緑の葉の中に小さな白い花が集まっています              -オレガノ-

緑色の葉っぱの中に 白くて小さな花がモコモコ

していました    何という名前だろう・・・?

オレガノ (3)
(緑の葉っぱの上の白い花 July 26)


オレガノ シソ科 ハナハッカ属 

別名 ハナハッカ; ワイルドマジョラム



お料理のお好きな方には おなじみのハーブですね

だから 花よりも葉っぱが主役です

オレガノ (5)
(オレガノの花 よく見ると薄紫色です July 26)

オレガノ (4)(昆虫も花に止まりにきます July 26)

オレガノ (2)
(オレガノの花は初夏から秋にかけて咲きます)

オレガノ (1)
(オレガノの葉 July 26)


オレガノの葉っぱは 特に トマトやチーズと

とっても相性がいいそうです

イタリア料理やメキシコ料理で大活躍しているんだって!


スポンサーサイト

夏のアヤメ科の代表格 その名は古代ローマの剣に由来             -グラジオラス-

緑一色の夏には目立つカラフルな花が咲いていました

なんという名前の花だろう・・・?

グラジオラス (9)
(花びらが大きく多彩な色の花を咲かせます July 26)


グラジオラス アヤメ科 グラジオラス属 球根植物

別名 オランダアヤメ



ダッチアイリスも別名がオランダアヤメでしたね

ややこしいよ・・・

グラジオラス (5)   
(黄色いグラジオラスの花 July 25)

グラジオラス (4)
(真っ赤なグラジオラスの花とツボミ July 25)


ツボミや花のつき方を見れば 同じアヤメ科の

フリージアにも似ています

グラジオラス (1)
(黄色のグラジオラスの花の模様 July 25)


グラジオラスの花の中央の模様を見れば

やっぱりアヤメ(文目)に似ているよ

グラジオラス (8)(ピンク色のグラジオラスの後ろ姿 July 25)

グラジオラス (7)
(グラジオラスの葉は細長い July 25)


グラジオラスの名前は 

古代ローマの剣「グラディウス」に由来していて

葉が剣に似て細くて硬いからだって・・・!

ロマンチックな名前でよかったね (^_-)-☆

夏の楽しみ 毎日次から次へと新しい花を咲かせます         -ニチニチソウ(日日草)-

千日紅 百日草 とくれば 次はこの花ですね

珍しく 一本だけ ポツリと咲いていました

ニチニチソウ (4)
(葉っぱを見ればニチニチソウと分かります July 26)


ニチニチソウ(日日草) キョウチクトウ科 日日草属

別名 ビンカ



この花も ひとつの花の寿命は3~5日なんですが

次々に花が咲くので とっても花期が長いのですよ

ニチニチソウ (3)
だいやんの大の字に似た花もあったよ! July 26)


5弁花のように見えているけど 元は筒状の合弁花

ニチニチソウの花の形や色は とっても多彩なんです

でも日日草の葉をみれば 区別はできるよ!

ニチニチソウ (6)
(このようなフリルのついた花もあります July 27)

 ニチニチソウ (2)  ニチニチソウ (1)
(幅の広いニチニチソウの花 July 26)

 ニチニチソウ (7)  ニチニチソウ (8)
(白や濃いピンク色もあります 昨年7月)


日日草もキョウチクトウ科なので 薬にもなるんだけれど

全草が有毒と考えてね!

間違って食べたりすると 

嘔吐や下痢では済まないそうですよ・・・! |д゚)

花期の長い夏の花 中央の花は成長しつづけるんだよ         -ヒャクニチソウ(百日草)-

昨年と同じ時期に またこの花と出会いました

千日紅のようには長くはないけれど 

この花も長い間 咲き続けます

今回は 中央にある筒状花を じっくりと観察するね

ヒャクニチソウ (2)
(今年も元気に咲いています 百日草です July 26)


ヒャクニチソウ(百日草) キク科 ジニア属


キク科の特徴だけど 花の周りの舌状花と

花の中央に集まる筒状花の2種類の花がついています

ヒャクニチソウ (5)
(ピンク色の舌状花と黄色の筒状花がついています)

ヒャクニチソウ (3)(こちらは白色の舌状花です July 26)


中央の筒状花をクロースアップしてみるね・・・

ヒャクニチソウ (7)
(百日草の筒状花には花粉がいっぱいです July 26)

ヒャクニチソウ (4)(筒状花は5つに裂けています)

ヒャクニチソウ (6)(百日草の筒状花の全体 July 26)

ヒャクニチソウ (1)
(こちらは白い百日草の筒状花 July 26)


ヒャクニチソウの筒状花は まだまだ成長を続けて

長く上に伸びていくのですよ  
最後には 

雌しべの柱頭だけがリボンのようになって残るそうです

その間 舌状花も頑張って散らずによく付いている

まだまだ先は長いよ・・・頑張ってね 舌状花さん!



千日紅に似ているけれど 少し感じが違います・・・                -キバナセンニチコウ(黄花千日紅)-

千日紅に似たような花が咲いていました

似ているけれど 何となく違う感じがします 

何という名前だろう・・・?

キバナセンニチコウ (2)
(千日紅に似ているけれど どこか違う・・・July 23)


キバナセンニチコウ(黄花千日紅) ヒユ科 千日紅属

別名 アメリカセンニチコウ



千日紅に こんな仲間の花があったのですね!

でも どこが千日紅と違っているのだろう・・・?

キバナセンニチコウ (3)
(キバナセンニチコウの花 July 23)


少し拡大すると 黄色い花が見えませんか・・・?

キバナセンニチコウ (5)
(キバナセンニチコウの本当の花は黄色い部分 July 23)


千日紅と同じく 赤くては何見えるのは 苞葉の集まり

本当の花は 少し顔をのぞかせている黄色い花なんです

だから 黄花千日紅っていうんだろうね!

キバナセンニチコウ (1)
(黄花千日紅は千日紅と違って花がまばらです July 23)


黄花千日紅の花も 花期がとっても長いのですが

花がどんどんと上に長く伸びて

だんだん 面長の花顔になっていくんだって!

そのときにまた 会いに行かないといけないね (^^)/


緑の中に濃いピンク色の花を一輪みつけたよ           -ダイアンサス(ナデシコ)-

緑一色の葉っぱの中に 濃いピンク色をした花を

一輪見つけました 

花びらの周りがギザギザして 見覚えがあるよ・・・

ダイアンサス(ナデシコ) (4)
(花弁の周りがギザギザと切れ込みがあります July 14)


ダイアンサス  ナデシコ科・属

別名 
ナデシコ(撫子)


ダイアンサスというのはナデシコ科・属の植物の学名で

ナデシコやセキチクなどの総称でもありましたね

ダイアンサス(ナデシコ) (1)
(ダイアンサスの花弁は5枚です July 14)


昨年紹介したダイアンサスとは

ちょっと雰囲気が違いませんか?

なぜか 野性味を感じます・・・

ダイアンサス(ナデシコ) (3)
(ダイアンサスの茎には節があるのが特徴です July 14)

ダイアンサス(ナデシコ) (2)(ダイアンサスの葉 細い披針形です)


母の日に贈るカーネーションもダイアンサスの仲間で

ナデシコ科・属です

かつてフランスで自生していたナデシコを品種改良した

ものが
カーネーションなんだって

トウモロコシの花ってどれだろう?              -トウモロコシ(玉蜀黍)-

茹でたてのトウモロコシって美味しいよね!

ところで トウモロコシの花ってどれだろう?

トウモロコシ (2)
(背が高くて頭にはススキのような花がつく July 19)


トウモロコシ(玉蜀黍) イネ科 トウモロコシ属


トウモロコシは同じ株に雄花と雌花をつけます

トウモロコシ (6)
(てっぺんにあるのがトウモロコシの雄花 July 19)

トウモロコシ(7)(トウモロコシの雄花 July 19)


イネ科なので ススキによく似た雄花をつけます

トウモロコシ (4)
(真ん中あたりについたヒゲのようなものが雌しべ)


そうなんです

トウモロコシの実の頭にあるフサフサした毛のような

ものが雌花から出た 雌しべ なんです!

トウモロコシ (3)
(トウモロコシの実と雌しべ July 19)


トウモロコシは世界の三大穀物のひとつ

に数えられています

三大穀物とは: 稲(米) 小麦  玉蜀黍


ここでクイズです・・・

世界でいちばん生産量の多い穀物はどれでしょう?


答えは

トウモロコシ(約7億トン)なんです

小麦は約6億トン お米もアジア中心に約6億トン

でも 

トウモロコシの生産量の1/3は家畜用飼料になっています


水辺に紅紫色の6弁花  でも禊(みそぎ)って何のこと?          -ミソハギ(禊萩)-

水辺に紅紫色の穂状花が咲いていました

きれいな色の花だな・・・ 何という名前だろう?

ミソハギ (4)
(紅紫色の穂状花序をつけた花です July 16)


ミソハギ(禊萩) ミソハギ科・属

別名 ミゾバナ(溝花);ボンバナ(盆花)

   ショウリョウバナ(精霊花)


ミソハギ科って サルスベリもそうだったですね

ミソハギ (3)
(ミソハギの花弁は6枚 雌しべが長く突き出ています)


ミソハギの雄しべは長短6本ずつあって

花によっては 雌しべより長いものもあるそうです

ミソハギ (6)
(ミソハギの花弁は筒状の萼に包まれている July 16)

 ミソハギ (2)  ミソハギ (1)
 (ミソハギの花と葉 July 16)

ミソハギ (7)
(ミソハギの咲き姿 July 16)


禊萩っていう名前からも想像できると思うけど

ある地域で この花の花穂に水をつけて供物に水を

かける風習
があって 禊(みそぎ)を連想させる

ことから名付けられたそうです

禊(みそぎ)は神事に当たるための用意として

心身を清めておくことで 
海や川の水が使われます


だから お寺や神社にお参りするときには

まずは手水舎(ちょうずしゃ)で 

口や手をすすぎ清めるのですね・・・

お好きな花をどうぞ!                  -索引(7月20日)-

これまでに掲載した花の索引です

気になる花があったら クリックしてご覧くださいね 
(^_-)-☆



a_ilst127.gif

好きな花を選んでくださいね!

「カテゴリ」の「索引」をクリックすれば いつでも見られるよ
ア行
アイビー
ゼラニウム
アオバナアカツメグサアカツメ
グサ(2)
アカバナ
ユウゲショウ
アガパンサスアカマンマアカメガシワ
アクイレギアアグロ
ステンマ
アゲラタムアキザクラ
アザミアサギ
ズイセン
アザレアアジサイ
アジサイ(2)アジサイ(3)アシビ
アセビアスター
(八重咲)
アネモネアネモネ(2)
アプテニアアブラナアマ
アマリリスアメジスト
セージ
アメリカ
オニアザミ
アメリカ
ヤマボウシ
アヤメアラセイトウアノマティカ
・ラクサ
アミノキ
アリウムアリッサムアルスト
ロメリア
アクロ
クリニウム
イカリソウイチゴノキイヌサフランイヌタデ
イヌマキイフェイオンイベリス
イロハモミジインクベリーインパ
チェンス
イワイバナ
ウインド
フラワー
ウエスト
リンギア
ウキツリボク
ウサギノオウッコンコウウンナン
オウバイ
ウンナン
ソケイ
エキナセアエケベリアエゾ
ウスユキソウ
エノコログサ
エノテラエリカエリゲロンエンメイギク
オースト
ラリアン・
ローズマリー
オウシュウ
キンポウゲ
オウチオウレン
ダマシ
オオ
アラセイトウ
オオイヌノ
フグリ
オオイワ
ウチワ
オオカッコウ
アザミ
オオキバナ
カタバミ
オオ
キンケイギク
オオベニ
ウツギ
オオ
マツユキソウ
オギザリス
・ポーウィー
オキザリス
・プルプレア
オキザリス・
ペスカプラエ
オキナグサ
オキュウクサオギョウオシロイバナオステオ
スペルマム
オダマキオトメ
ギキョウ
オニタビラコオニノ
シコグサ
オニグルミオランダ
アヤメ

                                                                                       
カ行
ガーリックガウラカガリビバナ
カキツバタガクアジサイカクトラノオ
カゲツカゲツ(2)ガザニアガザニア(2)
カタバミカナメモチカネノナルキカミソリノキ
カラーカラスノ
エンドウ
カリステモンガリル
ガーデン
プリムラ
アラカルト
カリフラワー
・ロマネスコ
カレンデュラカワラ
ナデシコ
カンガルー
ポー
カンパニュラカンパニュラ
(2)
カンヒザクラ
キキョウキキョウ
カタバミ
キチジョウ
ソウ
キチジョウ
ソウ(2)
キツネノ
テブクロ
キバナ
コスモス
キバナ
ランタナ
キブネギク
ギボウシキミドリ
サンゴ
キャンディ
タフト
キョウチク
トウ
キュウリグサギョリュウ
バイ
キリンギク
キンギョソウキンギョソウ
(2)
キンセンカギンバイカキンポウジュ
キンモクセイギンヨウ
アカシア
ギンヨウ
アカシア(2)
キンランジソ
クサイチゴクサ
サンタンカ
クスノキ
クチナシグチナシ(2)グビジンソウクリ
クリサンセマム
・ノースポール
クリサンセマム
・バルドーサム
クリスマス
カクタス
クリサンセマム
・ムルチコーレ
グリーン
ネックレス
クリスマス
ローズ
クロコスミアクロサンドラクローバークンショウ
ギク
ケイトウケカラスウリケシアザミケマンソウ
ゲンペイ
コギク
コウテイ
ダリア
ゴギョウ
ゴクラク
チョウカ
コゴメヤナギゴシキ
トウガラシ
コシキブコシキブ(2)コスモスコダチダリア
コチョウカコバノ
ランタナ
コブシコマユミ
コムラサキコムラサキ(2)コムギ
センノウ
コモチ
マンネングサ
コリウスコルチカムコンボル
ブルス
コンボル
ブルス(2)
コンロンカ


サ行
サイネリアサクラソウザクロサザンカ
サツキサルスベリサルスベリ(2)
サルビアサルビア・
レウランサ
サンガイグサ
サンカヨウサンサシアサンシキ
スミレ
サンシ
クヨウソウ
シオンシキズイセンジギタリスシクラメン
シシウドシチヘンゲシデコブシシナ
レンギョウ
シネラリアシバザクラシバザクラ(2)
シモクレンシモツケ
ジャーマン
アイリス
シャーレー
ポピー
シャガシャクナゲ
シャコバ
サボテン
シャスター
デージー
シャミセン
グサ
シャリンバイ
ジュウガツ
ザクラ
シュウメイ
ギク
シュッコン
アスター
シュラン
ショウジョウ
ボク
ショカツサイシランシロタエギク
シロツメグサシロバナ
ヒガンバナ
ジンジソウジンチョウゲ
スィート
アリッサム
スイセン
(日本水仙)
スイセン
(ガリル)
スイセンノウ
スイバスイフヨウスイレン
スカンポスギスズラン
スイセン
ストックストック(2)ストレリチアスナップ
ドラゴン
スノー
フレーク
スペアミントスミレスモーク
ツリー
セイタカアキノ
キリンソウ
セイタカ
アワダチソウ
セイヨウ
アブラナ
セイヨウ
アマナ
セイヨウ
サンタンカ
セイヨウ
ヒイラギ
ナンテン
セイロン
ライティア
セイヨウ
オダマキ
セイヨウ
キンシバイ
セイヨウ
サクラソウ
セイヨウ
ヤブイチゴ
セキチクセト
クレアセア
ゼフィ
ランサス
ゼラニウムゼラニウム(2)センジュセンダン
セントウソウセンニチコウセンニチソウセンリョウ
ソシン
ロウバイ


タ行
ダイアンサスダイアンサス
(2)
タイショウ
クサ
タイツリソウ
ダイモンジ
ソウ
ダイモンジ
ソウ(2)
ダイヤモンド
リリー
タイリン
キンシバイ
タイワン
ホトトギス
タイワン
レンギョウ
ダスティー
ミラー
タチツボ
スミレ
タチバナ
モドキ
ダッチ
アイリス
タニウツギ
タマスダレタラノハ
ダリア
ダリアダンギク
チェリー
セージー・
ホットリップス
チャイニーズ
イエローバナナ
チュウキン
レン
チョウメイ
ギク
チューリップチロリアン
ランプ
ツキヌキ
ニンドウ
ツタバ
ゼラニウム
ツツジツバキ
ツユクサツリフネソウツル
ニチニチソウ
ツワブキ
ディプラ
デニア
ディモル
フォセカ
デージーデュランタ
テングノ
ハウチワ
テンジク
ボタン
デンマーク
カクタス
ドイツアヤメドイツアザミトウ
ネズミモチ
ドクダミトケイソウトネリコバノ
カエデ
トレニア


ナ行
ナガミ
ヒナゲシ
ナズナナタネナツスミレ
ナデシコナニワイバラナノハナナンテン
ナンテン(2)ニオイ
バンマツリ
ニシキギニシキジソ
ニチニチソウニチニチソウ
(2)
ニホン
サクラソウ
ニホン
ズイセン
ニワナズナ
ネグンド
カエデ
ネコジャラシネジバナネジリバナ
ネズモドキネムノキネムノキ(2)
ネリネノアザミノイバラノウゼン
カズラ
ノゲシノコンギクノジスミレノダフジ
ノースポールノバラノボリフジノボロギク


ハ行
ハートカズラパープル
ハート
ハイビスカスハエマンサス
ハクチョウ
ソウ
ハグマノキハクモクレンハコネウツギ
バコパハコベハコベラハゴロモ
ジャスミン
ハスハツユキ
カズラ
ハナアカシアハナウリグサ
ハナカタバミハナカンザシハナキリンハナ
キンポウゲ
ハナ
スベリヒユ
ハナダイコンハナツメクサハナツメグサ
(2)
ハナニラハナミズキハボタンハナトラノオ
ハナツルソウハハコグサハマギクハヤザキ
スイセン
バラハリマツリハルジオンハルノノゲシ
ハンカチノ
ハナ
パンジー
ヒイラギヒオウギ
アヤメ
ビオラヒガンバナ
ヒゴロモソウビスカリアヒデリソウヒナギク
ヒナゲシヒネムヒペリカム
・ヒドコート
ヒペリカム・
カリシナム
ヒマラヤ
ユキノシタ
ヒメ
オドリコソウ
ヒメ
キンギョソウ
ヒメ
キンシバイ
ヒメジョオンヒメツルソバ
ヒメヒオウギヒメヒオウギ
ズイセン
ヒメヒマワリ
ヒャクニチ
ソウ
ピラカンサピラカンサ・
ローズテール
ヒルガオ
ヒルザキ
ツキミソウ
ヒメ
リュウキンカ
ビンボウカズラフウセン
カズラ
フウセンダマ
ノキ
フウセン
ダマノキ(2)
フウセン
トウワタ
フウセン
トウワタ(2)
フウリンソウフウリン
ブッソウゲ
フサザキ
ズイセン
フジ
フジバカマブタノ
マンジュウ
ブッソウゲブドウ
ヒアシンス
フヨウフヨウ
カタバミ
フラックス
ブラシノキブラック
ベリー
フランネル
ソウ
フリージア
プリムラブルーベリープルンバゴフレンチ
マリーゴールド
ベゴニアベニゴウカンベニバナ
オキナグサ
ベニラン
ベビーサン
ローズ
ヘビウリペラペラ
ヨメナ
ヘリアンサス
ベルゲニアベルフラワーベルベット
セージ
ヘレボルス
・ニゲル
ヘリクリサムベツレヘム
の星
ペンタスペンペングサ
ポインセチアボケホソバ
トキワサンザシ
ホタルブクロボタンイチゲホタルグサ
ポーチュラカポット
マリーゴールド
ホトケノザポリゴナム


マ行
マーガレットマーガレット
(2)
マガリバナマキ
マタタビマタタビ(2)
マツバギクマツバボタンマツヨイグサ
マユハケ
オモト
マユミマリーゴールドマリーゴールド
(2)
マリーゴールド
(3)
マルバ
ルコウソウ
マンジュ
シャゲ
マンデビラ
マンリョウミズバショウミズバショウ
(2)
ミズヒキ
ミツガシワミツマタ
ミドリハッカミドリノスズミモザ
アカシア
ムギセンノウムクゲムスカリムセラ・
ラシオカルパ
ムラサキ
ウンラン
ムラサキ
カタバミ
ムラサキ
ケマン
ムラサキ
クンシラン
ムラサキ
ゴテン
ムラサキ
ツメグサ
ムラサキ
ツメグサ(2)
ムラサキ
ツユクサ
ムラサキ
バレンギク
ムラサキ
ハナナ
ムルチコーレメキシカン
ブッシュセージ
メヒシバメラン
ポジウム
モクレンモジズリモミジモミジ(2)
モミジバ
ゼラニウム
モミジバ
ダイモンジソウ
モント
ブレチア


ヤ行~ワ行
ヤエクチナシヤグルマギクヤツデヤハズ
エンドウ
ヤブガラシヤブケマンヤブツバキヤブラン
ヤマト
ナデシコ
ヤマブキ
ヤマボウシヤマブリヤメツヒメユーフォルビア
・ダイアモンド
フロスト
ユウゲショウユウゼンギクユキハナソウユキモチソウ
ユキヤナギユリアザミユリオプス
デージー
ユリズイセン
ヨウシュ
ヤマゴボウ
ライスフラワーラグラス
ラブチェーンラベンダーランタナラナン
キュラス
リアトリスリクニスリナリアリナム
リュウキュウ
ヤナギ
リュウキンカリンドウ
ルピナスルリマツリルリヤナギ
レプト
スペルマム
レブン
ウスユキソウ
レンギョウレンゲローズ
ローダン
セマム
ロニセラロマネスコワスレナグサ


随想・特集
友との惜別お正月の縁起物1日花(スベリヒユ科)1日花(アオイ科)
1日花(ツユクサ科)1日花(アカバナ科)1日花(ヒルガオ科)

ローソクのような花には蜜がいっぱいだよ                     -ヤブガラシ(藪枯らし)-

公園の空き地に 平面状に広がった おもしろい花を

見つけました   何という名前だろう?

ヤブガラシ (9)
(緑色した花序にチラホラと角のある花が July 14)


ヤブガラシ(藪枯らし) ブドウ科 ヤブカラシ属

別名 ビンボウカズラ(貧乏葛)



名前の印象とは違って じっくり見ると綺麗な花です

ヤブガラシ (5)
(ローソクの芯のようなものは雌しべです July 14)


ヤブガラシの花は緑色をしていて 4枚あり

雄しべも4本ありますが 

いずれも開花後 半日ほどで散ってしまうのです

ヤブガラシ (4)
(緑色の4枚の花びらは開花後わずか半日で落ちます)

ヤブガラシ (3)
(花弁の次に4本の雄しべもすぐに散ってしまいます)


花弁と雄しべが散った後は ローソクの芯のような

雌しべが残るだけ・・・


ヤブガラシ (2)
(花弁と雄しべが散った後のヤブガラシの花 July 14)


ヤブガラシ (8)
(ヤブガラシの花には密がいっぱい 蜂や蝶を誘います)


ヤブガラシはツル(蔓)性の植物です

ヤブガラシの蔓
(大きな木に巻き付くヤブガラシ July 14)

 ヤブガラシ (7)  ヤブガラシ (6)
 (ヤブガラシの葉は5枚の鳥足状複葉)


それにしても 

藪枯らしや貧乏葛というのは変な名前ですね どうして?

それは・・・

藪(やぶ)すら覆って枯らしてしまうほどの

旺盛な繁殖力から来たそうです

完全除去がとっても難しい雑草なんだって


でも 茎や葉を乾燥すると 烏歛苺(ウレンボ)という

利尿 解毒 鎮痛などに効果がある生薬になるんですよ!


ピンク色の小花が らせん階段のように咲いています             -ネジバナ(捩花)-

ほっそりした茎に ピンク色の小花が

スパイラル(螺旋)状に 咲いています

おもしろい花だな  何という名前だろう・・・?

ネジバナ (5)
(らせん階段のようについたピンク色の小花 July 11)


ネジバナ(捩花) ラン科 ネジバナ科

別名 モジズリ(捩摺);ネジレバナ;ネジリバナ


ネジバナ (4)
(ネジバナは花茎もねじれています July 11)


ネジバナの小花は まさしく蘭(ラン)の顔をしています

ラン科の花には珍しく 芝生や公園に普通に見られます

ネジバナ (8)
(このネジバナは右巻きです July 11)

ネジバナ (3)
(こちらのネジバナは左巻きです July 07)


アサガオの蔓は左巻きというのは有名ですね

でも ネジバナは 左巻きと右巻きが

ほとんど同じ割合で現れるそうです


ネジバナ (1)
(ネジバナの花 July 07)

ネジバナ (7)
(ネジバナの咲き姿 July 11)

ネジバナ (6)(ネジバナの葉 July 11)


ネジバナ・・・とっても興味深い花ですね

私は初めて出会いました

あなたは見たことがありましたか・・・?

今年も咲きました紫色の花 宿根ってなあに?       -シュッコンアスター(宿根アスター)-

昨年買った花が 今年も咲きました

名前は分かるんだけれど 宿根って何のことかな・・・?

シュッコンアスター (2)
(今年も元気に咲きました八重咲きのアスター July 12)


シュッコンアスター(宿根アスター) キク科

              アスター属(シオン属)

別名 ユウゼンギク(友禅菊)

   ミケルマスデージー; ニューヨークアスター


シュッコンアスター (3)
(宿根アスターの花 July 12)

シュッコンアスター (5)
(宿根アスターの花の横顔 July 12)

シュッコンアスター (1)
(宿根アスターの葉 July 12)


よく似た花に アスター(エゾギク)がありますが

こちらは1年草で 宿根アスターとは属が違います


宿根(シュッコン)ってよく聞くけれど何のこと・・・?

多年草の一部で 草花が枯れても 根が生きていて

翌年また芽吹いてくるものが 宿根草
と呼ぶそうですね


枝にカミソリのような翼をもつ木                        -ニシキギ(錦木)-

花ではないんだけれど おもしろい木の枝を見つけました

まるでカミソリの刃のようなものが枝についています

何という名前の木なんだろう・・・?

ニシキギ (3)
(枝に薄茶色のヒレがついています July 11)


ニシキギ(錦木) ニシキギ科・属

別名 剃刀の木(カミソリノキ)


ニシキギ (4)
(薄い剃刀の刃のような翼 July 11)


秋の紅葉が見事で 錦(にしき)に例えられ

錦木(ニシキギ)と名付けられました

ニシキギ (7)
(ニシキギの葉と枝についた翼 July 11)


ニシキギは5月頃に 淡い緑色した小さな4弁花を

つけますが 目立たないそうです

ニシキギ (2)
(ニシキギの枝 July 11)


剃刀の刃のように見える部分は 硬いコルク質で 

枝に2~4枚の翼(よく)が伸長するのが特徴です

ニシキギ (1)
(ニシキギの木 京都にて July 11)


ニシキギの木は

カエデ(モミジ) スズランノキ と並んで

世界の三大紅葉樹に数えられています


昨年の秋に紹介したコマユミは このニシキギの仲間で

翼があるかないかだけの違い だそうです

昨年撮ったコマユミの紅葉の写真を載せるね!

コマユミ
(コマユミの紅葉 昨年Oct 25)


夏の緑にオレンジ色が鮮やかな花                     -ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)-

暑い本格的な夏の到来です

そんな夏の緑の中に この花のオレンジ色が鮮やかです

ヒメヒオウギズイセン (5)
(オレンジ色の花冠が6枚に裂けています July 12)


ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙) アヤメ科
               
          ヒメトウショウブ(姫唐菖蒲)属

別名 モントブレチア; クロコスミア


ヒメヒオウギズイセン (3)
(ヒメヒオウギズイセンの穂状花序 July 12)

ヒメヒオウギズイセン (4)
(ヒメヒオウギズイセンの花の後ろ姿 July 12)

ヒメヒオウギズイセン (1)
(ヒメヒオウギズイセンの花の雄しべと雌しべ)


ヒメヒオウギズイセンには雄しべが3本あって

雌しべの柱頭の先が3つに分かれています

ヒメヒオウギズイセン (2)
(ヒメヒオウギズイセンの草は先のとがった線形です)


ヒメヒオウギズイセンは とっても繁殖力が強いので

道端などで野生化していて よく見かけますよ


佐賀県では 条例で この花の栽培や

県内持ち込みが禁止されているそうです・・・

葉の池に浮かぶ睡蓮のような花               -ハナツルソウ(花蔓草)-

マツバギクにも似た花が咲いています

でも葉っぱの形が違うよ・・・?

綺麗だなぁ まるで葉っぱの池に浮かぶ睡蓮みたい・・・

ハナツルソウ (3)
(マツバギクに似ていますが葉っぱが違うよ July 04)


ハナツルソウ(花蔓草) ツルナ科(ハマミズナ科)

            アプテニア属 
の多肉植物

別名 ベビーサンローズ;アプテニア


ツルナ科なので マツバギクと同じ仲間の花でしたね

ハナツルソウ (2)
(花のつき方は松葉菊に比べてまばらな感じです)

ハナツルソウ (4)
(雨に濡れた感じが とっても素敵です July 04)

ハナツルソウ (5)
(名前の通り ハナツルソウは蔓で匍匐します)


ツルナ科(ハマミズナ科)の仲間の花としては 

マツバギクの他に この花が有名でしょうか・・・

この花の名前分かりますか? 春の花です

リビングストンデージー
(リビングストーンデージーも多肉質の葉です Apr 23)


リビングストンデージー(別名 ヘラマツバギク)
ですね


中でも 今日紹介した ハナツルソウの葉っぱが

いちばん素敵だと思いませんか? (^_-)-☆



何の花に似ているのかな? 赤紫色の花            -リアトリス-

赤紫色した花が並んでいます

フレンチラベンダーに似た感じの花です・・・

何という名前だろう?

リアトリス (1)
(フレンチラベンダーにも似た花です July 02)


リアトリス キク科 リアトリス属(ユリアザミ属)

別名 キリンギク(麒麟菊);ユリアザミ(百合薊)



リアトリスには 今回の花のように 

花穂が長く伸びる「槍咲き種」

花穂の短い「玉咲き種」の2種類があるそうです

リアトリス (4)
(リアトリスの花穂 July 02)


ひとつひとつの小花は星形(5角形)をしていて

それぞれの小花から2本の雌しべ(想像です)が

伸びています  この雌しべの出方が なんとなく

フジバカマの花に似ているような気がします・・・

リアトリス (5)
(リアトリスの小花は星形をしています July 02)


リアトリスの花は上から下に向かって咲いていきます

リアトリス (2)
(リアトリスの立ち姿 背丈は1m位あります July 02)


花は 身近なところに いろいろ たくさん あるけど

パッと見た印象(フレンチラベンダーみたい!)と

じっくり観察した後の印象(フジバカマに似ている!)

とが 全く違ったものになったりする・・・

おもしろいね! (*^-^*)


ユニークな白い花はアリさんの大好物           -フウセントウワタ(風船唐綿)-

昨年の出会いは 花の終わりかけの時期でした

今年は この花のいちばん元気な時期に再会したようです

蟻さんたちが 蜜を吸いに たくさん集まっています

フウセントウワタ2 (4)
(黒っぽい雄しべ?違うよ アリさんだよ July 02)


フウセントウワタ(風船唐綿) 

         ガガイモ科 フウセントウワタ属

別名 フウセンダマノキ(風船玉の木)



フウセントウワタ2 (6)
(フウセントウワタに群がるアリ July 02)

フウセントウワタ2 (7)
(アリさんが来ていないフウセントウワタの花 July 02)


フウセントウワタの花冠は5つに裂けていて

真ん中に副花冠が5片分かれてついています

フウセントウワタは花と同時に実もつけますよ

どんな実でしょうか・・・?

フウセントウワタ2 (1)
(フウセントウワタは花と実が同時期につきます)

フウセントウワタ2 (2)
(みずみずしい色合いのフウセントウワタの実 July 02)


フウセントウワタのガク(萼)は 花がツボミの間は

緑色したベレー帽のように見えますが 

花が開くと 外からは隠れてしまいますね

フウセントウワタ2
(フウセントウワタのツボミ 上についているのが萼)

 フウセントウワタ2 (5)  フウセントウワタ2 (3) 
(フウセントウワタの花と木 July 02)


花も実も とってもユニークなフウセントウワタ

あなたもこの花のファンになりましたか・・?(^_-)-☆


緑の中にチラホラと見える 赤い葉や白い葉               -ネグンドカエデとカナメモチ-

今日は七夕なのに 朝から雨が降っています ☔

織姫と彦星 今夜会えるかな? 心配だよ・・・


今回は 夏の緑の中に チラホラと見える

赤色や白色の葉っぱをつけた木を紹介します


緑の中に見えるのは 淡いピンク色と白色の葉です

何という名前だろう?

ネグンドカエデ (1)
(緑と白と淡いピンクの取合せが美しいね July 02)


ネグンドカエデ カエデ科 カエデ属

別名 
トネリコバノカエデ


カエデの仲間なの・・・?

でも葉っぱの形が全く違うよ!

ネグンドカエデ (2)
(ネグンドカエデの葉は羽状複葉です July 02)


このネグンドカエデには斑が入っていて

フラミンゴ」って呼ばれている品種です

ネグンドカエデ (3)
(ネグンドカエデの木の上部 July 02)


実は ネグンドカエデは 鳥の羽のような羽状複葉

を持つ 唯一のカエデ
なんですよ! 珍しいね・・・


こちらは 緑の中にチラホラと赤い葉が見えます

何という名前だろう?

カナメモチ (3)
(緑の中に赤い葉がチラホラ見える生垣 July 02)


カナメモチ(要黐) バラ科 カナメモチ属


生垣によく使われていて 春と秋に 枝先に

赤い新葉が出て 真っ赤に染まってきます

カナメモチ (2)
(カナメモチの赤い新葉 July 02)


カナメモチは5~6月に白い小さな5弁花を たくさん

つけるのですが 今年は見過ごしてしまいました

カナメモチ (4)
(カナメモチの木 July 02)


カナメモチの幹はとっても硬くて

扇の要(かなめ)や車軸などに利用されていたそうです


カナメモチ (1)
(少し赤い新葉が多く目立ちます July 02)


カナメモチの仲間に 新葉の赤色が強くなる

ベニアカメモチレッドロビンというのもありますが

細かな区別は難しいです・・・


緑一色になりがちな夏ですが 

目をじっと凝らして観察すれば いろいろな色の花や葉

が見えてくるので 飽きないね (^_-)-☆


夏の緑の中に チラホラと咲く白い花 赤い花            -トウネズミモチとネムノキ-

夏の野山は緑一色です

そんな中に チラホラと白い花や赤い花が見えれば

気持ちがほっこりしますね (^^♪


さて この白い花に覆われた木はなんでしょう?

5m以上ありそうな高い木です

トウネズミモチ (9)
(大きな木に白い花がたくさんついています July 02)


トウネズミモチ(唐鼠黐) モクセイ科 イボタノキ属


同じ仲間の木の ネズミモチによく似ていますが

花が咲く時期が トウネズミモチの方が遅いようです

トウネズミモチ (7)
(トウネズミモチの木の上部 July 02)

トウネズミモチ (5)
(トウネズミモチの花 遠目なのでぼやけています)

トウネズミモチ (8)
(トウネズミモチの花は円錐花序で雄しべは2本です)

 トウネズミモチ (4)  トウネズミモチ (3)
(トウネズミモチの葉と木の下部 July 02)


トウネズミモチの木は ネズミモチとは違って

中国原産の要注意外来植物なんです・・・


今度は 山の上の方に目を向けてみましょう

ネムノキ (4)
(緑の中に薄い紅色の花が見えます July 02)


ネムノキ(合歓の木) マメ科 ネムノキ属


ネムノキは夕方になると葉が閉じて眠るように見える

ので名付けられたようですね

ネムノキ (3)
(ネムノキの花 July 02)


昨年に近くで撮ったネムノキを載せますね

ネムノキ (2)
(ネムノキの花 長い糸状のものが雄しべ 昨年June 05)

ネムノキの花
(ネムノキの花 雄しべが放射状に広がっています)


ネムノキの花は 小花が十数個集まって 

ひとつの花のように見えているのですね


夏の緑の中に ちょっと色付いた木があれば

何の木かな・・・と調べてみようね!


ブドウのような秋の実も綺麗だけれど 初夏の花も可愛いね                   -コムラサキ(小紫)-

薄紫色した可愛い花が咲きかけています

何という名前だろう?

コムラサキ (6)
(ツボミが多いですがピンク色の可愛い花です July 02)


コムラサキ(小紫) クマツヅラ科 ムラサキシキブ属

別名 コシキブ(小式部)



昨年9月にコムラサキの実を紹介しましたが

1年越で コムラサキの花に出会えました (^^)/

コムラサキ (3)
(コムラサキの花 薄紫色というかピンク色 July 02)

コムラサキ (2)
(コムラサキの花は筒状ですが4つに裂けています)


コムラサキの仲間に ムラサキシキブ(紫式部)があり

とってもよく似ています  

でも 区別する簡単な方法があったのです

教えちゃうね・・・!

コムラサキの特徴
(コムラサキの花の柄と葉の柄の付け根が離れています)

コムラサキの葉
(コムラサキの葉の先の方の半分だけにギザギザがある)


ムラサキシキブ

① 葉の柄の付け根と 花や実の柄の付け根が

  くっついています

② 葉っぱの全周にギザギザがあります

コムラサキ

① 葉の柄の付け根と花や実の付け根が離れています

② 葉っぱの先の方の半分だけにギザギザがあります


でも やっぱり区別するのは 微妙な感じかな・・・


さあ 秋の実を見るのを楽しみにしましょうね!


北海道のエーデルワイス まさに雪の花です          -エゾウスユキソウ(蝦夷薄雪草)-

先月 新潟県の高山植物園で出会った

とっても美しい花を紹介しますね

映画「サウンドオブミュージック」に出てくる歌

「エーデルワイス」
って知っていますか?

この花は そのエーデルワイスの仲間で 

とってもよく似ています

エゾウスユキソウ (2)
(小さくて白い花 アルプの里高山植物園にて June 11)


エゾウスユキソウ(蝦夷薄雪草) キク科 薄雪草属

別名 
レブンウスユキソウ(礼文薄雪草)


エーデルワイスの別名が

セイヨウウスユキソウ(西洋薄雪草)といわれています

ともに背丈が10㎝~30㎝の小さな花です

エゾウスユキソウ (5)
(エゾウスユキソウの花 June 11)


エゾウスユキソの花は エーデルワイスの花と同じく

全体が白い綿毛で覆われていて 薄らと雪が積もった

ように見えて 
とても綺麗ですね・・・

白い花びらのように見えるのは苞葉で 苞葉の上に

頭花が5~20個くらいつきます

エゾウスユキソウ (6)
(丸くて黄色く見えるのがエゾウスユキソウの頭花です)

エゾウスユキソウ (4)
(エゾウスユキソウの黄色い筒状花が見えます)

エゾウスユキソウ (3)
(エゾウスユキソウの花の横顔です June 11)

 エゾウスユキソウ (1)
(黄色い筒状花が咲く前の頭花も薄雪に覆われたよう)


ヨーロッパのエーデルワイスに対して こちらは

北海道のエーデルワイスと言ってもいいですね (*^-^*)

子供の頃から 憧れに似た気持ちをもっていた

エーデルワイズの花を見たような気分がしました!


でも エゾウスユキソウは 環境省のレッドリストで

かなり危うい絶滅危惧種に登録されています・・・

大切にしたいですね

サルスベリの花ってどんなだろう?                     -サルスベリ(百日紅)-

今年も サルスベリ(百日紅)の花が咲き始めました

サルスベリ (2)
(サルスベリの花が咲きました June 28)


サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属


サルスベリは1年前にも紹介したけど

サルが滑るほどのすべすべした木肌と

花が咲く期間が長いこと が特徴でしたね

サルスベリの花 (2)
(ピンク色のサルスベリの花 June 28)


サルスベリの花をじっくりと観察してみましょう

サルスベリの花ってどの部分か分かりますか?

サルスベリの花 (3)
(これがひとつのサルスベリの花なんです)

サルスベリの花 (4)
(サルスベリの花弁は6枚 萼から長い柄がでています)

サルスベリの花 (1)
(雌しべは萼の中央にある子房から伸びています)


サルスベリの花は 雌しべが1本 長い雄しべが6本

丸い花弁は縮れていて6枚 そして

黄色い葯をつけた雄しべが多数 でもこれは受粉には

無関係で 虫を呼び寄せるだけの飾り雄しべなんですよ


どうでしたか? サルスベリの花って じっくり見れば

とっても興味深いですね! (^_-)-☆

カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて2年8カ月が経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR