夏の実りが楽しみな白やピンクの5弁花                  -ブラックベリー-

庭の木に 白や淡いピンク色した5弁花

花には 雄しべや雌しべがたくさんついていました

見たことがある花の姿です・・・ 何だったかな?

ブラックベリー (1)
(白やピンクの5弁花 May 26)


ブラックベリー  バラ科 キイチゴ属

別名 セイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)



ブラックベリー (6)
(ブラックベリー 真ん中の薄い緑色の部分が雌しべ)


そうです! 前に紹介したクサイチゴによく似ています

ブルーベリー(ツツジ科)とは全く違う植物でしたね

ブラックベリー (7)
(ブラックベリーの花序 ツボミの姿がおもしろいね)

ブラックベリー (8)
(ブラックベリーの開きかけたツボミです)


ブラックベリーの葉は3出複葉です(いわゆる三つ葉)

 ブラックベリー (5)  ブラックベリー (2)
(ブラックベリーの蕊の付き方と葉)


ブラックベリーの実は 夏休み頃にたくさんできるよ

ビタミンCがたっぷりあって 酸味が強いようです

この夏も ジャムにして楽しみましょう!

スポンサーサイト

ツツジの次に街路樹を飾る花は白い5弁花                   -シャリンバイ(車輪梅)-

GWにはツツジが街路の生垣を飾っていましたが

今は白い5弁花が咲き始めました

シャリンバイ (8)
(生垣に白い花の集団が咲いています May 25)


シャリンバイ(車輪梅) バラ科 シャリンバイ属


シャリンバイ (10)
(シャリンバイの枝の分岐状況)


車輪梅の名前の由来は 花枝の分かれ方が 

車輪のスポークに似ていることからつけられたそうです


シャリンバイの花は ハコネウツギの花のように

時間の経過とともに ある変化が起こります・・・ 

何でしょうか?

シャリンバイ (5)
(先始めのシャリンバイの花 全体的に白い)

シャリンバイ (9)
(先始めのシャリンバイの花 花の蕊の下部は白い)

シャリンバイ (6)
(時間が経過した後のシャリンバイ 蕊の下部は赤いよ)

シャリンバイ (4)
(シャリンバイの円錐花序)


シャリンバイの蕊の下の方の色が 時間の経過と共に

白色から赤色に変わっていくのです・・・



分かりましたか?  おもしろいね!


ピンク色した4弁花の野草                         -ユウゲショウ(夕化粧)-

道端にピンク色した4弁花が風に揺れていました

ユウゲショウ (1)
(風になびくピンク色した野草  May 25)


ユウゲショウ(夕化粧) アカバナ科 マツヨイグサ属

別名 アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)


オシロイバナがユウゲショウと呼ばれ紛らわしいので

別名のアカバナユウゲショウと呼び区別されています

ユウゲショウ (3)
(ユウゲショウの花)

 ユウゲショウ (5)
(ユウゲショウの花の中心部)


夕化粧の花の雌しべは4つに裂けています

雄しべは8本あります

ユウゲショウ (4)
(ユウゲショウの花姿と葉)

夕化粧の背丈は50㎝くらいです

ユウゲショウ (2)
(ユウゲショウの茎 白い産毛が生えています)


同じマツヨイグサ属のマツヨイグサヒルサキツキミソウ

に花の形はよく似ていますね 

でも マツヨイグサは花の色が黄色で

ヒルサキツキミソウは花が2周りほど大きくて

花が上を向いているので 見分けられますよ

赤い花が孵化(ふか)したよ  -ブラシノキ-

昨日紹介したジギタリス(狐の手袋)とは違って

この花は まさに名前の通りにイメージできる花です

ブラシノキ (3)
(この花 何に見えますか? May 24)


ブラシノキ  フトモモ科 ブラシノキ属

別名 キンポウジュ(金宝樹); カリステモン

英語名 bottle brush(ボトルブラシ)


ブラシノキ (2)(3日前はこんな状態でした May 21)


今回はブラシノキの花の咲き始めを撮ることができました

ブラシノキの赤い花が まるで 鳥の孵化 あるいは 

昆虫の脱皮 のように生まれ出てきました!


ブラシノキ (5)
(ブラシノキの花のツボミ まだ赤色は見えないね)

ブラシノキ (1)
(ブラシノキの赤い花が顔を出してきました)

ブラシノキ (7)
(ブラシノキの赤い花がどんどん膨らんできましたね)

ブラシノキ (9)
(ブラシノキの誕生の瞬間です)

ブラシノキ (8)
(ブラシノキの花)

ブラシノキ (4)
(ブラシノキの花の拡大 赤い部分は雄しべの花糸です


どうでしたか?

ブラシノキの花の誕生の瞬間を見ていただけましたか?

 

斑点が少し不気味だな 紫紅色の筒状花                -ジギタリス-

紫紅色した筒状の花に 濃い斑点が少し不気味です・・・

ジギタリス (7)
(筒状の花の内側の濃い色の斑点が不気味 May 24)


ジギタリス  ゴマノハグサ科 キツネノテブクロ属

別名 キツネノテブクロ(狐の手袋)



ジギタリス (6)
(ジギタリスの花姿と葉 May 16)


ジギタリスは 背丈が1m位になります

きれいなピンク色のジギタリスも見つけました

ジギタリス (4)
(うすいピンク色をしたジギタリスの花 May 24)


ジギタリスは見た目が何か毒々しい感じがしませんか?

使い方によっては強心剤として薬になりますが

全草が有毒なので 私たちは扱いには注意しましょうね!

ジギタリス (2)
(ジギタリスの花序を横から見ました May 24)


ジギタリスは 別名「狐の手袋で」と呼ばれますが

英語でも fox glove(フォックスグローブ)って

いうのですね

どうイメージしたらいいのかな・・・?

花のイメージって 成る程!っていう分かりやすいのも

あるけど 考えさせられるようなのもあるね・・・


紫色の3弁花 これも1日花                      -ムラサキツユクサ(紫露草)-

道端や空地に 紫色した3弁花が咲いていました

ムラサキツユクサ (1)
(紫色の3弁花が数輪咲き ツボミもたくさん May 25)


ムラサキツユクサ(紫露草) ツユクサ科 
              トラデスカンチア属
 
背丈は50~90cm位の花なので

ツユクサ(20~30㎝)より随分と大きいですね

ムラサキツユクサ (6)
(ムラサキツユクサの3弁花 雄しべは6本)

ムラサキツユクサ (8)
(ムラサキツユクサの花の横顔)

ムラサキツユクサ (4)
(ムラサキツユクサの花の中心部)


ムラサキツユクサの雌しべは1本 雄しべは6本

根元に青くて細いヒゲがたくさん生えているよ

ムラサキツユクサ (2)  ムラサキツユクサ (9)  ムラサキツユクサ (7)
(ムラサキツユクサの花と立ち姿と群生の様子)


ツユクサと同じ科の花だけども随分と花の形は違います

でも ツユクサと同じく 

ムラサキツユクサも1日花なんですね

新緑の中ひと際目につく大木に白い花がいっぱい             -センダン(栴檀)-

いつもの散歩道の反対側に立っている大きなノッポの木

その大木に 何か白っぽい花が咲いているのが見えました

何の木なんだろう?

センダン (1)
(10mはありそうな大木に咲く白っぽい花 May 22)


センダン(栴檀) センダン科・属  落葉樹

別名 オウチ(楝); アミノキ



センダン (3)
(センダンの花が満開です May 22)


センダンは淡い紫色の5弁花です

センダン (8)
(センダンの花の雄しべ 合着して濃い紫色です)

センダン (6)
(センダンの花は複集散花序です)

センダン (6)  センダン (5)
 (センダンの花と葉)


「栴檀は双葉より芳し」っていう古い言葉があります

大成する人物は子供のころから優れた面を示す

という意味ですが

ここでいう「芳しい」花木は このセンダンではなくて

有名な白檀(びゃくだん)のことなんです

高貴な香りを放つ白檀を中国語で栴檀というそうです

ややこしいね・・・


オレンジ色の6弁花の名前が分かりました               -ヒメヒオウギ(姫緋扇)-

去年の5月 このブログでの お尋ね花 が

今年も他の花に混じって咲いていたのを見つけました

植木鉢に集めて 名前を調べたよ

ヒメヒオウギ (3)
(鮮やかなオレンジ色の6弁花です May 22)


ヒメヒオウギ(姫緋扇) アヤメ科 ラペイルージア属

別名 アノマティカ・ラクサ; ヒオウギアヤメ



フリージアの仲間の球根草です

ヒメヒオウギ (5)
(今年も見つけたヒメヒオウギの花序 May 16)

確かにヒメヒオウギの花のつき方は

フリージアに似ているね

ヒメヒオウギ (2)
(ヒメヒオウギの花の中心部)


下側の3枚の花びらに濃い紅色の斑があるのが特徴です

今朝 白いヒメヒオウギを見つけました

ヒメヒオウギ (6)
(白いヒメヒオウギの花 濃い紅色が魅力的 May 24)


 ヒメヒオウギ (4) ヒメヒオウギ (7)
(ヒメヒオウギの葉は剣状です)


去年出会って 名前も分らないままに

1年間も経ってしまいましたが ようやく名前が分かって

それも とっても可愛い名前・・・

ほんとに良かったです! (*^^)v


白からピンク色 そして紅色に変化する花                -ハコネウツギ(箱根空木)-

空き地にジンチョウゲの花のように肉厚の白い花を

つけた木を見かけたと思った 数日後には

花の色が次第にピンク色から紅色へと変わっていました

ハコネウツギ (5)
(白やピンク色の花が木に咲いていました May 21)

ハコネウツギ (1)
(数日前の花は 全部が白色でした May 15)


ハコネウツギ(箱根空木) スイカズラ科 タニウツギ属


ハコネウツギの花の色は 白からピンク色 そして紅色と

変化しますが 同じ株に3種の花が 色々な組み合わせで

ついています


その変化の様子を紹介するね

ハコネウツギ (6)
(ハコネウツギのツボミ 全部白色です)

ハコネウツギ (7)
(ハコネウツギの白い花とピンクの花)

ハコネウツギ (9)
(ハコネウツギの花のピンク色が次第に濃くなります)

ハコネウツギ (4)
(このように 色々な花の組み合わせが見られます)

ハコネウツギ (3) ハコネウツギ (2) ハコネウツギ (8)
(ハコネウツギの白い花 ピンクの花 紅色の花)


ハコネウツギの隣に 背丈の高い木が立っていて

ピンク一色の花が咲いていましたが これは

オオベニウツギ(大紅空木) といって

スイカズラ科 タニウツギ属 でハコネウツギの仲間です

オオベニウツギ (3) オオベニウツギ (2) オオベニウツギ (1)
(オオベニウツギの木と花 May 16)

小さなカンパニュラ(鐘)                      -オトメギキョウ(乙女桔梗)-

石垣の間に 青紫色の小さな花が咲いていました

面白いところから顔を出している・・・

何という名前だろう?

オトメギキョウ (2)
(花冠が5つに分かれた青紫色の花 May 19)


オトメギキョウ(乙女桔梗) キキョウ科

       ホタルブクロ属(カンパニュラ属)

別名 ダルメシアン・ベルフラワー



オトメギキョウ (3)
(オトメギキョウの花 横から見ると釣鐘状ですね)


大好きな花 思い出深い花 カンパニュラ

の仲間で いちばん小さな花だそうです

オトメギキョウ (8)
(オトメギキョウの花がいっぱい咲いています)


オトメギキョウは 背丈が10~15㎝ 花径が2㎝位

の可愛らしい花で 名前の通りの乙女の花

オトメギキョウ (4)
(オトメギキョウの花とツボミと葉)

オトメギキョウ (6)(オトメギキョウの花)


オトメギキョウの葉は ギザギザしたハート形

小さな花ですが 石垣の間でも元気に咲いているように

とっても丈夫な花なんですよ



カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR