除夜の鐘にちなんで  -鐘形花(しょうけいか)-

いよいよ2015年も今日が大晦日です

この1年はどんな年でしたですか・・・?

大晦日といえば除夜の鐘ですね

鐘の形をした花「鐘形花(しょうけいか)」を集めました

(写真をクリックすると大きくなるよ)


カンパニュラ  キキョウ科 カンパニュラ属

カンパニュラ (2) カンパニュラ (1)
(別名がベルフラワーと呼ばれるカンパニュラ 5月)


カンパニュラは「小さな鐘」という意味で

リストの名曲「ラ・カンパネラ」の鐘を思い起こします



ホタルブクロ  キキョウ科 カンパニュラ属

ホタルブクロ (5) ホタルブクロ (12)
(カンパニュラと同属の花のホタルブクロ 6月)


カンパニュラと同じ仲間ですが 花は釣鐘のように

下向きに咲きますね



スノーフレーク  ヒガンバナ科 スノーフレーク属

スノーフレーク (1) スノーフレーク (2)
(別名がスズランスイセンというスノーフレーク 4月)


スノーフレークは底の浅い鐘の形をしていますが

チャームポイントは白い花びらの先にある緑の斑点です



ドウダンツツジ(灯台躑躅)ツツジ科ドウダンツツジ属

ドウダンツツジ (2) ドウダンツツジ (1)
(別名が満天星とも呼ばれるドウダンツツジ 4月)


ドウダンツツジの花は先がすぼまった小さな釣鐘で

春の白い花とともに秋の紅葉が楽しめます



ブルーベリー  ツツジ科 スノキ(酢の木)属

ブルーベリー (2) ブルーベリー (1)
(夏の果実と秋の紅葉も楽しめるブルーベリー 4月)


ブルーベリーは 同じツツジ科のドウダンツツジに

とてもよく似た小さな釣鐘の花をさかせます



ツルニンジン(蔓人参) キキョウ科 ツルニンジン属

ツルニンジン (2) ツルニンジン (1)
(別名を爺蕎(じいそぶ)というツルニンジン9月)


ツルニンジンは野草でツルに釣鐘状の花をつけます

内側の斑模様を爺さんのソバカスに見立てたようです



ジギタリス  ゴマノハグサ科 キツネノテブクロ属

ジギタリス (2) ジギタリス (1)
(別名が狐の手袋と呼ばれるジギタリス 5月)


ジギタリスは斑模様(まだらもよう)のある釣鐘状の花

をたくさんつけますが 見た目からも想像できるように

全草が有毒なので注意してくださいね・・・!


いままでブログで紹介した花の中で 

以上が釣鐘状の花です

あなたの周りには 他にどんな釣鐘状の花がありますか?

方広寺の鐘
(1614年大坂冬の陣のきっかけを作った方広寺の鐘)


1年間 だいやんのブログにお付き合いくださって

本当に感謝しています 

ありがとうございました

新しい年が 貴方と貴方の大切な人にとって

幸せいっぱいの 良い年になりますように・・・!




スポンサーサイト

くるんとした小花が集まった形がユニークです          -グレビレア-

小花がくるんとしていて

何ともユニークな形をしています

何という名前だろう・・・?

グレビレア (6)
(黄色の小さな花が集まり長い角を出している Dec 21)


グレビレア・イエロードロップ 
 ヤマモガシ科

                グレビレア属
 樹木


グレビレアは常緑樹ですが 黄色い花を咲かせるのは

イエロードロップという園芸種です

でも ヤマモガシ(山茂樫)なんていう名前は初耳だよ

グレビレア (2)
(ひとつの小花から飛び出しているのが雌しべ)


レモン色した小花の部分は 花びらではなくて

総苞(ツボミを包んでいた葉の変形)なんです

グレビレア (1)
(グレビレアの葉は厚い針状です Dec 21)

グレビレア (4)
(グレビレア・イエロードロップの花 Dec 21)

グレビレア (3)
(グレビレア・イエロードロップの咲き姿 Dec 21)


レモンイエローの花色が とても綺麗ですね (^_-)-☆



お匙のような形のシルバーリーフをもった黄色い花          -クリソセファラム-

黄色い花とシルバーリーフのコントラストが美しいね

何という名前だろう・・・?

クリソセファラム (1)
(小さな黄色い花がたくさんついているね Dec 21)


クリソセファラム・スマイリープー キク科 

クリソセファラム属  別名 イエローボタン



花の付き方がシロタエギクノボロギクに似ていています

クリソセファラム (4)
(クリソセファラムの花 Dec 21)

クリソセファラム (5)
(クリソセファラムの葉はシルバーリーフです)

クリソセファラム (3)
(クリソセファラムの咲き姿 Dec 21)


クリソセファラムの花は早春から晩秋までと

長い間咲き続けてくれるんだよ

それにしても

スマイリープーっていう名前が 

とっても可愛いね! (*^-^*)



半透明の白い花がいっぱい集まっているよ                 -アルメリア-

白い花が半透明で とても可憐です

何という名前でしょうか・・・?

アルメリア (5)
 (白い花がうっすらと透き通った感じです Dec 21)

アルメリア (1)
(横から見ると このように長い花茎がありますね)


アルメリア  イソマツ科 アルメリア属


よく流通しているのは赤~ピンク色をしていて

別名を ハマカンザシ(浜簪)とよばれています

春に咲く花で 海浜に自生しているそうです

アルメリア (2)
(アルメリアの葉はロゼット状で少し幅があります)

アルメリア (4)
(まだまだツボミがたくさん残っています Dec 21)


この白色の花は アルメリアの中でも とくに

バレリーナホワイトと呼ばれる園芸種です


ツボミが全部開くと 

きっと綺麗なくす玉になるのでしょうね・・・



花でしょうか?実でしょうか?まん丸くて可愛いね           -シンジュノキ(真珠の木)-

とっても珍しいものをみつけました

白やピンクの玉飾りのようです・・・

でも これは花でしょうか? 実でしょうか・・・?

初めてお目にかかりました  早速 調べようね!

シンジュノキ
(白色やピンク色の玉のようなものが・・・ Dec 21)


シンジュノキ(真珠の木) ツツジ科 シラタマノキ属
                  (ゴーデリア属)

別名 ペルネティア



春の終わりころにブルーベリーやドウダンツツジに似た

白いつぼ型の花を咲かせるそうです

だから これはシンジュノキの実なんですね

シンジュノキ (4)
(シンジュノキの実が鈴なりについています Dec 21)

シンジュノキ (1)
(このシンジュノキの実はまさに白玉です Dec 21)


次の写真がとっても可愛くて大好きです・・・

シンジュノキ (5)
(何に見えますか・・・? 何かの果物みたい・・・)

シンジュノキ (7)
(シンジュノキの葉 なるほど・・・ツツジ科だね)

シンジュノキ (6) シンジュノキ (2)
(シンジュノキの実のいろいろ Dec 21)


どうやら シンジュノキは 春の花よりも

冬の時期の果実の方が観賞用として

人気があるようです・・・(*^^)v



メリークリスマス! あなたにプレゼントしますね                  -ハナカンザシ(花簪)-

今日はクリスマスイブですね

みなさんは どんなクリスマスを過ごしますか・・・?

この花は 赤色 白色 黄色と 花が咲く段階で

いろいろと色彩が変化
して とっても可愛いんです!

クリスマスプレゼントをしたいような花です・・・

ハナカンザシ (2)
(小さなツボミから開花した花まで多様です Dec 18)

ハナカンザシ (3)
(こちらの株では 開花直前の状態です Dec 18)

ハナカンザシ (1)
(こちらの株では まだ小さなツボミですね Dec 18)


ハナカンザシ(花簪)  キク科 ハナカンザシ属


ハナカンザシの花は冬から春にかけて咲きます

赤色のガクをもったツボミが連なると

まるで髪飾りのカンザシのように見えるんだよ・・・


それでは ハナカンザシの花のツボミが膨らんで

開花するまでの変化
を写真で見てみようね・・・


ハナカンザシ変化 (1)  ハナカンザシ変化 (2)  ハナカンザシ変化 (3)
(ハナカンザシの花のツボミは赤いガクで覆われてる)

ハナカンザシ変化 (4)  ハナカンザシ変化 (5)  ハナカンザシ変化 (6)
(ハナカンザシの花のツボミが次第に膨らんできました)

ハナカンザシ変化 (7)  ハナカンザシ変化 (8)  ハナカンザシ変化 (9)
(ハナカンザシのガクが開くと白い花が見えてきました)

ハナカンザシ変化 (10)  ハナカンザシ変化 (11)  ハナカンザシ変化 (12)
(ハナカンザシの真っ白な花びらがが開くと・・・)

ハナカンザシ変化 (13)  ハナカンザシ変化 (14)  ハナカンザシ変化 (15)
(中から黄色い雄しべが現れてきました・・・)

ハナカンザシ変化 (16)
(ハナカンザシの花が目一杯ひらいたよ)


ハナカンザシの花は白い花びらと黄色い雄しべの

コントラストがとっても美しいね


メリークリスマス! (^_-)-☆



黄色いお星さまが集まったような花です                    -キリンソウ(麒麟草)-

緑の葉の海の中に

黄色いお星さまのような花が集まって浮かんでいます

何という名前だろう・・・?

キリンソウ (1)
(葉も花もユニークですね Dec 14)


キリンソウ(麒麟草) ベンケイソウ科 マンネングサ属


マンネングサ属・・・ 

よく見れば ひとつの花が 前に紹介した

コモチマンネングサの花にそっくりです

キリンソウ (6)
(いくつの花が集まっているかな キリンソウ Dec 14)


コモチマンネングサと同じ小花の形をしていて

5本の雌しべが 太っちょで 先が尖っているよ

キリンソウ (5) キリンソウの雌しべ
(キリンソウの雌しべを上からと横から見ました)

キリンソウ (2)
(これはキリンソウのツボミ 萼の色には赤味があるね)

キリンソウ (3)  
(キリンソウの咲き姿 Dec 14)

 
キリンソウには薬効があって 虫刺され 切り傷にいい

そうです・・・ 

また 山菜としても使われる 

とっても有用な植物なんだよ・・・(^^)/



まん丸い5枚の花びらが可愛いよ                    -ワックスフラワー-

梅のような花が枝についています

随分と厚みを感じさせる花です

何という名前の花だろう・・・?

ワックスフラワー (1)
(木の枝に梅に似た可愛い花がついています Dec 14)


ワックスフラワー  フトモモ科 ワックスフラワー属


まん丸い花びらが5枚あって 真ん中から

雌しべとその周りの雄しべが顔をのぞかせています

花にはワックスをかけたように艶と厚みがあります

ワックスフラワー (3)
(まん丸い5枚の花びらが特徴的です Dec 14)


同じフトモモ科で もっとワックスが厚い花に

ギョリュウバイ(御柳梅)がありましたね

ワックスフラワー (4)
(ワックスフラワーの葉は多肉質で太い針状です)

ワックスフラワー (2)
(ワックスフラワーの木の枝に花がついています)

ワックスフラワー (5)
(ワックスフラワーの花の付き方 Dec 14)


このワックスフラワーはオーストラリア固有の植物で

オーストラリアでは重要な切り花として位置づけられて

いるそうです・・・

ブルーデージーに似ていますが葉はキク菜みたいだよ               -ブラキカム(ヒメコスモス)-

今日の花は昨日のブルーデージーによく似ています

でも葉の形が違いますね

何という名前でしょうか・・・?

ブラキカム (4)
(ブルーデージーに似た花です Dec 14)


でも葉の形が ブルーデージーは披針形(匙形)で

今度のはキク菜のような切れ目があります

ブラキカム (7)
(ブルーデージーと違って葉っぱがキク菜みたいです)


ブラキカム キク科 ブラキスコメ(ヒメコスモス)属

別名 ヒメコスモス;ブラキコメ(Brachyscome)



別名のヒメコスモスが可愛い名前だね・・・

ブラキカム (2)
(ブラキカムの花にはいろんな色があるようです)

ブラキカム (5)
(ブラキカムの花の背丈は20㎝位です Dec 14)

ブラキカム (6) ブラキカム (1)
(ブラキカムの葉と咲き姿 Dec 14)


キク科の花は とっても苦手です

花びらと葉の形の組み合わせで いろいろな花になります

キク科に共通するのは 花の中央が黄色の筒状花

ということでしょうか・・・





青色の花弁と黄色の筒状花のコントラストが綺麗です               -ブルーデージー-

大阪の街には いろんなところに花壇があって

季節を先取りした感じの花々がいっぱい咲いていました

そこで出会った花を紹介するね


青い花びらを持った この花の名前はなんでしょう?

紫色は多いけれど 青色は結構珍しいかも・・・

ブルーデージー (1)
(花びらの色は青色です 何という名前かな? Dec 14)

ブルーデージー (2)
(このような咲き姿をした花です Dec 14)


ブルーデージー  キク科 ルリヒナギク属

別名 ルリヒナギク(瑠璃雛菊)



ブルーデージーは春と秋に花を咲かせるので

12月の花は少し季節外れな感じもしますね・・・


同じ名前を持ったデージーヒナギク属なので

違う属の花になります


ブルーデージーには斑入りの品種もあるんだよ(園芸種)

ブルーデージー(斑入り) (2)
(葉に斑模様が入っているブルーデージー Dec 14)


ブルーデージーは 花びらの青色と 

中心にある筒状花の黄色とのコントラスト


とても美しい花ですね・・・

ブルーデージー(斑入り) (3)
(ブルーデージーの黄色の筒状花と青色の花弁)

ブルーデージー (3) ブルーデージー(斑入り) (1)
(ブルーデージー(左)と斑入りブルーデージー(右))


ブルーデージーという名前の響き・・・

何となくロマンチックな感じがしませんか?



歳の瀬は光の色で溢れているね                        -中之島イルミネーション-

大阪の街に出てみました

クリスマスを前にして 大阪の街は光で溢れていました


先日コンサートに行った中之島の大阪市中央公会堂

とても綺麗になっていました

IMG_0912.jpg
(明治44年に建てられた大阪市中央公会堂 Dec 14)


大阪市中央公会堂は 今から97年前に

東京駅や日本銀行本店で有名な辰野金吾が設計した

明治時代の建築です

でも 明治の建物とは思えないほど綺麗ですね・・・


少しよそ見をしていたら こんな色になりました

あれれ・・・?

IMG_0910.jpg
(中之島にある大阪市中央公会堂が緑色に・・・)


えっ! こんな色だったっけ?

実は 12日から大阪中之島で始まった

プロジェクション・マッピングという

光のイルミネーションでした

大阪市中央公会堂プロジェクションマッピング
(このような歌舞伎の映像まで映し出されました)

IMG_0897.jpg
(中之島イルミネーション会場の入り口 点灯前)


OSAKA光のルネッサンスと呼ばれるクリスマス前の

大阪の風物詩は 17時から点灯が始まります

みおつくしプロムナード
(みおつくしプロムナードに灯りがともりました)


バラ園まで歩いていくと このようなデコレーションが

中之島公園バラ園
(中之島公園のバラ園に設けられた光のデコレーション)

ひかりの実
(ひかりの実は保育園児たちが描いた笑顔の絵)


中之島には多くの橋が掛かっていますが

それぞれの橋にもイルミネーションがなされて

とても美しく 楽しい気分にさせられます・・・

鉾流橋(ほこながしばし
(中之島にかかる鉾流橋のイルミネーション Dec 14)


中之島公園をでると そこは御堂筋

ここも光で溢れていました

IMG_0947.jpg
(大阪御堂筋のイルミネーションは1月17日まで)


花の色は もちろん素敵だけど

光の色も とっても綺麗でいいですね・・・! (^_-)-☆



生きている化石はとてもノッポの木です                          -メタセコイア-

いつもの散歩道をあるいていると

行く先の方で 一際 とっても背の高い木があります

この時期は 黄葉していて よく目立つんです・・・

何という名前の木だろう・・・?

メタセコイア (1)
(背の高い木で黄葉してよく目立ちます Dec 13)

メタセコイア
(ノッポの黄色い木は何という名前だろう? Dec 13)


メタセコイア  ヒノキ科 メタセコイア属 針葉樹

和名 アケボノスギ(曙杉)


メタセコイア (2)
(近くで撮影したメタセコイアの木 Dec 13)


メタセコイアの木はとても高くて25~30mにもなります

だから遠くからでも目立ちます

メタセコイア (4)
(メタセコイアの黄葉 ヒノキの葉に似ているかな)


メタセコイアは よく「生きている化石」と呼ばれます

それは

化石として1941年に学会で発表されたのが最初で

その4年後に中国四川省で 生きているメタセコイアが

発見されたのです

戦後は 日本の各地の校庭 公園 並木道などに

このメタセコイアの木がどんどんと植えられ

現在の私たちの目の前に

大きくなった姿を見せてくれている・・・


古いようで新しい歴史だね・・・( ゚Д゚)



花の色が変化するもの                                 -印象深い花(10)-

モミジの紅葉の色の多彩さを紹介したので

今回の印象深い花は 色が変化していく花を集めました

どんな花があったか 覚えていますか・・・?


まずは別名が七変化と言われる花です

ランタナ (10)
(これはクリーム色からピンク色に変化します Sep 13)


ランタナ  クマツヅラ科 シチヘンゲ(ランタナ)属

ランタナは いろいろな色の変化を見せます

クリーム色からピンク色になる花や

黄色からオレンジ色を経て赤色になる花など・・・

ランタナ (5)
(こちらは黄色から赤色に変化するランタナ Oct 29)


次の花は白色から紫色に変化していく珍しい花です

ニオイバンマツリ (4) ニオイバンマツリ (1)
(ニオイバンマツリは紫色から白色に変化します)


ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉) ナス科

               ブルンフェルシア属


ニオイバンマツリの花は最初は紫色で

日が経てば 紫色が次第に薄れて 

最後は真っ白になります

ニオイバンマツリ (2)
(ニオイバンマツリの咲き始めは紫色 May 21)

ニオイバンマツリ (3)
(紫色が薄れ 次第に白色になっていきます May 30)


次は紫色からではなくて

ピンク色から白色に変わる花です

クレオメ (5)
(クレオメの花の咲き始めはピンク色です Aug 22)


クレオメ フウチョウソウ(風蝶草)科・属


クレオメの花はピンク色から白色に変わりますが

白色 薄いピンク色 濃いピンク色が混ざったところも

とっても可愛いね・・・

クレオメ (8)
(だんだんと白くなってきたクレオメの花 Aug 22)

クレオメ (9)
(クレオメは最後には真っ白な蝶のような花になります)


次はクレオメとは逆に

白色から濃いピンク色に変化する花です

ハコネウツギ (10)
(白色からピンク色 そして紅色へ変化する May 21)


ハコネウツギ(箱根空木) スイカズラ科 タニウツギ属


この花は数日かけて白色からピンク色に変化します

ハコネウツギ (4)
(このときは咲き始めで白っぽい花の色です May 12)

ハコネウツギ (1)
(同じ株の花が数日後にはピンク色が多くなり May 16)


次の花はその日のうちに白色からピンク色に変化します

酔芙蓉 (3)
(朝は咲いたばかりの花の色は真っ白です Sep 25)


スイフヨウ(酔芙蓉) アオイ科 フヨウ属


スイフヨウの花は咲き始めは真っ白で

時間の経過とともにピンク色がかかり

翌朝には萎んで濃いピンク色になってしまいます

酔芙蓉 (2)
(夕方のスイフヨウの花の色はピンク色になり Sep 19)

酔芙蓉 (1)
(白色が咲き始めの花で萎んだピンクの花は前日の花)

酔芙蓉 (4)
(だんだんとピンク色がかってきたスイフヨウの花)


これまでに掲載した花の中から

花の色が変化するものを紹介しましたが

他にどんな花があったかな・・・? 教えてくれる?




もみじの紅葉いろいろ                                       -イロハモミジ-

関西地方では 今が紅葉の真っ盛りですね・・・

遠くに行かなくても 近所の散歩道にあるモミジを観察

すると 同じイロハモミジの木でも その紅葉に

いろいろな表情があります・・・

今日は近所のモミジの紅葉を紹介しますね

モミジの紅葉 (9)
(山の緑を背景に紅葉した枝葉を撮る Dec 08)

モミジの紅葉 (1)
(青空に映える紅葉も素敵ですね Dec 08)


どうですか・・・? 

近所の散歩道の風景も捨てたもんではないでしょ?

モミジの紅葉 (4)
(こちらのモミジはまだ黄葉です Dec 08)


モミジの紅葉は 気温が下がると まず

緑色のクロロフィルが分解して 

葉に残ったカルテノイドの黄色が現れます

その後で 赤色のアントシアニンが生成されて

葉の色が紅色に染まっていくのですね・・・

モミジの紅葉 (2)
(このモミジ葉は少し枯れた感じの紅色ですね Dec 08)

モミジの紅葉 (8)
(緑色の葉と紅色の葉の重なりが綺麗だね Dec 08)


こんな色彩のモミジの木もありました

モミジの紅葉 (6)
(緑色 黄色 橙色 ピンク色 紅色と色とりどりです)

モミジの紅葉 (5)
(もう少しアップで撮ってみました Dec 08)


どうですか・・・?

まさにモミジの錦でしょ!? (*^-^*)


小さくて綺麗な野の花                                 -印象深い花(9)-

今回は 小さくて綺麗な野の花 の紹介です

うっかりすると見過ごしてしまいそうなほど小さいよ


まずは 小さくて白い花

ピンク色のチャームポイントが可愛いよ  

何の花かな?

ハコベ (2)
(ピンク色のチャームポイントが可愛いね Mar 21)


ハコベ(繁縷)  ナデシコ科 ハコベ属


ハコベ (1)
(道端に咲くハコベの小さい白い花 Mar 21


次の花は何でしょうか?

ホトケノザ (2)
(淡いピンク色の花です Apr 02)


ホトケノザ(仏の座) シソ科 オドリコソウ属


階層状になった葉が特徴でサンガイグサともいいます

ホトケノザ (3)
(ホトケノザの別名は三階草 Apr 02)

ホトケノザ (1)
(ホトケノザの咲き姿 Apr 02)


次の花は何でしょう? 

花の形だけからでは なかなか難しいかも・・・

ナズナ (2)
(白い4弁花がたくさんついています Apr 21)


ナズナ(薺)  アブラナ科 ナズナ属


ぺんぺん草とも呼ばれていますね

次の咲き姿の方がナズナらしいでしょうか・・・?

ナズナ (1)
(ぺんぺん草の花と実 Apr 21)


こんな捻じれた花もありましたね・・・

ネジバナ (2)
(螺旋階段のように小花がついています July 11)


ネジバナ(捩花) ラン科 ネジバナ科


ネジバナ (1)
(ネジバナの捻じれた茎とピンクの小花 July 11)

ネジバナ (3)
(ネジバナが何本見えますか? July 11)


ほんと 小さくって 見過ごしてしまいそうな花です

でも じっくり見ると とっても綺麗な花がたくさん

見過ごさないでね・・・!



小さくて可愛らしい野の花                                 -印象深い花(8)-

この時節は新たな花との出会いがとても少ないです

この機会を使って 今まで出会った花の中で

とくに印象に残った花を紹介しています・・・

今日は 小さくて可愛らしい野の花 を紹介するね


最初の2つは花文字に関するものです・・・

この花は何という字に見えますか?

ジンジソウ (2)
(何という文字に見えるでしょう? Oct 11)


ジンジソウ(人字草) ユキノシタ科・属

ジンジソウ(3)
(5枚ある花びらのうち2枚が長いジンジソウの花)


確かに「人」という文字に見えますね・・・

ジンジソウ (1)
(ジンジソウの群生 吉野郡天川村にて Oct 11)


それでは今度は何という字に見えますか?

ダイモンジソウ (3)
(花びら5枚で大の字に見えませんか? May 17)


ダイモンジソウ(大文字草) ユキノシタ科・属


ジンジソウと同じ仲間の花ですね

ダイモンジソウ (2)
(ダイモンジソウは「だいやんの花」Oct 25)

ダイモンジソウ (1)
(ダイモンジソウの咲き姿 June 08)


次の花は 小舟がぶら下がっているように見えますか?

ツリフネソウ (1)
(ツリフネソウの花の色は白や紫色があります Oct 11)


ツリフネソウ(釣舟草) ツリフネソウ科・属


横から見た方が

小舟が吊り下がっている様子がわかるかな?

ツリフネソウ (3)
(ツリフネソウの花 Sep 27)

ツリフネソウ (2)
(こちらはシロツリフネの花です Oct 11)


野山で このような可愛らしい花に出会ったら

引っこ抜いたりしないで 

そっと写真をとってくださいね・・・


花の色の取合せが綺麗だね                             -印象深い花(7)-

今回も 綺麗な花の色で印象深い花

それも 色の取り合わせが美しさを感じさせる花です


まずはこの花から

ピンク色と白色の花のツボミと緑色したガクの

色の取合せが綺麗ですね・・・

クレオメ (2)
(緑色と白色とピンク色の配合が美しいね Aug 22)


クレオメ   フウチョウソウ(風蝶草)科・属


クレオメ (3)
(クレオメの花は長い雄しべが特徴です)


クレオメの花の特徴は ツボミのうちはピンク色で

開花していくにしたがって白色になっていきます・・・

クレオメ (1)
(クレオメの花の咲き姿 Aug 22)


次の花は 白色と黄色と緑色の配合が素敵です

コンロンカ (3)
(白い色をしたのは葉ではなくてガク片です June 24)


コンロンカ(崑崙花) アカネ科 コンロンカ属


黄色の花と 緑色の葉と 白色のガク片・・・

コンロンカ (1)
(コンロンカの咲き姿 白いガク片が際立っているよ)


次の花は 紫色の花の中にあるピンク色がポイントです

ベロニカグレース (1)
(紫色の花に混じってピンク色が目立ちます Oct 07)


ベロニカ・グレース  ゴマノハグサ科 ベロニカ属


このピンク色したものは 花の蕊です

ベロニカグレース (2)
(ベロニカ・グレースの咲き姿 Aug 22)


次はこの花  白色と黄色の配合が見事でしょ・・・?

ミツマタ (1)
(白い体の先に黄色い花が・・・ Apr 24)


ミツマタ(三椏  ジンチョウゲ科 ミツマタ属


この4枚の黄色い花びらはガクでしたね

真花は中央のオレンジ色の部分でした・・・

ミツマタ (3)
(ミツマタの花は中央のオレンジ部分です Apr 24)


ミツマタの木は 木の枝が下から上まで 

三叉に(3つずつに)分かれて成長するのが特徴です


ミツマタ (2)
(ミツマタの木は和紙の原料です Apr 24)


最後はこの花です  ツボミだけを見れば 

最初のベロニカ・グレースに似ているでしょうか・・・?

大弁慶草 (3)
(白色とピンク色と緑色が調和して美しいね Oct 15)


オオベンケイソウ(大弁慶草) ベンケイソウ科・属


開いた花も とっても可愛いですね

大弁慶草 (1)
(オオベンケイソウの花 Oct 15)

大弁慶草 (2)
(オオベンケイソウの咲き姿 Oct 15)


調和した花の色が 花の美しさを醸し出しますね

ほんとに 花はきれいです・・・(^_-)-☆


花の色がとっても魅力的ですね                                           -印象深い花(6)-

今日は色がとても変わっていて

魅力いっぱいの花
を紹介するね

まずはこの花

雨に濡れると花びらの色が半透明になるんです・・・

サンカヨウ (1)
(雨に濡れて半透明になった花びら June 12)


サンカヨウ(山荷葉) メギ科 サンカヨウ属


花の白色は 含まれる空気に光が反射するため

水に濡れると 光が反射しないで透過するから

透明になっていくんだね

サンカヨウ (2)
(サンカヨウの花の咲き姿 小さい花は目立たないね)


この花は いっぱい雨に濡れると 

もっともっと透明になるんだよ・・・


次は木に咲く花ですが 花の色が とても魅惑的です

ネムノキ (2)
(緑色の空に浮かぶピンク色した雲海のよう July 05)


ネムノキ(合歓の木) マメ科 ネムノキ属


近くで見ると長いピンク色の雄しべがたくさん見えます

ネムノキ (3)
(ネムノキの花 July 05)


次の花は とっても不思議な感覚を与えてくれます

花全体が 輝くような紫色をしている・・・

紫御殿 (2)
(貝殻のような輝きがある花びら Sep 27)


ムラサキゴテン(紫御殿) ツユクサ科  紫露草属


花びらだけでなく 茎も葉も 全草が紫色をした

とっても不思議な感じの花ですね・・・

紫御殿 (1)
(ムラサキゴテンの花は全体が紫色をしています)


次の花は その半透明のガラスのような花びらが

とっても素敵です

木立ベゴニア (2)
(透き通るばかりの綺麗な花びらですね Aug 22)


キダチベゴニア  シュウカイドウ科・属


木立ベゴニア (1)
(ピンク色した木立ベゴニアの花 雌花)


ガラス細工のような花で 優しく触らないと

壊れてしまいそう・・・


花のもつ最大の魅力は「色」なんでしょうね・・・!

ろう細工?プラスチック? 生花に見えないような花              -印象深い花(5)-

今回は じっくり観たら 生花には見えないかも・・・

そんな花を紹介しますね

ヤツデ (2)
(プラスチックでできたボールのような花 Nov 23)


ヤツデ(八手)  ウコギ科 ヤツデ属

別名 テングノハウチワ(天狗の葉団扇)



今がちょうど ヤツデの花が見られる季節です

ヤツデ(3)
(ヤツデの小花 真っ白です 昨年 Nov 23)


ヤツデの花はプラスチックでできたような花ですね・・・

ヤツデ (1)
(白いボールのようなヤツデの花 Nov 23)


次の花もプラスチック細工のような花ですね・・・

ウズアジサイ (1)
(ピンク色した花びらはロウのように厚いね Sep 05)


ウズアジサイ(渦紫陽花) アジサイ科・属

別名 オカメアジサイ



ウズアジサイ (2)
(遠目ならアジサイにも見えるかな・・・? Sep 05)


陶器でできた造りものにも見えるよ・・・!


次の花は 造りものとしか思えません!

エケベリア (2)
(ゴムで作ったバラの花でしょうか・・・? Nov 03)


エケベリア  ベンケイソウ科 エケベリア属


エケベリア (1)
(石垣の間から顔を出すエケベリア Nov 03)


百歩譲って エケベリアを植物だとして

これは花なの・・・? それとも葉なの・・・?

誰かおしえてくれませんか?


次の花は 植物には迷惑そうな花ですが

じっくり観ると ローソクのような花が咲きます

ヤブガラシ (1)
(ローソクのようなヤブガラシの花 July 14)


ヤブガラシ(藪枯らし) ブドウ科 ヤブカラシ属

別名 ビンボウカズラ(貧乏葛)



名前を聞くだけでも 厄介な植物に思えますね・・・

ヤブガラシ (2)
(ヤブガラシの花序 July 14)


どうでしたか・・・?

よーく見ると造りもののような花って・・・

あるものなんですね!

驚きの自然の造形                                 -印象深い花(4)-

初めてこれらの花に出会ったときは 驚愕でした!

こんな花がこの世にあるなんて・・・

まさに驚きの自然の造形です・・・

トケイソウ (2)
(この花の造形は まさに自然の驚異ですね Oct 25)


トケイソウ(時計草) トケイソウ科・属


3つに分かれた大きな雌しべが 時計の針のように

見えるので この名がついたようですね

トケイソウ (1)
(トケイソウの横顔とツボミ)


このトケイソウ 花というよりも生物みたい・・・


次の花はこれ・・・ 何に見えますか?

フウリンブッソウゲ
(赤い花びらから長い花柱が下がっています Oct 25)


フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)アオイ科 フヨウ属


ハイビスカスと同じ仲間の花です

フウリンブッソウゲ - コピー - コピー
(上にある赤い部分が花びらで5枚あります)

フウリンブッソウゲ - コピー
(花柱の周りに雄しべが 下には雌しべがあります)


ほんとに夏の風物詩の風鈴みたいですね・・・!


次の花は何に見えますか・・・?

極楽鳥花 (2)
(青い部分が花なんですよ Oct 25)


ゴクラクチョウカ(極楽鳥花) 芭蕉(バショウ)科 

                 ストレリチア属

別名 ストレリチア


大きなクチバシとオレンジ色のトサカをもったニワトリ

それとも

オレンジ色の羽をもった青い小鳥

でしょうか・・・?

この極楽鳥花が この秋 散歩道でも出会いビックリです


次の花は 花というよりも珊瑚か貝殻のよう・・・

ロマネスコ (1)
(幾何学的な紋様は自然の奥深さを表すよう Mar 01)


ロマネスコ  アブラナ科 アブラナ属

別名 カリフラワー・ロマネスコ

   黄緑サンゴ;サンゴブロッコリー



規則正しく螺旋状に並んだ貝殻のよう・・・

これも自然の造形美ですね!

ロマネスコ (2)
(ロマネスコは遠目で見ると野菜ですね・・・)


このロマネスコがスーパーの野菜売り場で売っている

なんて・・・ ちょっとビックリだね! ( ゚Д゚)


美しい自然の造形                    -印象深い花(3)-

今日から師走ですね

1年の締めくくり・・・ 頑張ってくださいね!


今日は 今まで出会った花の中で 本当に美しくって

自然の造形美を感じた花を紹介しますね

何の花がでてくるかな・・・?

シャコバサボテン (1)
(真っ白い花びらと濃いピンクの雌しべ 昨年Sep 19)


シャコバサボテン  サボテン科 シュルンベルゲラ属

別名 クリスマスカクタス;デンマークカクタス



白い朱鷺が飛ぶ姿のように見えませんか・・・?

シャコバサボテン (2)
(シャコバサボテンの葉が蝦蛄に似て特徴的ですね)


シャコバサボテンは 別名を クリスマスカクタス

とも呼ばれるように クリスマスの頃に 

白やピンクの花を咲かせます


次の花は まさに絶妙の自然の造形です・・・

鷺草 (1)
(白鷺が何羽も空に舞っている姿ですね Aug 22)


サギソウ(鷺草) ラン科 ミズトンボ属


鷺草 (4)
(こちらは夫婦の白鷺でしょうか・・・?)

鷺草 (3)
(横側からみたサギソウの花)

鷺草 (2)
(立った尾のようなものが側弁花 下の長いのが距)


これが花だなんて・・・

信じられない位くらい見事ですね!(^_-)-☆


次は 白い蝶が舞っているよ・・・

白蝶草 (2)
(白い蝶に見えませんか・・・? 昨年 Sep 29)


ハクチョウソウ(白蝶草) アカバナ科 ヤマモモソウ属

別名 ガウラ


白蝶草 (3)
(ガウラの細い茎が風になびいています Sep 29)


細い茎が風になびくと まさに白い蝶の円舞のよう・・・

白蝶草 (1)
(ガウラにはピンク色の花もあります June 10)


ハクチョウソウ(ガウラ)は春から秋にかけて

長い間 花を咲かせます


自然の力ってすごいね・・・! ( ゚Д゚)


次回のテーマは驚きの自然の造形です


カテゴリ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもうすぐ3年。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR