黄色い花と緑色の葉 この純白色のものは何なの?             -コンロンカ(崑崙花)-

宇治からの帰り道に とっても面白い花

綺麗な花に出会いました  何だろう・・・?

コンロンカ (2)
(小さな黄色い花のよこの葉っぱが真っ白 June 24)


コンロンカ(崑崙花) アカネ科 コンロンカ属

別名 ハンカチノハナ(ハンカチの花)



この白いのは葉っぱでしょうか?

コンロンカ (1)
(コンロンカの白いものは葉ではなくて萼片なんですよ)


マタタビハンゲショウ(半夏生)は 

葉っぱが白くなるんだけれど コンロンカの

白くなっているところは萼片(ガクヘン)なんです

驚愕(キョウガク)しませんか・・・? ( ;∀;)

コンロンカ (5)
(コンロンカの緑色の葉の上にあるのが白いガク片です)

コンロンカ (3)
(コンロンカの花とガクと葉)


コンロンカは 葉の緑色と花の黄色とガク片の白色が

見事なコントラストをなしていますね

コンロンカは草ではなくて 蔓性の低木です

コンロンカ (4)
(コンロンカの木 1m位になるようです)


崑崙(こんろん)というのは 中国の黄河の源で

天界への入り口とされた神々が住む山のことで


コンロンカは 崑崙山に積もる雪にたとえて

名付けられたそうです

とっても神聖な植物なんですね!


スポンサーサイト

江戸時代の種から生まれた平等院の白い花                       -ハス(蓮)-

60年毎に繰り返される大修理を終えたばかりの

宇治平等院のあちらこちらに

真っ白い蓮の花が咲いていました

ハス(平等院) (1)
(平等院に咲く白い蓮の花 June 24)


ハス(蓮) スイレン科 ハス属


この平等院の白い蓮は 江戸時代後期の地層から発掘

された1粒の種から
見事に花をさかせたもので

平成11年の平等院における発掘調査での成果です

ハス(平等院) (4)
(白い蓮の品種名は「平等院」と呼ばれています)

ハス(平等院) (2)
(蓮の花 中央の緑色の部分が蜂の巣に似ています)


「ハス」という名前は 花托が蜂の巣に似ているので

「はちす(蜂巣)」が「はす」になったそうです

ハス(平等院) (6)
(蓮の花には多数の雄しべがありますよ June 24)


ハスの地下茎が「レンコン(蓮根)」

穴が通っているの蓮根は

「見通しが良い」といわれ縁起の良い野菜なんですよ

平等院鳳凰堂
(阿字池に面している平等院鳳凰堂 June 24)


ハスは 仏教と所縁の深い

インドやベトナムの国花になっています


宇治平等院鳳凰堂は東に向いているのですが

何故だか分かりますか・・・?

阿弥陀如来
(鳳凰堂の正面の格子窓から阿弥陀様の顔が見えます)


朝日を浴びた鳳凰堂内の阿弥陀仏のお顔を

民の人々が 格子窓越しに見ることができるのですね



ハスの花は早朝に開き 午後(3時頃)には閉じて

この開閉を3日間繰り返し
 

4日目には花びらが散る・・・

わずか3日間の儚い命なのはスイレンと同じですね


では ハスとスイレンの違いは何だったか・・・

覚えていますか?

答えはスイレン(睡蓮)のページを見てね!


葉っぱが特徴の夏の花木                             -キョウチクトウ(夾竹桃)-

夏になると 公園でこのピンク色の花をよく見かけました   

でも 最近は少なくなったような気がします・・・

キョウチクトウ (2)
(この花は何でしょう? 分かりますか? June 25)


キョウチクトウ(夾竹桃) キョウチクトウ科・属


葉の形が竹に似て 花が桃に似ているので

名付けられたそうですね

キョウチクトウ (4)
(キョウチクトウの八重の花 June 25)


キョウチクトウの花は白の一重が標準的だそうですが

こどもの頃から なぜかピンクの八重の花しか知りません

キョウチクトウ (3)
(キョウチクトウの花の真ん中にある綿のような付属体)


キョウチクトウの花も複雑な構造をしているようで

雌しべが外からは なかなか見えません・・・

キョウチクトウ (1)
(キョウチクトウの花 June 25)

キョウチクトウ (5)
(キョウチクトウの花とツボミ)

キョウチクトウ (6)
(公園のキョウチクトウの木 June 25)


キョウチクトウって全草に強い毒性があるので

決して口に入れたらダメですよ

この枝を 箸や串代わりに利用して中毒を起こした例が

報告されているとのことです


だからかなぁ・・・? 

最近あまり公園でも見られなくなってしまったのは (;_;)

ピンク色の可愛い花も 三つ葉には要注意               -ムラサキカタバミ(紫片喰)-

空き地に可愛いピンク色の花が咲いていました

この三つ葉に 見覚えがあるよ・・・

ムラサキカタバミ (2)
(小さなピンク色の花 この三つ葉が特徴です June 25)


ムラサキカタバミ(紫片喰) カタバミ科・属

別名 
キキョウカタバミ(桔梗片喰)


4月に紹介したカタバミの仲間で

背丈が20㎝位と小さい花です

カタバミの花は黄色ですが 

こちらは紫色というかピンク色ですね

そして 花の中央部分が緑色しているのが特徴です

ムラサキカタバミ (3)
(ムラサキカタバミの花の中央付近が緑色だよ)

ムラサキカタバミ (4)
(ムラサキカタバミの花の中央部 June 25)

ムラサキカタバミ (1)
(ムラサキカタバミの花の横顔です June 25)


ムラサキカタバミは要注意外来生物に指定されていて

見つけたら 抜き取ったり 刈り取ったりするんだけど

他のカタバミと同じく 

とっても駆除が難しい植物なんですって

やっかいだね・・・! (;_;)


霞か雲か それとも煙か 何の木なの?                 -スモークツリー-

木からモクモク 煙のようなものが・・・

何という名前だろう?

スモークツリー (1)
(モクモク 煙の木でしょうか? June 13)


スモークツリー   ウルシ科 ハグマノキ属

別名 ハグマノキ(白熊の木);煙の木;霞の木



まさに名前の通りの木でしたね

スモークツリー (4)
(スモークツリーの花が終わった姿です)


スモークツリーの花は この1か月ほど前に

淡緑色の小さな花を咲かせていたようなんです・・・

花が終わった後の花穂が 写真のように煙のように

見えるのが特徴なんだそうです

スモークツリー (3)
(スモークツリーの花柄が長く伸びています)


先月 ウサギノシッポというニックネームをもった

ラグラスという モコモコした花を紹介したけど

このスモークツリーのモコモコは 

スケールが数段違うように思えるね・・・!

スモークツリー (2)  スモークツリー (5)  スモークツリー (7)
(スモークツリーの花穂と葉 越後丘陵公園にて)


この綿菓子にもにたスモークツリーは生け花にも

よく使われるようですね

アカツメグサと間違えないでね 愛しき花 心の花です                      -ノアザミ(野薊)-

パッと見れば アカツメグサと間違えそうな花です

でもアカツメグサの花の下には三つ葉があり

この花のすぐ下には大きな総苞(花全体を包むもの)

があります

ノアザミ (1)
(花の下の総苞がアザミの花の特徴です June 13)


ノアザミ(野薊) キク科 アザミ属


1年前に紹介した アメリカオニアザミ に比べると

随分とスリムで 刺々しさが少ないですね

ノアザミ (3)
(ノアザミの花 June 13)


アザミの花には キク科なのに 菊の花びらのような

舌状花はなくて 筒状花しかありません

アザミの花の色は ふつうはピンク色か紫色ですが

珍しい白色のノアザミに出会いました

ノアザミ (5)
(白いノアザミの花 越後丘陵公園にて June 13)

ノアザミ (6)  ノアザミ (7) ノアザミ (8)
(白いノアザミと   総苞と      葉)


またノアザミの園芸種ドイツアザミと呼んでいます

最近 よく見かけます

ドイツアザミ (1)
(ノアザミの園芸種 ドイツアザミ June 02)


ノアザミを見ていると 「あざみの歌」の歌詞が

少しばかり理解できそうです

  いとしき花よ 汝はあざみ

  こころの花よ 汝はあざみ ・・・



最後にもうひとつ

昨年 独立を問う住民投票が行われた国

スコットランドの国花がアザミなんですよ

どのような歴史的経緯があったのかな・・・?
 
 

空地に一番乗りの木 今が盛りに花を咲かせて               -アカメガシワ(赤芽柏)-

道端の山裾から枝を伸ばして 今を盛りにと丸い淡黄色の

可愛い花を咲かせている木を 最近 よく見かけます

ギンヨウアカシアの花を淡くしたような花です

アカメガシワ (4)
(淡い黄色い花を咲かせて 今が見頃です June 20)


アカメガシワ(赤芽柏) トウダイグサ科 赤芽柏属


新芽が赤く 葉が柏のように大きくなるので

赤芽柏と名付けられたそうです

アカメガシワ (2)
(アカメガシワの花は今が見頃ですね June 20)


アカメガシワは雌雄異株で 今回出会ったのは雄株

花糸を伸ばしているのは雄しべ

虫を誘っているのですね・・・

アカメガシワ (3)
(アカメガシワの雄花 June 20)

アカメガシワ (5)  アカメガシワ (1)
(アカメガシワの木と葉 June 20)


今朝 アカメガシワの雌花を見つけました!

高い枝についていたので写真が撮りにくかった・・・

アカメガシワの雌花
(アカメガシワの雌株の木についた雌花 June 23)


アカメガシワは 少し前には自宅の前の溝に根を張って

葉っぱを伸ばし 花をつけていたのです

そのときは 雑草だと思って切ってしまいました・・・

アカメガシワ (6)
(家の前の溝の隙間から顔を出した赤芽柏 June 01)


アカメガシワには ひとつ特技があるようです

それは 

空き地や伐採地があると 真っ先に侵入して根を張る 

だから

パイオニア植物の典型 と呼ばれているんですって

逞しい木だね!

アジサイの本当の花を見つけたよ                   -アジサイの真花-

尾瀬から離れて 身近で出会う花の紹介に戻るね

アジサイの花弁に見えるのは「萼(ガク)片」

でした  それでは

アジサイの本当の花はどれでしょう・・・?

アジサイの真花 (3)
(アジサイの装飾花が咲きました June 20)


ガクアジサイ(額紫陽花)の花は綺麗に咲いていましたね

普通のアジサイの装飾花が 開花していました・・・

エッ・・・??

他のアジサイでもチラホラと装飾花が咲いていました

アジサイの真花 (2)
(白のアジサイの装飾花も開花していました June 20)

 アジサイの真花 (4)
(花弁が5枚で雄しべも雌しべも見えますね June 20)


退化しているので咲かないと思っていた装飾花が咲いた

のを見るのは初めてでした・・・


いろいろと調べてみると アジサイの本当の花(真花)

は萼片の裏側についている
 とありました

さっそく庭に出てアジサイの萼片を広げてみました

アジサイの真花 (1)
(アジサイの真花は萼片の内側にありました June 20)


ありました! 装飾花が開いたのと同じ形の花ですね

アジサイの真花 (6)
(アジサイの真花 まだツボミもありました)


アジサイの装飾花と真花を図示してみるね

装飾花と真花    
(アジサイの装飾花と真花 June 20)


ネットの情報でのアジサイの花の紹介内容はさまざまです

誤解もたくさんあります・・・


アジサイには装飾花と真花がある こと

装飾花も 時には開花して真花と同じ姿を見せる こと



どうですか?  あなたは知っていましたか?

私は今日まで ちっとも知りませんでした ( ;∀;)





尾瀬で氷河期の遺存植物を見つけたよ ヒゲのある白い花             -ミツガシワ(三槲)-

尾瀬ケ原の水中に 大きな三つ葉をもった

小さな白い花を見つけました

ミツガシワ (4)
(水中に咲く白い花 三つ葉が大きいね June 12)


ミツガシワ(三槲) ミツガシワ科・属


3枚の葉が柏の葉に似ているので 名付けられたとか

これも尾瀬の名物花のひとつです

ミツガシワ (5)
(ミツガシワの白い花 白いヒゲが見えますね)

ミツガシワ (6)
(ミツガシワの白い花 ツボミは淡いピンク色です)


尾瀬の食害・・・ニホンジカ(鹿)がミツガシワの

地下茎を掘り起こして食べてしまう 

という問題が深刻で 

鹿が入らないようにと 金網の囲いも見られました

ミツガシワ (1)
(ミツガシワの花と大きな三つ葉)

ミツガシワ (2)   ミツガシワ (3)
(ミツガシワの花の横顔と三つ葉)


ミツガシワは氷河期の遺存植物のひとつ なんだって!

想像するのが難しいんだけれど

DNAが1万年もの間 進化せずに変わっていない

ってことなのかな・・・?


新緑の中に咲くピンクの花の雌しべが長いね              -タニウツギ(谷空木)-

尾瀬の山側にピンク色した花をつけた木がありました

綺麗な花だな・・・

タニウツギ (2)
(緑の中にピンク色の花をつけた木 June 12)


タニウツギ(谷空木) スイカズラ科 タニウツギ属

別名 ベニウツギ(紅空木)



先月紹介した ハコネウツギ の仲間です

タニウツギ (4)
(タニウツギの花 全部きれいなピンク色です)


タニウツギはハコネウツギのように色が変わることは

なくって 最初からずっと きれいなピンク色です

タニウツギ (3)
(タニウツギの花 花柱がとっても長いですね)

タニウツギ (6)
(タニウツギの花は漏斗状で5つに裂けています)


タニウツギの花は 雌しべが長くて

漏斗状・・・ ハコネウツギの花に似ているよね

タニウツギ (1)  タニウツギ (8)
(タニウツギの葉と木 June 12)


緑に囲まれた山道で このようなピンク色の花を見ると

とっても気持ちがなごみます・・・ (*^-^*)



カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR