ほんとの花はどれですか?                       -印象深い花(2)-

今回の印象深い花のテーマは

 「花と思っていたのが花ではなかったという花」 です


まずは クリスマスの主役といってもいい この赤い花

ポインセチア (2)
(ポインセチアの赤い花 Nov 22)


ポインセチア トウダイグサ科・属


このポインセチアの花に見える赤い部分は苞葉

真の花は真ん中にある この部分ですね

ポインセチア (1)
(ポインセチアの花 黄色は蜜腺です)

ポインセチア(3)
(ポインセチアの花の雄しべや雌しべも見えます)


こんなにじっくりとポインセチアの花を見たことは

今まではありませんでしたね・・・


次の花は シュウメイギクです

シュウメイギク (2)
(シュウメイギクの花 Oct 10)


シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科

             シュウメイギク属



キンポウゲ科の花の特徴ですが 花に見えるのは萼

真の花は花冠の中央にありました

シュウメイギク (1)
(シュウメイギクの花 Sep 18)


真ん中の緑色の部分は シュウメイギクの雌しべが

多数集まったもので 黄色く伸びているのが雄しべです


花火のように見えませんか・・・?

とっても綺麗ですね!


次はサルスベリの花です

百日紅 (1)
(夏中ずっと花を咲かせているサルスベリ June 28)


サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属


サルスベリのひとつの花は 思っていた以上に大きい

ものでした・・・

百日紅 (3)
(真ん中の薄いピンク色の部分がひとつの花です)

百日紅 (2)
(サルスベリの花の構造を解説しています)


サルスベリの花は なんとなくモコモコしたもの・・・

くらいのイメージしか持っていなかったよ・・・

こんなに大きな花だったんだね!


そして最後は 梅雨の花 アジサイです

アジサイ (2)
(アジサイの真花はアジサイの球の内にありました)


アジサイ(紫陽花) アジサイ科・属


アジサイの花に見える部分は装飾花です

アジサイの球の内に真花があり 

その真花には雄しべも雌しべも揃っています

アジサイ (1)
(アジサイの装飾花と真花 June 20)


この真花がはっきりと現れているのがこの花です

額アジサイ (4)
(ガクアジサイの中央には真花がたくさん June 10)


ガクアジサイ(額紫陽花) アジサイ科・属


額アジサイ (5)
(ガクアジサイの真花には雌しべと雄しべが見えるね)


花のように見えても花ではなくて

ほんとの花は目立たなくても 

昆虫には ちゃんと区別ができている・・・


自然の摂理って面白いね・・・!


スポンサーサイト

美味しそうで 思わず食べたくなっちゃうような花    -印象深い花(1)-

冬が近づいてきて すっかり

新たな花との出会いが 少なくなってしまいました

この機会に 今まで出会った花々で 思い出に残る

特徴的な花を紹介
しようと思います


 美味しそうで食べたくなっちゃいそうな花 

 花と思っていたのが花ではなかったという花

 自然の造形美に感動した花

 ロウ細工・工芸品のような花

 可愛らしい野の花

 よく観ると意外に美しい野の花


・・・などなどを考えています

まずは 

美味しそうで食べたくなっちゃいそうな花」

を紹介するね・・・

(写真をクリックすると少し大きくなります)

マユミ (3)
(マユミの果実 昨年 Nov 05)


マユミ(真弓;檀) ニシキギ科・属
 の実です


和菓子のようで思わず食べたくなったのを覚えています

晩秋の今でも あちこちで花を咲かせています

マユミ (1)
(マユミの果実が木の枝にぶら下がってるね Nov 05)

マユミ (4)
(上高地ではマユミの果実がたわわでした Oct 17)


つぎは 真っ白な雪見大福のような花です

ユキモチソウ (3)
(ユキモチソウの白い花 Apr 26)


ユキモチソウ(雪餅草)サトイモ科 テンナンショウ属


ユキモチソウ (2)
(ユキモチソウの花 Apr 26)


チマキのようにも見えるかな・・・?

ユキモチソウはミズバショウと同じ仲間です


次はこの花です  どんなお菓子に見えるかな・・・?

蝦夷ウスユキソウ (1)
(エゾウスユキソウの花 June 11)


真っ白な砂糖がかかったケーキのように見えませんか?

キャンドルも立っているよ・・・!

蝦夷ウスユキソウ (2)
(エゾウスユキソウの花が咲いていました June 11)


ウスユキソウの仲間は エーデルワイスをはじめ

高山植物です


いかがでしたか?

次回は 花と思っていたのが花ではなかったという花

を紹介しますね (^_-)-☆





桃のようなツボミの秘密が分かったよ                      -サルビア・インボルクラータ-

前回この花を紹介したときは 花の数も少なくって

不思議なツボミの内側が分かりませんでした・・・

今回は 桃のようなツボミの秘密が分かりました!

サルビア・インボルクラータ(9)
(多くの筒状花の先端の丸いツボミが特徴 Nov 21)


サルビア・インボルクラータ  シソ科 

              アキギリ属(サルビア属)

別名 ローズリーフセージ

サルビア・インボルクラータ(8)
(サルビア・インボルクラータが沢山咲いていました)


この日に出会ったのは この花の集団で 

いろいろな段階の花がありました・・・

サルビア・インボルクラータ (4)
(咲き始めの花はツボミがひとつだけ Nov 21)

サルビア・インボルクラータ(10)
(2回目の脱皮かな? ツボミを包む苞葉がはがれそう)

サルビア・インボルクラータ (5)
(サルビア・インボルクラータのツボミの苞が開いた)


ツボミを包む苞が開くと 中から現れたのは・・・?

同じ形をした桃のようなツボミと 

その周りに 新たな筒状花が数本


サルビア・インボルクラータ (6)
(ツボミを包む苞葉の内側には新たな筒状花があります)

サルビア・インボルクラータ (7)
(ねっ! ツボミの中の様子が分かりましたか?)

サルビア・インボルクラータ (3)
(この花は何回の脱皮を重ねたかな・・・?)


このように 先端のツボミから苞が落ちて

新たな筒状花と 新たなツボミが現れる・・・

これを何度か繰り返しながら 成長するんだね!



サルビア・インボルクラータのツボミの秘密

分かりましたか・・・?




初めて見たよ 房になる果物の花                                -バナナ-

花の文化園で 初めてバナナの花を見ました

昨年であったチュウキンレン

花のつき方が とてもよく似ています

バナナ(9)
(バナナの花 実ができる一段を果房と呼ぶ Nov 21)


バナナ  バショウ科・属 草本


チュウキンレン(地湧金蓮)も同じバショウ科の仲間

だから花の構造がよく似ているんだね・・・

バナナ (2)
(ピンク色の尖ったのが苞です Nov 21)


先が尖がった苞から苞葉が開くと 

中から白い花が飛び出します

バナナ (5)
(苞葉の間から生まれたバナナの花)


苞葉の間から生まれた花のひとつひとつが

バナナの実になり 

この段ひとつが ひと房のバナナになるんだよ


バナナ (6)
(バナナの花からできる実は初めは下向きに成長します)


このバナナの果房は 一本のバナナの木(実際は草)

から10~15房つくんです

バナナ (1)
(バナナの実は成長するにつれて上向きになります)


バナナの開花は 一本の茎からは1回だけなので

バナナは1年で枯れて 土に戻るのです・・・



冬の花の女王 シクラメンの不思議な性質とは?                    -原種シクラメン-

冬の散歩道の寂しさを癒してくれる貴重な花

それはシクラメン・・・ その花の原種に出会って

シクラメンの不思議な秘密を知ってしまいました・・・!

どんな秘密でしょうか?

原種シクラメン (3)
(普通のシクラメンよりも小さい 花の文化園 Nov 21)


原種シクラメン  サクラソウ科 シクラメン属


原種シクラメンは 通常のシクラメンとは違って

花が落ちてから葉が出てきます

原種シクラメン (2)
(原種シクラメンの花が咲いているときは葉はないよ)


原種シクラメン (4)
(原種シクラメン この花はコウム種といいます)


それでは シクラメンの秘密とは何でしょう・・・?

花が落ちた後の原種シクラメンの茎の形をご覧ください

原種シクラメン (6)
(原種シクラメンの花茎がコイルのように巻いている)

原種シクラメン (7)
(クルクル巻いた花茎の先に種が見えるよ Nov 21)


シクラメンの語源がギリシャ語の「旋回」から

きているのです

その由来は 花が落ちて実ができると 

茎がコイルを巻くようにクルクルとなるから・・・



このシクラメンの性質は

原種シクラメンにしか残っていないそうです・・・

シクラメンのルーツを知ったかな・・・?


晩秋の青空にそびえる大輪の花                   -皇帝ダリア(ハイブリッド)-

晩秋に成って咲く貴重な花 皇帝ダリアは

とっても青空に映える・・・

でも 少し変です  よく見ると花の色が違うよ・・・

どうしたんだろう?

コウテイダリア(ハイブリッド) (1)
(この皇帝ダリアは 花の色が黄色です Nov 21)


皇帝ダリア(ハイブリッド)  キク科 ダリア属


皇帝ダリア(木立ダリア)と園芸種ダリアのハイブリッド

で ダリアの色の多彩さと 皇帝ダリアの耐寒性を

受け継いでいます


コウテイダリア
(天高くそびえて花を咲かせた皇帝ダリア Nov 19)


ハイブリッドの皇帝ダリアは 

ダリアのように 多彩な色の花が咲きますが 

背丈は皇帝ダリアよりも 少し低いようです

花が咲く時期は 皇帝ダリアよりも少し早めです

コウテイダリア(ハイブリッド) (4)
(白い花をつけたハイブリッド皇帝ダリア Nov 21)

コウテイダリア(ハイブリッド) (6)
(ハイブリッド皇帝ダリアの八重咲き 色も多彩)


コウテイダリア(ハイブリッド) (3)
(ハイブリッド皇帝ダリアの赤い花 Nov 21)

コウテイダリア(ハイブリッド) (2)
(中央の筒状花はキク科の花の特徴ですね Nov 21)

コウテイダリア(ハイブリッド) (7)
(いろいろなハイブリッド皇帝ダリア 花の文化園にて)


ここでクイズです!

日本でダリアを多く生産する県はどこでしょうか?

ダリア (2) ダリア (1)
(ハイブリッド皇帝ダリアの母親のダリア Oct 25)


ダリアの生産が多い県は 長野県 秋田県 山形県

だそうです  

高冷地の方が 色鮮やかな色の花が咲くそうですよ!

花と実が同時に成る木だよ                      -イチゴノキ(苺の木)-

昨年10月に出会ったときは白い花しか咲いてなかった

木に 今年はいっぱい果実も成っていました

イチゴノキ (1)
(ヤマモモのような果実が成っていました Nov 21)


イチゴノキ(苺の木) ツツジ科 イチゴノキ属


イチゴノキといっても 美味しいバラ科の苺とは違って

ツツジ科の木ですね

花はドウダンツツジの花にとてもよく似ています

イチゴノキ (3)
(イチゴノキでは多数の花が鈴なりです Nov 21)

ドウダンツツジ
(ツツジ科の仲間 ドウダンツツジの花  Apr 21)

イチゴノキ (5)
(花と実が同時期につくイチゴノキ Nov 21)

イチゴノキ (4)
(イチゴノキの白い花もたくさん見えるね Nov 21)

イチゴノキ (2)
(イチゴノキの果実 黄色が次第に赤くなります)

 
このイチゴノキの実は昨年の花の果実なんですよ・・・

なんとも上手に

花と実のタイミングが合うものですね! ( ゚Д゚)



薄緑のベールに包まれたオレンジ色の実がいっぱい                 -クチナシ(梔子)-

いつも散歩するお寺の裏庭の木に

オレンジ色の実が いっぱい成っていました

何の木だろう・・・?

クチナシの実 (2)
(オレンジ色の実がたくさん成っていました Nov 19)


クチナシ(梔子) アカネ科 クチナシ属


あの6~7月頃に咲くクチナシの実でした

クチナシ2 (6)
(クチナシの白い花 June 07)

クチナシの花 (2)
(八重咲きのクチナシの花 June 04)

クチナシの実 (4)
(お寺の裏庭に植えられたクチナシの木 Nov 19)


ここで クイズです!

どうしてこの花の名前が

「クチナシ」になったのでしょうか・・・?


では・・・クチナシの実をじっくりとご覧ください

クチナシの実 (1)
(クチナシの実 薄緑色のベールに包まれたみたいだね)

クチナシの実 (3)
(クチナシの実は熟しても上の口が開かない Nov 19)


クチナシの実は緑色の薄皮に包まれて 

上の口の部分が 果実が熟した時でも開かない・・・

だから

「口が開かない→口が無い→口無し」となったそうです

知ってましたか・・・?


クチナシの実は 山梔子(サンシシ)と呼ばれ

古くから消炎や鎮静の生薬として使われている

とっても有用な果実なんですって・・・! (^^)/


とても可愛いまん丸くて黄色い花です               -ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)-

散歩道で久しぶりに新しい花に出会いました

黄色くってまん丸い花が とっても可愛いです

ホソバヒイラギナンテン (3)
(お豆のような丸くて可愛い花です Nov 19)


ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天) メギ科

             ヒイラギナンテン属



ヒイラギナンテンは葉がヒイラギ(柊)の葉に似て

いますが この細葉柊南天は 葉が細くって

ヒイラギには似ていないね・・・

ホソバヒイラギナンテン (4)
(丸い花の外側はガクなんですよ Nov 19)


丸い実のような花の外側は 萼(ガク)

花弁はその内側にあります

ホソバヒイラギナンテン (2)
(ガクが開くと中から花弁が見えます Nov 19)


ホソバヒイラギナンテンは秋の花ですが

ヒイラギナンテン西洋ヒイラギナンテンは冬の花です

ホソバヒイラギナンテン (5)
(ホソバヒイラギナンテンの葉はヒイラギ似ではないね)

ホソバヒイラギナンテン (1)
(ガクのピンク色が可愛いね Nov 15)


晩秋は 花よりも 紅葉と果実 が見頃です

なかなか新たな花には出会わないよ・・・(*_*)


かくれんぼをしているのかな?今が見頃の花ですね          -サザンカ(山茶花)-

家の庭 花壇 公園など いろいろなところに植えられて

今が盛りと 色とりどりの花を咲かせています

サザンカ (10)
(赤い花はツバキに似ています Nov 15)


サザンカ(山茶花) ツバキ科・属


ツバキ(椿)の花と決定的に違うのは

サザンカの花は 花びらが一枚ずつ ハラハラと落ちて

椿の花は 花全体が ポトンと落下する 
ということ

でしたね

木の足元に花びらが散っているか 花が落ちているかを

みればいいんだよ

サザンカ (8)
(赤いサザンカの花)

サザンカ (9)
(ピンクの八重咲きのサザンカ)

サザンカ (6)
(白色の八重咲きのサザンカ)


道端に一本のサザンカの木が立っています

木の幹の下の方に 何か花が見えますね・・・

かくれんぼをしているのかな・・・?

サザンカ(2)
(サザンカの木の幹の下の方に赤いものが Nov 15)


近づいてみましょう・・・

サザンカ (1)
(サザンカの花が一輪だけ顔を出しています Nov 15)

サザンカ (4)
(幹から細い枝が出て サザンカが一輪咲いています)


愛らしくって とってもお茶目なサザンカの花・・・

応援したいね! 
(^_-)-☆



カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR