2年越しでこのアート植物の花に出会えました!           -エケベリア-

2年前に初めて出会った 

人工の造形品としか見えなかった・・・この植物

エケベリア (1)
(アート作品のようなバラ状の葉  1昨年11月撮影)


その花にとうとう出会いました・・・!

エケベリア (3)
(2年越しに出会ったエケベリアの花  Apr 25)


エケベリア  ベンケイソウ科 エケベリア属


花を見れば 他のベンケイソウ科の花にそっくり・・・!

ベンケイソウ科の花の共通点は次の4つでしたね・・・

 ・葉が多肉質

 ・花が星形

 ・雌しべがふっくらした柱状で5つが中央に集まる

 ・雄しべが長い


では・・・エケベリアの花を詳しく見てみましょう・・・

エケベリア (6)
(エケベリアの花序 まだツボミも多いね Apr 25)

エケベリア (5)
(エケベリアの花は星形で太い雌しべが5本あるね)


やっぱり エケベリアはベンケイソウ科の花の特徴を

持ってるね・・・!

エケベリア (2)
(エケベリアの花の咲き姿  Apr 25)

エケベリア (4)
(茎を見るとアートではなくて植物だね・・・Apr 25)


今回は偶然にエケベリアの花に出会えました・・・

嬉しいね! (^_-)-☆


スポンサーサイト

名前や香りに騙されないでね! 有毒なんです                 -カロライナジャスミン-

黄色いお花のトンネルがありました

鮮やかな黄色ですが 何という名前だろう・・・?

カロライナジャスミン (4)
(黄色いお花のトンネルからほのかな芳香が… Apr 20)

カロライナジャスミン (7)
(少し近くによれば黄色が更に鮮やかです Apr 20)


カロライナジャスミン  ゲルセミウム科・属

別名 ゲルセミウム



北アメリカに自生するジャスミンのような香りをもった

花なので カロライナジャスミン と名付けられました

ジャスミンは モクセイ科 ソケイ属 

なのでカロライナジャスミンとは全く違う種です

カロライナジャスミン (6)
(ラッパ型の花がツルについて咲きます Apr 20)

カロライナジャスミン (3)
(正面から見たカロライナジャスミンの花 Apr 20)


カロライナジャスミンには 先が4つに分かれた雌しべ

と5本の雄しべがあります

雄しべが見えるかなぁ・・・?

カロライナジャスミン (2)
(カロライナジャスミンの雌しべと雄しべ)


カロライナジャスミンは たくさんの花がつくので

観賞用としてよく使われています

カロライナジャスミン (5)
(カロライナジャスミンの花がいっぱい咲いています)

カロライナジャスミン (1)
(カロライナジャスミンの葉は革質で対生します)


ジャスミンのような芳香とジャスミンの名前がついて

いるので・・・

ジャスミンと間違ってハーブティーにして飲んで・・・

中毒を起こした事例
があるそうです

観賞用に植えられているカロライナジャスミンが

花も葉も・・・どこもかしこも・・・有毒・・・

ということが あまり知られていないそうです

怖いね・・・! ( ゚Д゚)



花の中に花があるよ・・・?!                  -スイセンアヤメ(スパラキシス)-

赤色の花冠の中に黄色い花があるよ・・・

えっ・・・?!  どうなってるの・・・?

スイセンアヤメ (1)
(赤色の花の中に黄色い花が咲いているよ?  Apr 20)

スイセンアヤメ (4)
(外側の花弁は6枚あります 内側はどう? Apr 20)


スパラキシス  アヤメ科 スイセンアヤメ属

和名 
スイセンアヤメ(水仙文目)


和名 水仙文目 の方がイメージがよく分かるね!

花をよく見ると 真ん中の黄色は・・・

・・・模様 
でした・・・

スイセンアヤメ (5)
(スイセンアヤメの黄色は花に見える模様でしたね)


スイセンアヤメは 茎の先に3~6個の花をつけます

葉は細長くて アヤメ科の特徴が表れています

スイセンアヤメ (6)
(スイセンアヤメの立ち姿  Apr 20)

スイセンアヤメ (3)
(スイセンアヤメがこのように咲いています Apr 20)
 

別の所で 白色のスイセンアヤメを見つけました

スイセンアヤメ (7)
(白色のスイセンアヤメの花冠  Apr 24)

スイセンアヤメ (8)
(スイセンアヤメの花の付き方  Apr 24)


赤いスイセンアヤメを初めて見たときは

ほんとに花の中に花が咲いていると思いました・・・

ビックリポンでした! ( ゚Д゚)



マーガレットって樹木だったっけ?                         -マーガレット-

このブログでも何度かマーガレットを紹介したけど

今回は 木に咲いたマーガレット・・・?

マーガレット (1)
(花も葉もマーガレットのようですが・・・ Apr 20)

マーガレット (4)
(反対側から見るとマーガレットの木のよう Apr 20)


マーガレット  キク科・属

和名 
モクシュンギク(木春菊) 


マーガレットは 和名を木春菊といって 

茎が木質化する性質があるのです・・・

どう見ても 茎の下側は木のようになっていますね

マーガレット (3)
(木質化したマーガレットの茎  Apr 20)

マーガレット (6)
(マーガレットの木質化の様子が見えます Apr 20)


花や葉は普通のマーガレットのままですよ・・・

マーガレット (2)
(マーガレットの花  花びらの数は奇数だそうです)

マーガレット (7)
(マーガレットの葉は春菊に似て深い切れ込みがあるよ)


野に咲くマーガレットは 普通 白色の一重咲きです

マーガレット(白) (1)
(マーガレットの原点は 白の一重咲きです)

マーガレット0506
(色とりどりのマーガレット  昨年5月撮影)


マーガレットは多年草ですが

何年も越冬するうちに このように茎が木質化して

低木のように変化するようです・・・

知らなかったなぁ・・・! ( ;∀;)



雌しべがクルリン 頬紅が可愛いね                   -ホオベニエニシダ-

「金雀枝」って書いて 何と読みますか・・・?

小鳥のカナリアは「金糸雀」だったけど・・・

ホオベニエニシダ (7)
(黄色に紅色が混ざっています Apr 20)

ホオベニエニシダ (2)
(花はマメ亜科特有の蝶形花ですね  Apr 20)


ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝) マメ科 エニシダ属



初夏に咲く黄色い花「エニシダ」の園芸種です

エニシダは真っ黄色ですが こちらは 翼弁が紅色で

可愛らしく「頬紅(ほおべに)」と表現
したんですね


エニシダは雌しべがとっても長くて 

クルリと上を向いて先端は花弁の中に隠れています

ホオベニエニシダ (4)
(ホオベニエニシダの雄しべと雌しべ Apr 20)

ホオベニエニシダ (6)
(橙色の葯があるのが雄しべ クルリとしたのが雌しべ)

ホオベニエニシダ (5)
(ホオベニエニシダのツボミも見えますね Apr 20)

ホオベニエニシダ (1)
(ホオベニエニシダは高さ2mほどの木です Apr 20)


ところで エニシダには面白い由来があります・・・

魔女が使う箒がエニシダの枝でできている・・・そうです

えっ・・・!? ( ゚Д゚)


ハナミズキの花が咲いたのを見たことがありますか?                         -ハナミズキ(花水木)-

この花・・・何の花か分かりますか?

IMG_4357.jpg
(雄しべが4本 雌しべが1本の4弁花です Apr 22)


春の並木として

まずは ハクモクレンコブシの花が咲き

次いで ソメイヨシノで代表されるサクラの花が咲いて

桜の後の今の時期は ハナミズキ でしょうか・・・

ハナミズキ (7)
(青空の下 白のハナミズキが綺麗だね Apr 19)

ハナミズキ (4)
(こちらはピンク色のベニバナハナミズキ Apr 19)


白色が   ハナミズキ(花水木) 

ピンク色が ベニバナハナミズキ(紅花花水木)

どちらも  ミズキ科・属


ハナミズキ (5)
(白とピンクの花をいっぱい咲かせたハナミズキ)


ところで・・・

ハナミズキの花を見たことがありますか・・・?

普通に見るハナミズキの花は こんなの・・・

ハナミズキ (6)
(白い花を咲かせた ハナミズキ Apr 19)

ハナミズキ (1)
(ピンク色の花をつけたベニバナハナミズキ Apr 20)


ハナミズキの4枚の花弁みたいのは総苞

中央に集まった緑色っぽいのがハナミズキの花序です


ようやく ハナミズキの花が開きました

うまくお見せできるでしょうか・・・?

ハナミズキ (2)
(ベニバナハナミズキの花が開きました Apr 20)

ハナミズキ (3)
(ハナミズキの花は緑色の4弁花です Apr 20)

ハナミズキの花
(ハナミズキの小花が開いて集まっています Apr 20)


ハナミズキの花は とても地味な緑色の4弁花

4本の雄しべと1本の雌しべも見えますね・・・!


ついに ハナミズキの花が咲いたのを

カメラに撮ることができたよ・・・!

やったね・・・! (^_-)-☆




和泉リサイクル環境公園に行ってきました                    -チューリップ-

大阪府和泉市にあるリサイクル環境公園を

初めて訪れました

産業廃棄物などの埋め立て地であったものを

30年ほど前に公園として再生したものです

季節ごとに花壇が整備され 

4月はチューリップ畑が見頃です

チューリップ (1)
(リサイクル環境公園のチューリップ Apr 20)


このリサイクル公園では 肥料も食材の余り物が

使われているんですよ・・・

チューリップ (4)
(色とりどりのチューリップが並んでとても綺麗です)


チューリップ  ユリ科 チューリップ属

和名 
鬱金香(うっこんこう)


こんな色のチューリップが咲いていました

チューリップ (2)
(黒いチューリップ 珍しくないですか? Apr 20)


チューリップの雌しべと雄しべを見て

ふと考えてしましました・・・

チューリップは球根が分かれて増えていくのに

雌しべが受粉してどうなるの・・・?


チューリップ (3)
(チューリップの雌しべと雄しべ Apr 20)


チューリップも受粉すれば種ができて

種が風などに運ばれて 新たなチューリップが生まれる

ことになるそうです・・・ でも

種ができるまで放っておくと

チューリップの球根に養分が十分に届かないので

分球が貧弱になって 翌年によい花が咲かなくなる・・・

だから早いうちにちょん切ってしまうんだね・・・



いい香りです フランス語でリラっていうのですね               -ライラック-

庭のライラックが とても良い香りを放っています

今が花盛り・・・

ライラック (4)
(よい香りをいっぱい出しているライラック Apr 20)


ライラック(仏語でリラ) モクセイ科 ハシドイ属

和名 紫丁香花(ムラサキハシドイ)



ムラサキハシドイ:紫色の花が枝の端に集(つど)う 

様子から和名がつけられたそうです

ライラック (8)
(ライラックの花が開き始めた頃です Apr 10)

ライラック (11)
(満開のライラック 青空の下で綺麗だね Apr 20)


ライラックの花は 花冠が4つに裂けていて

雄しべが2本と 先が2つに分かれた雌しべがあります

ライラック (1)
(ライラックの小花は4弁花のようですが筒状花です)

ライラック (12)
(ライラックの葉 結構大きいよ  Apr 20)


この前 京都に行ったときに白のライラックの花と

園芸種のライラックに出会ったので 紹介するね・・・

ライラック (5)
(白色の花をつけたライラックの木  Apr 05)

ライラック (7)
(白いライラックの花が見えますね  Apr 05)


白色のライラックの花の形は 

最初のピンク色のものと同じですが

下の園芸種は 小花の先がクルリンと巻いています

ライラック・ディクラレーション (4)
(園芸品種のライラック・ディクラレーション Apr 05)

ライラック・ディクラレーション (2)
(ライラック・ディクラレーションの小花 Apr 05)


ライラックは 甘くてとっても良い香りがします・・・

あの芳香で名高いキンモクセイジャスミンと同じ

モクセイ科なんですね・・・


昔からの雑草でも白い花とボールが可愛いね              -ヤエムグラ(八重葎)-

八重葎(やへむぐら) しげれる宿の さびしきに

     人こそ見えね 秋は来にけり


こんな百人一首を思い出しました・・・

名前は知っていましたが じっくり観るのは初めて

どんな花でしょう・・・?

ヤエムグラ (8)
(道端に生えている まさに雑草といった感じです)

ヤエムグラ (2)
(花序はこんな感じです Apr 18)


ヤエムグラ(八重葎)  アカネ科 ヤエムグラ属


「八重」は葉が八重のように輪生している様子を表し

「葎」は雑草のこと・・・



ヤエムグラの葉が8枚程度輪生しているのが特徴です

ヤエムグラ (4)
(ヤエムグラの特徴的な葉 9枚ありました Apr 18)


ヤエムグラの茎や葉には細かいトゲがたくさんあります

ヤエムグラ (1)
(ヤエムグラの葉の横顔 トゲがたくさんあります)


次は花を見てみましょう・・・

花の下に2つずつ丸い玉があり 

これが子房で 大きくなって実になります

ヤエムグラ (9)
(花の下に2つの丸い玉が見えますか? Apr 18)

ヤエムグラ (5)
(ヤエムグラの花冠は4つに裂けて4弁花みたいです)

ヤエムグラ (6)
(花が落ちた後に残ったヤエムグラの子房 Apr 18)


もう少し ヤエムグラの花をご覧くださいね・・・

ヤエムグラ (3)
(ヤエムグラの花と子房の様子 Apr 18)

ヤエムグラ (7)
(花が落ちかけたヤエムグラの子房も見えますね)


ヤエムグラ・・・

道端や荒地に群生しているので

つい見過ごしてしまいそうですが

このように じっくりと観察すると

また違った美しさが伝わってくるね・・・! (*^-^*)

シャガの雄しべと雌しべはどれでしょう?                -シャガ-

4月と5月はアヤメ科の花の季節です・・・

この花はアヤメやアイリスを小型にしたような花です

シャガ (2)
(小さなアイリスといった花ですね Apr 18)


シャガ(著莪;射干)  アヤメ科 アヤメ属

別名 コチョウカ(胡蝶花)



アヤメやアイリスも同じ属の花なので

花の構造はよく似ています

少し見てみましょう・・・

シャガ (7)
(シャガの花の構造 Apr 18)


シャガの花には 花びらにみえるものが6枚あって

外側の3枚(外花被)には紫色と橙色の模様があります

内側の3枚(内花被)には模様がなくて先が浅く分かれて

います

白色で先がフリルのようになっているのが雌しべで


3本あるように見えていますが 実は1本で

深く3つに裂けてているのです・・・


それぞれの様子を拡大して見てみましょう・・・

シャガ (5)
(紫色と橙色の斑模様が入ったシャガの外花被片)

シャガ (6)
(模様が無くて先が2つに浅く裂けている内花被片)

シャガ (3)
(3つに分かれたシャガの雌しべの1つ Apr 18)

シャガ3 (2)
(シャガの雌しべ 3本あるように見えます Apr 18)


シャガには雄しべが3本あるのですが

3つに分かれた雌しべに内側にくっついていて

外からは見えません・・・

雌しべを持ち上げて 内側を覗いてみましょう・・・

シャガ3 (3)
(雌しべの内側にあった雄しべ 白っぽい葯が見えるね)


シャガ (4)
(シャガの立ち姿 Apr 15)


シャガは1日花ですが 花茎にはツボミが多くて

次から次へと新たな花が咲くので 

1日花とは見えませんね・・・

シャガ (8)
(シャガの咲き姿と葉 Apr 15)


シャガの花には もうひとつ特徴があります

外花被にある橙色の模様の先が トサカのように

尖がって
いるんですよ・・・!

シャガ (1)
(トサカのようにとがったシャガの外花被の模様)

IMG_3635.jpg
(シャガの外花被の橙色の突起です Apr 15)


このトサカのような突起は 

シャガのチャームポイントだね・・・!


カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR