これが医者いらずの薬草なの? 小さな赤い5弁花                -ゲンノショウコ(現の証拠)-

山道に小さくて赤い花を見つけました

ゲンノショウコ (1)
(赤紫色した小さな5弁花です Sept 27)


ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科・属

異名 医者いらず;たちまち草



その葉茎は 昔から下痢止めの妙薬として重宝されて

いたそうですね

煎じて飲めば たちまち効く 医者いらずの薬です

ゲンノショウコ (3)
(ゲンノショウコの花 柱頭の先は5つに割れています)


ゲンノショウコの花の色は 不思議なことに

東日本では白色 西日本では紅色が多いそうです

ゲンノショウコ (4)
(ゲンノショウコの咲き姿 Sept 27)

ゲンノショウコ (5)
(ゲンノショウコの葉は手のひら状に3~5つに裂ける)

ゲンノショウコ (2)
(ゲンノショウコの花と葉 Sept 27)


日本の三大民間薬のこと 覚えていますか?


  ドクダミ センブリ ゲンノショウコ でしたね!

スポンサーサイト

赤紫色した小さな船の形をした花               -ツリフネソウ(釣船草)-

山道の日陰に赤紫色をした花が咲いていました

とってもユニークな形をしています

ツリフネソウ(9)
(赤紫色をしたはなが ぶら下がっています Sept 27)


ツリフネソウ(釣舟草)
 ツリフネソウ科・属

別名 
ムラサキツリフネ(紫釣船)


1年前に天川村で出会ったのがシロツリフネ(白釣船)

でしたが 今回出会ったのが真のツリフネソウです

ツリフネソウ (3)
(釣船草の右端にクルリと巻いた距(きょ)があります)


シロツリフネと同じく 蜜がいっぱいたまった距

ツリフネソウの特徴で この前紹介したホウセンカ

にも距があったんだね(写真では分からなかった・・・)

ツリフネソウ (2)
(ツリフネソウの花の横顔 Sept 27)

ツリフネソウ(1)
(ツリフネソウの咲き姿 Sept 27)

ツリフネソウ (6)
(ツリフネソウの群生 Sept 27)


ツリフネソウの名前の由来は 

花の形が 帆掛け船を吊り下げたように見えるので

吊船草とも書くようです  釣船草という漢字よりも

こちらの方が感じがでていると思いませんか・・・?



お爺さんのそばかす・・・? 白い釣鐘状の花です               -ツルニンジン(蔓人参)-

金剛山の頂上に白っぽい釣鐘状の花が咲いていました

初めて見る花だけれど 何という名前だろう?

ツルニンジン (3)
(長い蔓から白い釣鐘状の花が咲いています Sept 27)


ツルニンジン(蔓人参)
 キキョウ科 ツルニンジン属

別名 ジィソブ(爺蕎)



名前の通り ツル性植物で ツルの長さは2mほどに

なるようです

ツルニンジン (1)
(ツルニンジンの花の内側には紫褐色の斑があります)

ツルニンジン (2)
(左端に見えるのは花弁が散った後の蔓人参の花)

ツルニンジン (5)
(ツルニンジンの花冠の先は5つに裂けています)

 ツルニンジン (4)  ツルニンジン (6)
 (ツルニンジンの花と葉 Sept 27)


ツルニンジンの別名のジィソブ(爺蕎)というのは

お爺さんのそばかす という意味
なんだそうです

花の内側の斑模様を そばかすに見立てたのですね


ツルニンジンの仲間で ひと回り小さな花に

姫蔓人参があり これを バァソブ(婆蕎) って

いうんだって


おもしろい名前だね・・・!(^^)/


真っ白な萩 とっても清楚な感じです                 -シラハギ(白萩)-

萩の咲いている道に白色の萩のような花が咲いていました

真っ白だな・・・! 何という名前だろう?

シラハギ (3)
(真っ白なマメ科特有の形をした花と葉 Sept 23)


シラハギ(白萩) マメ科 ハギ属

別名 シロバナハギ(白花萩)



シラハギ (7)
(純白のシラハギの花 花の形は萩と同じだね)

シラハギ (6)
(マメ科の花らしいシラハギの花序 Sept 23)


ハギの枝が枝垂れるのに対して 

シラハギの枝は 真っ直ぐに伸びています

シラハギ (2)
(シラハギの枝は萩の枝のようには枝垂れていませんね)


シラハギの葉も 昨日の萩と同じで 3出複葉

小葉は丸いだ円形をしています

 シラハギ (9)  シラハギ (10)  シラハギ (8)
 (シラハギの花と葉と咲き姿 Sept 23)


シラハギには面白い特徴があるみたいです

ソメワケハギ(染め分け萩)と呼ばれる 赤い色をした

萩が白いハギに混じって咲くことが多いそうです

シラハギ (ソメワケハギ)
(シラハギに混じったソメワケハギ 少しピンク色)


マメ科の花って 紅紫色(ピンク色)が多いですね

ところで  シラハギの他に

マメ科で白い花を咲かせるものってあったかな・・・?


このブログの中では

     シロツメグサ(白詰草)がありましたね!


秋の七草 マメ科の紅紫色の花                 -ハギ(萩)-

やっと この花に出会うことができました

秋の七草のひとつです

ハギ (5)
(紅紫色の蝶形をした花はマメ科の特徴 Sept 23)


ハギ(萩)  マメ科 ハギ属


本物のハギは フジカンソウアレチヌスビトハギ

よりも色が濃くって華やかな感じがします

ハギ (9)
(ハギの花 ピンク色とうす紫色がとても綺麗です)

ハギ (1)
(ハギの花のツボミもたくさんついているね Sept 23)


ハギにはいろいろ種類があって

ヤマハギ(山萩) ミヤギノハギ(宮城野萩)なども

ありますが この花は ニシキハギ(錦萩)のようです

ハギ (8)
(ハギは長い花枝を出して紅紫色の花を沢山つけます)

 ハギ (7)  ハギ (6)  ハギ (3)
 (萩の花いろいろ Sept 23)


「花ことば」によると 萩の花言葉は


花言葉: 想い


ハギ (4)
(ハギの葉は3出複葉で 小葉は丸いだ円形です)

ハギ (10)
(萩の花の群生 秋らしい雰囲気ですね Sept 23)


さあ 秋の七草を覚えましょう!

 ミナエシ

 スキ

 キョウ

 デシコ

 ジバカマ

 

 


覚え方は 「お す き な ふ く は ?」

 お好きな服は・・・?

山上憶良の歌より ずっと覚えやすいでしょ!
 (*^^)v




秋の七草のひとつ 高い木の葉の間から見せる紅紫色の花              -クズ(葛)-

高い木の大きな葉の間から チラチラと

紅紫色の花が見えています

渋い色の綺麗な花ですが 

葉っぱに隠れて目立たない・・・

クズ (4)
(大きな葉っぱの間から紅紫色の花が見える Sept 23)


クズ(葛) マメ科 クズ属  ツル性


秋の七草だね!

クズ餅や葛湯で名前はよく知っていたけれど

花を見るのは初めて・・・

クズ (7)
(クズの総状花序は下から上に花が咲いていきます)

クズ (3)
(クズの花はマメ科特有の蝶形をしています Sept 23)

 クズ (2)  クズ (1)
 (クズの花 Sept 23)


クズはツル性で 高い木に巻き付いて 高いところに

花を咲かせます

クズ (6)
(クズはツル性 長い蔓が見えますか? Sept 23)


クズの葉は大きくて3出複葉です

クズ (5)
(クズの大きな葉は3出複葉といいます Sept 23)


クズの大きな根を干して生薬にしたのが有名な葛根湯

(かっこんとう)で風邪をひいたときの解熱剤に

使われますね    それよりも・・・

葛粉から作る葛餅がわたしの大好物です!(^_-)-☆



夏の名残り でも花の色はカラフルです                   -ホウセンカ(鳳仙花)-

カラフルな花が咲いていました

パッと見て キンギョソウ? かって思いましたが

どうも違うようです・・・

ホウセンカ (6)
(カラフルな花です Sept 23)


ホウセンカ(鳳仙花) ツリフネソウ科・属

別名 爪紅(ツマベニ)



夏から初秋にかけて咲く花ですね

ホウセンカ (4)
(ホウセンカの実が膨らんできています Sept 23)


基本の赤色の他に 白 ピンク 紫 赤と白の斑など

いろいろな色の花を咲かせています

ホウセンカ (10)
(ピンク色したホウセンカの花 Sept 23)

ホウセンカ (7)
(紫色のホウセンカの花 Sept 23)

ホウセンカ (5)
(赤と白のまだら模様のホウセンカの花 Sept 23)

 ホウセンカ (9)  ホウセンカ (3)
(淡紫色と淡ピンク色したホウセンカの花)


ホウセンカはインパチェンスの仲間の花です

インパチェンスの別名がアフリカホウセンカでしたね

葉っぱの周囲のトゲトゲが よく似ているよ

ホウセンカ (1)
(ホウセンカの葉 周りに針のようなトゲトゲがあるね)

インパチェンスの葉
(インパチェンスの葉の周りにもトゲトゲが July 31)

ホウセンカ (8)
(ホウセンカの群生 Sept 23)


ホウセンカの実をつまむと 実が弾けてタネが勢いよく

飛び出します・・・ そんな遊びをしませんでしたか?


「花ことば」の本によると ホウセンカの花言葉は


花言葉: 私に触れないで


触れるとすぐに種が爆ぜてしまうから・・・

綺麗な藤色の花 萼には白い毛が雪みたいです             -ロシアンセージ-

白っぽい藤色の花が風に揺れていました

ラベンダーに似ているな・・・ 何という名前だろう?

ロシアンセージ (5)
(うすい藤色の花です 葉っぱも白っぽいね Sept 19)


ロシアンセージ  シソ科 ペロフスキア属

別名 サマーラベンダー



花をよく見るとサルビアに似ていますが

サルビア(サルビア属)とは違う仲間の花です

セージとありますが ハーブでもないようです

ロシアンセージ (6)
(ロシアンセージの花 萼には白い毛がいっぱい)

ロシアンセージ (2)
 (ロシアンセージのツボミには白い毛がたくさん)

ロシアンセージ (1)
(ロシアンセージの花 長い雌しべが伸びています)

 ロシアンセージ (4)
(ロシアンセージの茎と葉 Sept 19)


ロシアンセージは れっきとした樹木です

萼には白い毛がたくさんあって雪みたいに綺麗だね (^^♪

アゲラタムによく似た花はフジバカマの仲間です                -ユーパトリウム コエレスティナム-

藤色のモコモコした花がいっぱい咲いていました

アゲラタム・・・?  何だろう?

ユーパトリウム・コエレスティナム (2)
(ボンボンのような花が集まっています Sept 19)


ユーパトリウム コエレスティナム  キク科

        ヒヨドリバナ属(コノクリニウム属)

別名 青花フジバカマ; ミストフラワー


ユーパトリウム・コエレスティナム (7)
(ユーパトリウム コエレスティナムの群生 Sept 19)


アゲラタムが背丈が 30㎝位と低いのですが

ユーパトリウム コエレスティナムは 1m近くあります

ユーパトリウム・コエレスティナム (5)
(ユーパトリウム コエレスティナムの花)

 ユーパトリウム・コエレスティナム (6)  ユーパトリウム・コエレスティナム (2)
(ユーパトリウム コエレスティナムのツボミと花姿)


よく似ているアゲラタムとは違って 

葉っぱの先は尖っていて三角状です

ユーパトリウム・コエレスティナム (4)
(ユーパトリウム コエレスティナムの葉は三角状)

アゲラタム
(こちらはアゲラタム 葉の先は丸みがあります)

 アゲラタム (3)
(アゲラタムの花 昨年 Aug 13)

ユーパトリウム・コエレスティナム (8)
(ユーパトリウム コエレスティナムの花)


先週紹介した ユーパトリウム プルプレウム は

小さな筒状花から2本ずつ雌しべが長く伸びていましたが

こちらの花では 小花が筒状花かどうかは見えないけれど

確かに 小花から2本ずつ雌しべが伸びているね


花言葉は乙女の真心 可憐な花です                 -コスモス(秋桜)-

キバナコスモスの近くに コスモスの花が咲いていました

風に揺れている姿が似合っています

コスモス (7)
(コスモスの花が風になびいていました Sept 19)


コスモス(秋桜) キク科 コスモス属

別名 オオハルシャギク(大春車菊)



コスモスの元々の色はピンク色で

赤や白や黄やオレンジ色は園芸種なんだそうです


コスモス (4)
(コスモスの本来の色はピンク色 こんな色かな?)

コスモス (3)
(コスモスの花の筒状花 デコレーションケーキみたい)

コスモス (6)
(コスモスには蝶ではなくてハエが留まっていたよ)

   コスモス (2)
 (濃いピンク色のコスモスの筒状花)


コスモスの葉は キバナコスモスとは違って

とっても細くて 切れ込みも深いよ

コスモスの葉
(コスモスの葉は細くて切れ込みが深いね Sept 19)

キバナコスモスの葉
(キバナコスモスの葉は もっと幅があります Sept 19)


「花ことば」の本にコスモスの花言葉も載っていました


花言葉: 乙女の真心


とっても可憐な感じがします

大好きな花のひとつです・・・(*^-^*)

アゲハ蝶がよく似あう花はとっても花期が長いね                  -キバナコスモス(黄花秋桜)-

公園を散歩していたら キバナコスモスの周りを

蝶が2羽舞っていました

カメラのピントを蝶に合わせて・・・ パチリ!

キバナコスモスと蝶 (1)
(キバナコスモスに留まるアゲハチョウ Sept 19)


撮れましたよ! アゲハチョウが花の蜜を吸っています

キバナコスモスと蝶 (3)
(黄色い蝶もキバナコスモスの花に留まりました)


キバナコスモス(黄花秋桜) キク科 コスモス属


キバナコスモスは梅雨時期から秋にかけて

とっても長い間咲いています

キバナコスモス (1)
(キバナコスモスの群生 Sept 19)

キバナコスモス (2)
(キバナコスモスの花 花びらは8枚です Sept 19)


キバナコスモスの8枚の花弁は 重なり合っていますね

キバナコスモス (3)
(キバナコスモスの花冠の真ん中にある筒状花)


2枚目の写真にある黄色い蝶

何という名前なんでしょう・・・?


ご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいね!


学生のときに買った「花ことば」という本が

何十年ぶりでしょう・・・? 出てきたんです!

その本から キバナコスモスの花言葉を引用するね


花言葉: 野生美






ピンク色の蝶型の花 でも昨日の花とは葉の形が違うね                      -アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)-

昨日紹介したフジカンソウによく似た花です

よーく見ると 葉っぱの形が違います・・・

アレチヌスビトハギ (5)
(花はピンク色をした蝶型でも葉が3出複葉 Sept 12)


アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩) マメ科

          ヌスビトハギ(盗人萩)属


アレチヌスビトハギ (1)
(アレチヌスビトハギのマメ科らしい蝶型の花)

アレチヌスビトハギ (2)
(アレチヌスビトハギの総状花序は20~30㎝の長さ)

アレチヌスビトハギ (10)
(アレチヌスビトハギの咲き姿 Sept 16)

アレチヌスビトハギ (9)
(アレチヌスビトハギの花 Sept 16)

アレチヌスビトハギ (8)
(アレチヌスビトハギの群生 大阪城公園 Sept 16)


アレチヌスビトハギとフジカンソウとの一番大きな違い

それは葉っぱの形です

  フジカンソウは奇数羽状複葉

  アレチヌスビトハギは3出複葉

 アレチヌスビトハギ (6) アレチヌスビトハギ (7)
(アレチヌスビトハギの葉と総状花序)


今週はマメ科の花に よく出会ったね!

いままでに出会ったマメ科の花を整理してみるね・・・


 今日と昨日の アレチヌスビトハギ  フジカンソウ

 春に咲くピンク色した野草   カラスノエンドウ

 レモンイエローの丸くてフサフサの花  銀葉アカシア

 藤棚を飾る春の花          フジ(藤)

 性格は異なりますが兄妹のような花  白詰草と赤詰草

 丸い天狗の団扇の葉をしたノッポ花  ルピナス

 幻想的なピンクの雲海をつくる  ネムノキ(合歓木)

 赤い雲丹(うに)のような花   ヒネム(緋合歓)


でも まだ秋の七草のひとつ 

ハギ(萩)には出会ってないなぁ・・・ (;_;)



萩に似ている? ピンク色した蝶型の花                   -フジカンゾウ(藤甘草)-

近所の古刹 延命寺の夕照楓の傍に

これもマメ科でしょうか 

ピンク色の総状花序をもつ花が咲いていました

フジカンゾウ (7)
(延命寺の夕照楓の古木の下に 長い花茎が Sept 12)


フジカンゾウ(藤甘草) マメ科 ヌスビトハギ属


初秋に咲く マメ科の花で 少し萩に似ています

フジカンゾウ (4)
(フジカンソウの花はマメ科によく見られる蝶型ですね)

フジカンゾウ (2)
(フジカンソウの長さが50㎝にもなる総状花序)

フジカンゾウ (6)
(フジカンソウの背丈は1mほど)

フジカンゾウ (3)
(フジカンソウの花 豆のような果実も少し見えます)


フジカンソウの葉は奇数羽状複葉です
 
 フジカンゾウ (1)
(フジカンソウの葉)


フジカンソウの果実には毛がたくさん生えて

「くっ付き虫」としても 知られているそうです


林の中に白い花を咲かせるスマートな木の葉の臭いは・・・            -クサギ(臭木)-

林道を歩いていると 白い花をつけた木を見つけました

背丈は3mはありそうです

クサギ (7)
(細くて小高い木の先に白い花が咲いています Sept 12)


クサギ(臭木) シソ科 クサギ属


臭い木って変な名前ですが どうやら

葉を触ったり揉んだりすると異様な臭いがするそうです

クサギ (5)
(クサギの白い花 近づかないと見えないよ)

クサギ (1)
(クサギの花には 長い雄しべが4本 雌しべは1本)


クサギの白い花冠は5つに裂けていて

長い雄しべが4本と雌しべが1本 突き出ています

クサギ (3)
(クサギの花のツボミ 萼の色が黄緑色から赤く変わる) 


クサギの花のガクは 最初は黄緑色をしていますが

次第に赤くなってきます

クサギ (6)
(クサギの大きな葉と集散花序)


クサギの特徴は 30㎝くらいにもなる大きな葉っぱ

その葉は名前が示しているように 臭いはずなのに

若葉は食用になるんだって・・・! へぇ~っ( ゚Д゚)


草のような木です でも茎も根も強いんですって                      -コマツナギ(駒繋ぎ)-  

山道に紅紫色をした花が咲いていました

マメ科みたいだけれど 何という名前だろう・・・?

コマツナギ (9)
(丸い羽状複葉はマメ科の花の特徴です Sept 12)


コマツナギ(駒繋ぎ) マメ科 コマツナギ属 


コマツナギの茎や根が 馬を繋いでも切れないくらいに

強いということで 駒繋ぎ の名前が付いたそうです


コマツナギ (1)
(コマツナギの円錐花序と馬をもつなぐ丈夫な茎)


コマツナギの円錐花序は3㎝くらいで

花びらは5mmくらいの大きさです

コマツナギ (5)
(コマツナギの蝶型の花びらもマメ科の特徴ですね)

コマツナギ (7)
(山のすそ野にコマツナギの花が咲いています)


コマツナギの背丈は 1mもありません

 コマツナギ (10)  コマツナギ (4)  コマツナギ (8)
 (コマツナギの葉と花と咲き姿)


実は このコマツナギは草ではないんです・・・

れっきとした樹木なんですって!
 ( ゚Д゚)


フジバカマに似た花をつけています               -ユーパトリウム プルプレウム-

白っぽい花ですが よく見ると

秋の七草のひとつ フジバカマ に似ているね

何という名前だろう?

ユーパトリウム プルプレウム (1)
(花茎がお辞儀をし フサフサした花です Sept 05)


ユーパトリウム プルプレウム  キク科

                ヒヨドリバナ属

別名 ムラサキヒヨドリバナ



ヒヨドリバナ属って フジバカマ と一緒です

筒状花から長い雌しべが2本出ているのもそっくり!

ユーパトリウム プルプレウム (5)
(ユーパトリウム プルプレウムの花は筒状花です)

ユーパトリウム プルプレウム (4)
(筒から長い雌しべが2本ずつ飛び出ています)

ユーパトリウム プルプレウム (7)
(成熟したユーパトリウム プルプレウムの花)

ユーパトリウム プルプレウム (6)
(ユーパトリウム プルプレウムの花のツボミ)

ユーパトリウム プルプレウム (2)
(ユーパトリウム プルプレウムの花)


花の色は くすんだピンク色 をしています

ユーパトリウム プルプレウム (8)
(ユーパトリウム プルプレウムの花)


ヒヨドリバナ属の花って フジバカマしか知らなかった

けれど ユーパトリウム プルプレウム も 

ヒヨドリバナ も お互い たいへんよく似ているよ!


タマスダレとサフランモドキ どう違うの?               -ゼフィランサス-

白色のタマスダレが今年も家の庭で元気に咲いています

ゼフィランサス (2)
(ゼフィランサスの白い花 花弁は6枚です Sept 10)

ゼフィランサス (3)
(上向きの花 地面から出る細長い葉が特徴です)


タマスダレの花は白色って紹介したんだけど・・・

タマスダレ にとてもよく似た 

ピンク色や黄色の花に出会ったのです

何という名前だろう・・・?

ゼフィランサス (8)
(ピンク色をした6弁花 花が横を向いています)

ゼフィランサス (5)
(黄色の6弁花 花の形も葉もタマスダレそっくりです)


ゼフィランサス  ヒガンバナ科 タマスダレ属


白色もピンク色も黄色も 

みんな ゼフィランサス なんですね!

白色の花の種は タマスダレ(玉簾)と呼ばれます

ピンク色の花の種は サフランモドキ といいます

黄色の花もゼフィランサスの一種(シトリナ?)なんです

ゼフィランサス (1)
(タマスダレの花の雌しべと6本の雄しべ)

ゼフィランサス (6)
(サフランモドキの雌しべと6本の雄しべ)

ゼフィランサス(10)
(黄色のゼフィランサスの雌しべと雄しべ)


雄しべの形が 少しずつ違うような気がします・・・

でも 細かなことは気にしないで

これらの花を見つけたら 

ゼフィランサス」って呼んでくださいね! (^^♪


蕊(しべ)がハイビスカスに似た赤色の花はとてもスマート              -モミジアオイ(紅葉葵)-

蕊(しべ)の付き方が ハイビスカスに似た花が 

1輪だけ咲いていました

綺麗だな・・・ 初めて見た花かなぁ・・・

モミジアオイ (1)
(1m以上もある長い茎の先に赤い花が一輪 Sept 05)


モミジアオイ(紅葉葵) アオイ科 フヨウ属

別名 コウショッキ(紅蜀葵)



これが先月紹介したタイタンビカスの母親なんだ!

モミジアオイ (3)
(モミジアオイの花びらは5枚に分かれています)


モミジアオイはハイビスカスと違って 

花びらが互いに離れています

そして 雄しべと雌しべの付き方は 

タイタンビカスにそっくりです

モミジアオイ (4)
(モミジアオイの花の雄しべと雌しべ)


モミジアオイは 葉っぱが紅葉に似て 掌(てのひら)

のように 5つ(ときには3つ)に分かれています

モミジアオイ (2)
(モミジアオイの茎と5裂した葉 Sept 05)


このモミジアオイの花も 多くのアオイ科の花のように

1日花なんです

この花との出会いが1日遅かったら 

赤い花は萎んでしまっていたんでしょうね・・・


キンギョソウのような ラベンダーのような花                       -アンゲロニア-

パッと見て ラベンダーかなと思ったけど

じっくり見ると キンギョソウにも似ているよう・・・

何という名前だろう?

アンゲロニア (6)
(白やピンクや紫色の花がたくさんあるね Sept 02)


アンゲロニア  ゴマノハグサ科 アンゲロニア属

別名 エンジェルラベンダー;サマースナップドラゴン



なるほど・・・ ラベンダー(シソ科) にも 

キンギョソウ(スナップドラゴン;ゴマノハグサ科)

にも似ているはずだね 

アンゲロニア (2)
(アンゲロニアの花 キンギョソウに似ているね)


アンゲロニアは50㎝あるかないか位の小さめの花で

小花は5つに裂けて 中に模様があります

アンゲロニア (1)
(ピンク色のアンゲロニアの花)

アンゲロニア (3)(ジギタリスにも似ていませんか?)

アンゲロニア (4)
(白色のアンゲロニアの花)

 アンゲロニア (5) アンゲロニア (7)   アンゲロニア (9)
 (アンゲロニアの花と葉 Sept 02)


今回はゴマノハグサ科の花のおさらいをしましょうね


別名(英名)はスナップドラゴン   キンギョソウ

ウサギの耳をした可愛い花      リナリア

斑点が不気味な           ジギタリス

丸いお星さまの花(ステラ)     バコパ

人の唇のような花          サンサシア

可愛い小さなラッパ         トレニア

道端の小さな青い4弁花       オオイヌノフグリ


意外にたくさんあるね・・・! (^^)/

濃い紫色の5弁花は1日花 風に弱いよ                    -シコンノボタン(紫紺野牡丹)-

残暑の季節 一際目立つ紫色の花です

シコンノボタン (6)
(紫色をしたきれいな花です Sept 04)


シコンノボタン(紫紺野牡丹) ノボタン科

        シコンノボタン属
 常緑低木


樹木ですが 風に弱いので 支柱が必要なんですよ

シコンノボタン (4)
(シコンノボタンの木が支柱にくくられています)

シコンノボタン (2)
(紫紺野牡丹の花は紫色が綺麗な5弁花です)

シコンノボタン (5)
(少し赤味がかったのがシコンノボタンの花の雌しべ)


紫紺野牡丹の花には 雌しべが1本 雄しべは10本

雄しべの5本が長く 5本が短い

雄しべの形が蜘蛛の足のように見えるというので

別名(英名)が ブラジリアン スパイダー フラワー

(ブラジルのクモの花)といいます

シコンノボタン (1)(シコンノボタンの花の後ろ姿)


ノボタン科の花って初めてだね

紫紺野牡丹の花も1日で命を終える1日花なんです・・・


林道に咲く白い円錐花序の花               -ヤブミョウガ(藪茗荷)-

林の中 大きな葉っぱの上に 白い小花を円錐花序で

つけている花が 並んで咲いています   

何という名前だろう・・・?

ヤブミョウガ (1)
(大きな葉の上に白い花が3段についています Sept 05)


ヤブミョウガ(藪茗荷) ツユクサ科 ヤブミョウガ属



葉が ミョウガ(ショウガ科)の葉に似ているので

ヤブミョウガって名づけられましたが 別の植物ですよ

ヤブミョウガ (8)
(ヤブミョウガには雌花と両性花があります Sept 05)

 ヤブミョウガ (6) ヤブミョウガ (7)
 (ヤブミョウガの円錐花序)


ヤブミョウガは 同じ株に雌花花と両性花が咲きます

雌花は丸い頭に白い毛(雌しべ)が1本見えます

両性花には 花弁(3枚) 雌しべ(1本) 

雄しべ(6本) が揃っています

ヤブミョウガ (5)
(上向きの丸いのが雌花 下向きのが両性花)


ちょうどヤブミョウガの実が色付き始めていました

ヤブミョウガ (3)
(ヤブミョウガの黒い実が成ってきました Sept 05)

ヤブミョウガ (2)
(ヤブミョウガが山道に並んで咲いていました)


ヤブミョウガは大きな葉っぱの割に 花が小さいので

あまり目立たないんだけれど じっくりと観察すれば 

なかなか味わい深い花ですね・・・
(^^♪


山道にひっそりと咲く 黄金色の小さな5弁花の穂                  -キンミズヒキ(金水引)-

初秋の山道を歩いていると 

黄色いものが目に飛び込んできました

そこには 小さな花がたくさんついた花の穂が

立っていました   何という名前だろう・・・?

キンミズヒキ (1)
(黄色い小花は1㎝あるでしょうか? Sept 05)


キンミズヒキ(金水引)
 バラ科 キンミズヒキ属


昨年紹介した ミズヒキ はタデ科だったので

違う仲間の花ですね

キンミズヒキ (3)
(キンミズヒキの小花は5弁花 雄しべは12本あります)

キンミズヒキ (4)
(キンミズヒキの穂状花序 これから咲く蕾もあるよ)

キンミズヒキ (5)
(こんなふうにキンミズヒキの花が咲いていました)


キンミズヒキの葉は小葉が5~9枚ある奇数羽状複葉

 キンミズヒキ (2)   キンミズヒキ (6)   キンミズヒキ (7)
 (キンミズヒキの花  奇数羽状複葉   咲き姿)


キンミズヒキの実は 筒状の萼(がく)が発達していて

萼にはトゲがたくさんあり 動物にくっついて移動します

人の服にもくっつく「くっ付き虫」のひとつです


もうひとつ キンミズヒキは

止血剤や下痢止めに使われる薬草なんですよ (*^^)v



肉厚の花びらが集まった花はなあに?                     -ウズアジサイ(渦紫陽花)-

人の背丈位の株に 1輪って言えるのかな・・・

まるで陶器のような肉厚の小花がいっぱい付いた花

何という名前だろう?

ウズアジサイ (2)
(肉厚の小花がいっぱい集まっています Sept 05)


ウズアジサイ(渦紫陽花) アジサイ科・属

別名 オカメアジサイ



ガクアジサイを改良した園芸種だって・・・

ウズアジサイ (5)
(ウズアジサイの花を近くで見ると造りもののよう)


アジサイと同じように ウズアジサイの花に見えるのは

ほとんどが萼(装飾花)です

でも雌しべと雄しべをもった真花(両性花)もあるよ

ウズアジサイ (4)
(渦紫陽花の真花には雌しべと雄しべがありますね)


こんな肉厚の花を見たら 何故か エケベリア を

思い起こしてしまいました・・・

ウズアジサイ (1)(ウズアジサイの花)

ウズアジサイ (3)
(ぽつんと一輪だけウズアジサイの花が咲いていました)


ウズアジサイの開花期は 6~7月だそうです

だから この花が 最後の一輪だったようですね

来年は 花盛りの時期に出会えるかな・・・?

カラフルな花は葉が多肉質                      -カランコエ-

カラフルな花で花壇がにぎやかです

株の形をみると・・・同じ花のようですね

何という名前だろう?

カランコエ(9)
(ピンク色の花 隣には別の色の花も Sep 02)


カランコエ ベンケイソウ科 リュウキュウベンケイ属


カランコエ・・・って 何となく変な名前ですが 

ラテン語の学名をそのまま音読みしたものだそうです

いろいろな色のカランコエの花をご覧ください 

カランコエ (4)
(黄色のカランコエ 葉は多肉質でおおきいよ)

カランコエ (7)
(ピンク色のカランコエ 花びらは4枚あります)

カランコエ (6)
(オレンジ色のカランコエの花 ツボミがいっぱいです)

カランコエ (2)
(赤色のカランコエの花 雄しべが見えています)


カランコエはベンケイソウ科の花ですが

ベンケイソウ科の花 覚えていますか?


黄色のお星さま コモチマンネングサ

金の成る木 カゲツ

化石のような エケベリア


特徴的な花ばかりだね・・・(^^♪

存在感のある花ですが 雄しべや雌しべが分かりにくいよ              -カンナ-

背が高くて 一際目立つ花です

でも 雄しべ 雌しべ が見えにくい・・・

カンナ (6)
(葉っぱが大きい 花の文化園にて Aug 22)


カンナ  カンナ科・属


カンナ (7)
(カンナの花の雄しべ 雌しべは見つけにくいね)


カンナの花びらに見える大きなものは

何と 雄しべが変化したものだそうです・・・( ゚Д゚)

実際の花びらは3枚ありますが 小さくて目立ちません

カンナ (3)
(左側がカンナの雄しべ 右側は何だろう?)

 カンナ (5)  カンナ (8)
 (カンナの花の中央部 何か分かりますか?)


調べてみると カンナには6本の雄しべがあって

5本は花弁のように変化するので 雄しべは1本しかない

ように見えるようです

カンナ (1)
(カンナは人の背丈ほどもある花です July 13)


カンナは背丈が高い花だとばかり思っていましたが

1mにも満たない品種にも出会いました

カンナ (9)
(カンナの矮性種 Sept 02)

カンナ (10)(カンナの矮性種 ピンク色 Sept 02)


カンナの花の付き方なんだけれど

グラジオラスに似ていませんか・・・?


最後に ちょっぴり悲しい話です・・・

実は カンナには他に仲間の花がいなくって

カンナ属を調べても カンナしかないのです・・・(;_;)


白い花に雄しべと雌しべがたくさん                     -センニンソウ(仙人草)-

道端の空地に白い花が咲いていました

それにしても ヒゲのような蕊(しべ)がたくさんあるね

何という名前だろう?

センニンソウ (4)
(白い花にはヒゲのような蕊が多数あるよ Sep 01)


センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科 センニンソウ属


実は 12月頃にできる果実に 白い毛が生えたその姿を

仙人に見立て 仙人草と名付けたそうです

センニンソウ (7)
(センニンソウの花 4枚の花びらにみえるのは萼)


キンポウゲ科といえば 今までに紹介した花では

アネモネ クリスマスローズ シュウメイギク オダマキ

リュウキンカ オキナグサ がありました

共通するのは 花弁のように見えるものは萼(がく)

ということですね

センニンソウ (9)  
(真ん中に5~6本集まっているのが雌しべ Sept 01)


センニンソウの葉は バラと同じように

5~7枚の小葉からなっている 羽状複葉です

  センニンソウ (2)  センニンソウ (5) センニンソウ (8)
 (センニンソウの花と葉 見つけた空地 Sept 01)


もうひとつ キンポウゲ科 センニンソウ属の花に

有名なクレマチスがあります

皆さんにはお馴染みの カザグルマ(風車)

テッセン(鉄仙;鉄線)センニンソウ属なんですよ

今春に撮った写真を載せるね・・・(*^-^*)

クレマチス(カザグルマ)
(クレマチスのひとつ カザグルマ Apr 23)

クレマチス(テッセン)
(クレマチスのひとつ テッセン Apr 23)

とっても小さな色違いのオミナエシ?                                  -セイヨウカノコソウ(西洋鹿子草)-

とっても小さい花です 白色とピンク色がありますが

小さすぎて 見落としてしまいそう・・・

何という名前だろう?

セイヨウカノコソウの群生
(見過ごしてしまいそうな小さな花です Aug 28)


セイヨウカノコソウ(西洋鹿子草) オミナエシ科

           カノコソウ属
 多年草

別名 キッソウ(吉草); ケッソウ(纈草)


昨日紹介した オミナエシの仲間です

セイヨウカノコソウ (1)
(セイヨウカノコソウの集散花序)


セイヨウカノコソウの小花も とっても小さくて

3mm位でしょうか?

セイヨウカノコソウ (2)
(セイヨウカノコソウのピンク色の花)

セイヨウカノコソウ (8)
(セイヨウカノコソウの花冠は5つに裂けています)

セイヨウカノコソウ (3)
(セイヨウカノコソウの咲き姿)

セイヨウカノコソウ (9)
(セイヨウカノコソウの集散花序)

 セイヨウカノコソウ (5)  セイヨウカノコソウ (4)
(セイヨウカノコソウのピンクの花と葉)


セイヨウカノコソウは ローマ時代から薬用に利用

されていたそうです

現代でも 吉草根(キッソウコン)という生薬名で

根や根茎が 不眠症や鎮静薬として使われています


秋の七草のひとつ 黄色い花が鮮やかです                    -オミナエシ(女郎花)-

今日から9月 秋に入ります

小さくて黄色い花の集まりが 道端に咲いています 

もしかしたら 秋の七草のひとつのあれかな・・・?

オミナエシ (8)
(小さくて黄色い花がたくさんついています Aug 22)


オミナエシ(女郎花)  オミナエシ科・属 多年草


秋の七草のひとつですね

オミナエシの花をじっくり観察しましょうね!

オミナエシ (10)
(オミナエシの散房花序 まだまだツボミも多い)

オミナエシ (5)
(オミナエシの花 合弁花ですが5つに裂けています)

オミナエシ (4)
(オミナエシの小花 雌しべが1本 雄しべは4本)


オミナエシの小花は根元がくっついた合弁花ですが

先が丸く5つに裂けているので 花びらが5枚ある

ように見えます  花の大きさは5mm位でしょうか

 オミナエシ (1)  オミナエシ (3)
 (オミナエシの咲き姿)

 オミナエシ (6)  オミナエシ (9)  オミナエシ (2)
 (オミナエシの花と葉)

 オミナエシ (11)  オミナエシ (12)
 (今朝出会った畦道と道端のオミナエシ Sept 01)


さて 秋の七草を言えますか?

万葉集に次のように詠われています

 萩(ハギ)の花 尾花(ススキ) 葛(クズ)花 

 瞿麦
(ナデシコ)の花 姫部志(オミナエシ) また

 藤袴(フジバカマ) 朝貌(キキョウ)の花

万葉集の時代は 

アサガオというのがキキョウだったんですね



カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて2年8カ月が経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR