジェリア シンガポール
 ウズベキスタン    チュニジア     アルジェリア    シンガポール


月と星は イスラムのシンボル
と言われています

だから 多くのイスラム教を国教とする国の旗には

この月と星が描かれています


現在のシンガポールはイスラム教はマイナーなんですが

先住民がイスラム教を信仰していたということで

国旗に月と星がついたようです・・・


イスラム教の国は 主に

北アフリカ 中東 中央アジア 南アジア 東南アジア

に存在していますが

何故か 中東地域のイスラム教国家の国旗には

月と星は見当たりません・・・


サウジアラビア クウェート シリア イラク
 サウジアラビア   クウェート   シリア   イラク


どうしてなんだろう・・・?


中東の国の中で 例外が1つあって イランの国旗には 

目立たないけど三日月が入っています・・・

イラン中央にあるのが剣と4つの三日月
   イラン


イランの国旗には

1本の剣と4つの三日月が入っているのですよ

分かったかな・・・?



白い蝶が乱れ飛んでいます -ガウラ(白蝶草)-

しなやかで細長い枝が歩道にまで伸びて

白やピンクの花が乱れています・・・

ガウラ (4)
(細長い枝が伸びて咲いた花も乱れています Aug 14)

ガウラ (6)
(白い蝶が乱れ飛んでいるようです Aug 14)


ハクチョウソウ(白蝶草) アカバナ科 ガウラ属

別名 
ガウラ;ヤマモモソウ(山桃草)


ガウラにはピンク色の花もあって 

別名のヤマモモソウが似合うようですね

ガウラ (5)
(ヤマモモソウの別名もあるピンク色のガウラ)


初めて見たガウラは まさに白蝶草の名前の通りでした

お家の方が すぐに乱れるガウラの細い枝を

きちんと束ねてくれていたからでしょうね・・・

ガウラ (1)
(きちんと枝が束ねられていたガウラ 1昨年9月)


白い花を逆さにすると白い蝶のようでした・・・

ガウラ (2)
(180度回転したガウラの白い花は白い蝶そっくりだね)


ガウラには 雌しべが1本 雄しべが8本あります

ヤマモモソウと呼ばれるピンク色のガウラの花と

ツートンカラーのガウラの花も紹介しておくね

可愛いでしょ・・・! (^_-)-☆

ガウラ (3)
(山桃草とも呼ばれるガウラの花 1昨年10月)

ガウラ (7)
(ツートンカラーのガウラの花 1昨年10月)


【北欧ひとくちメモ】:北欧諸国の国旗が似ている理由

6月に10回に分けてブログで北欧のことを紹介したけど

リオ・オリンピックで いろいろな国旗を見ていたら

北欧諸国の国旗がとてもよく似ている・・・

のが気になってしまいました

デンマークデンマーク :十字はキリスト教への信仰

              赤は祖国愛
スウェーデンスウェーデン:黄は黄金に輝く太陽

              青は大空と湖
ノルウェーノルウェー :赤白青の三色旗は
              
              仏英米の国旗と同じく自由の象徴
フィンランドフィンランド:青は湖沼 

              白は雪
アイスランドアイスランド:赤は火山と祖国愛 

              青は海 白は雪


歴史的にデンマークが北欧5か国の宗主国的な存在

13世紀に北方十字軍遠征の際 敵味方を区別するために

掲げられたのがデンマークの国旗で世界最古の旗


だともいわれています・・・

5つの国旗に共通する印は「スカンジナビア十字」と呼ばれ

キリスト教への信仰の象徴なんですね・・・


デンマーク・・・1月にデンマーク留学生のことを紹介

したけど とっても大きな国だったんだね! 



夏の鉢植えの元気な花 -ニューギニア・インパチェンス-

よく見かける花ですが 葉っぱが大きいんです

何という名前だろう・・・?

ニューギニアインパチェンス (1)
(葉っぱがシャクナゲみたいに大きいね Aug 11)


ニューギニア・インパチェンス ツリフネソウ科・属


前に紹介したインパチェンスを改良した園芸種なんです

インパチェンスより株が大きくて 花も大きい


次の写真もニューギニア・インパチェンスだそうです

ニューギニアインパチェンス (3)
(鉢植えのニューギニア・インパチェンス Aug 10)

ニューギニアインパチェンス (5)
(こちらは葉っぱがそれほど大きくないね)


ツリフネソウ科の花は 雄性期と雌性期があって

ある時期になると 雄しべがポロリと落ちて

雌しべが顔を出します

ニューギニアインパチェンス
(ニューギニア・インパチェンスの雄しべ)

ニューギニアインパチェンス (4)
(ニューギニア。インパチェンスの雌しべと雄しべ)


インパチェンスの仲間の花には花びらが何枚あるかな?

見ただけでは分かりにくいんだけれど

一応 5枚あります・・・

そのうち4枚は2枚ずつ根っこで わずかに合着している

ので3弁花といわれることもあります・・・

ニューギニアインパチェンス (7)
(インパチェンスの仲間の花には花弁は5枚あります)


はっきり言って

インパチェンスとニューギニア・インパチェンスの違い

は分かりにくいと思います・・・

一般的には

花壇にはインパチェンス

鉢植えにはニューギニア・インパチェンス


がよく植えられるそうです・・・
 

この花は樹木なの草なの? -クサギ-

林の外れの空地に雄しべの長い白い花が咲いていました

以前に見たような花・・・?

何という名前だったろう・・・?

クサギ (7)
(大きな葉と白い花の集散花序 Aug 08)

クサギ (5)
(ひとつの集散花序はこんな姿です Aug 08)


クサギ(臭木) シソ科 クサギ属


昨年の9月に「樹木」としてクサギを紹介しました

でも 背も高くはないし 草本だと思いました・・・

こんな形で生えていたのですよ・・・

クサギ (2)
(他の草に混じって顔をのぞかせているクサギ)


大きな葉はしそ科の特徴でしょうか・・・

クサギ (3)
(クサギの小花 4本の雄しべと1本の雌しべが見える)

クサギ (4)
(子花のツボミは薄いピンク色をしていました Aug 08)


調べてみると やはり樹木ということでした・・・

でも・・・草にしか見えないよ! "(-""-)"



【世界史ひとくちメモ】:その後のモンゴロイドの拡散

6月のブログ

最初の人間はアフリカで誕生し その後 アフリカを出て

西に棲みついたのがコーカソイド(白色人種)

東に移動したのがモンゴロイド(黄色人種)と紹介したね


今日は 東に移動したモンゴロイドが その後

現在の国や地域に いつ頃 どのようにして移住したのか


ということを紹介しますね


① オーストラリア大陸には 5~6万年前に カヌーで

② 当時は大陸と陸続きだった日本には 約3万年前に 

③ 南北アメリカには 18,000~15,000年前

  これも当時はベーリング海峡が陸峡ということで

  歩いて渡れたそうです

④ ポリネシアのハワイには 最も新しく約1,500年前に

  もちろん船(双胴船やアウトリガーカヌー)で

移動したといわれています


現在のオーストラリアや南北アメリカは白人中心ですが

彼らは大航海時代に移住したものなので最近の出来事です


オーストラリアも南北アメリカも日本もハワイも

先住民は みんな・・・

アジア人と同じモンゴロイド(黄色人種)なんです!


美しい髪の毛という名前だって -パイナップルリリー-

花かな? それとも葉かな?

葉っぱのように見える白い花が付いていました

何という名前だろう・・・?

パイナップルリリー (6)
(小さな白い花がいっぱいついています Aug 03)


パイナップルリリー  キジカクシ科(ユリ科)

           ユーコミス属

別名 
ユーコミス


立ち姿をみると・・・

なるほど パイナップルのように見えるね・・・

パイナップルリリー (1)
(てっぺんにあるのがパイナップルリリーの苞葉です)


パイナップルリリーの小花を観察してみようね・・・

花びらと雄しべが6つずつあって 雌しべは1つ

見えませんか?

パイナップルリリー (3)
(パイナップルリリーの小花の雄しべと雌しべが見える)

パイナップルリリー (4)
(パイナップルリリーの苞葉とたくさんの小花)


別名(属名)のユーコミスは

ギリシア語で「美しい髪の毛」という意味なんだって!

美しい髪の毛・・・って苞葉のことかな?

どう思いますか?


朝顔に似た花で大きさがいろいろ -ペチュニアの仲間-

アサガオに似た花の形・・・

でも ずいぶんと小さい花が咲いています

何という名前だろう・・・?

カリブラコア (4)
(白くて小さな花で小さなペチュニアみたい Aug 02)


カリブラコア  ナス科 カリブラコア属


ペチュニアの近縁種なんです・・・

カリブラコア (2)
(カリブラコアの咲き姿)

カリブラコア
(黄色い葯をつけたカリブラコアの花の雄しべ)

カリブラコア (5)
(色とりどりのカリブラコア Aug 02)

カリブラコア (7)
(カリブラコアの赤と黄色の花 Aug 02)


カリブラコアの花には ペチュニアと同じく

1本の雌しべと5本の雄しべがあるようです


カリブラコアより一回り大きいペチュニアも

今 花盛りですね・・・

ペチュニア (5)
(ペチュニアの花はカリブラコアよりひと回り大きいよ)


ペチュニア  ナス科 ペチュニア属

和名 ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)



ペチュニア (3)
(ペチュニアの雌しべと雄しべ 色は花弁と同じかな)


ペチュニアには八重咲きの品種もあります

ペチュニア(八重咲き) (2)
(八重咲きペチュニアの花です June 20)


ペチュニアをひと回り大きくした園芸種がこの花です

サフィニア (1)
(ペチュニアよりもひとまわり花が大き目 Aug 04)


サフィニア  ナス科 ツクバネアサガオ属


サフィニアはサントリーが創り出した商品で

サーフィンしている(匍匐性の強い)ペチュニア

ということで名付けられたそうです

サフィニア2 (2)
(サフィニアには匍匐性があるよ Aug 04)

サフィニア (2)
(ペチュニアの改良種 サフィニア June 20)

サフィニア2 (1)
(サフィニアの雄しべの葯の色も花弁の色と同じでした)


カリブラコアは花が小さいので分かりやすいですが

ペチュニアとサフィニアは パッと見ただけでは

区別は難しいかもしれません・・・

匍匐性があって だらりと垂れ下がっていれば

サフィニアの方かもしれませんね・・・



華麗な花の中に質素な白い花が -ブーゲンビレア-

綺麗なピンク色の花の中を覗いたら

そこに白い小さな花がありました・・・

面白いな・・・ 何という名前だろう・・・?

ブーゲンビレア (8)
(濃いピンク色の花の中に白い花があるよ Aug 01)


ブーゲンビレア  オシロイバナ科 ブーゲンビレア属

和名 イカダカズラ(筏葛)



花びらのように見えるのはです・・・

ブーゲンビレア (7)
(ブーゲンビレアの花です Aug 01)

ブーゲンビレア (6)
(ブーゲンビレアの花を少し横から見てみました)


この品種は ブーゲンビレア・スペクタビリスです

ブーゲンビレア (2)
(ブーゲンビレアの咲き姿 Aug 01)


ブーゲンビレアの苞の色は多彩です

ブーゲンビレア (4)
(薄いピンク色したブーゲンビレア)

ブーゲンビレア (3)
(真っ白い色したブーゲンビレア)


ブーゲンビレア・・・って

カラフルな苞葉ばかりを楽しんで

あまり真ん中にある小さな白い花のことには

気が付かなかったね・・・


葉の縁に口紅を塗ったような色が -モミジバゼラニウム-

家のモミジバゼラニウムの葉の縁に

まるで口紅を塗ったような色がついています

珍しい色ではないですか・・・?

モミジバゼラニウム (3)
(ピンクの口紅を塗ったように色付いています Aug 01)


モミジバゼラニウム  フウロソウ科 ベラゴニウム属


ゼラニウムの園芸品種で モミジのような葉が特徴です

モミジバゼラニウム (5)
(モミジバゼラニウムの葉のあちらこちらがピンク色)

モミジバゼラニウム (4)
(今は一輪だけ花をつけているモミジバゼラニウム)

モミジバゼラニウム (2)
(6月にはたくさん花を咲かせていました June 21)

モミジバゼラニウム (1)
(初めて出会った頃のモミジバゼラニウム 一昨年9月)


葉がこのように口紅を塗ったような色になるの・・・

珍しくはないですか・・・?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【世界史ひとくちメモ】:世界の真ん中はどこでしょう?


世界を「西洋」とか「東洋」などと分けて呼びますね

それでは

世界の真ん中(「中洋」と呼ぶね)はどこだろう・・・?

最近ずっと考えていました・・・ 


歴史的にみて

「西洋」は西ヨーロッパでキリスト教の地域

「東洋」は中国や日本など仏教の地域

これらは 大体定説になっていると思います 


「中洋」はトルコを中心としたイスラム教の地域・・・

これは あくまでも だいやんの考えです


13世紀後半に 

元(大元ウルス)が中国と中央ユーラシアを統一して


世界から戦争がなくなり 平和が訪れ

東洋と西洋の間の交易が盛んにおこなわれました


100年が経過して元が滅び

中洋にオスマントルコがイスラム帝国をつくってからは

その東西の交易が途絶えてしまった・・・


その結果 西洋のキリスト教国家は

交易を西方面(大西洋)に向けることとなって

15世紀に いわゆる「大航海時代」が始まった・・・


このように 歴史を変えるほどの影響を与えたのは

トルコを中心とするイスラム教国家であった・・・


だから

世界の真ん中は「トルコ」

というのは言い過ぎでしょうか・・・?

皆さんは どう考えますか?


カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもうすぐ3年。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR