首の細長い オレンジ色の4弁花                     -ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)-

この季節になると 道端のあちらこちらに

このオレンジ色の花が咲いてきます

ナガミヒナゲシ (1)
(オレンジ色した首の細長い草花です Apr 28)


ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟) ケシ科・属


ヒナゲシ(シャーレーポピー)に似ていますが

真ん中の子房が長く出っ張っているのが特徴です

後でできる実が長いので「長実」と名付けられたそうです

ナガミヒナゲシ (7)
(ナガミヒナゲシの花 花びらは4枚です)

ナガミヒナゲシ (4)
(ナガミヒナゲシの子房が円筒形で出っ張っています)


ナガミヒナゲシは帰化植物で どこででも逞しく

繁殖できるようです

ナガミヒナゲシ (3) ナガミヒナゲシの果実
(ナガミヒナゲシの葉と果実 Apr 30)


よく ケシはアヘン(阿片)の原料なので怖い・・・

という話を聞きますね

確かにケシやアツミゲシは阿片の原料となるアルカロイド

を含んでいるので栽培が禁止されています


でも「ポピー」と呼ばれているものは 例えば

ヒナゲシ(シャーレーポピー) アイスランドポピー

オニゲシ(オリエンタルポピー) 


などは安全なので栽培が認められていて安心です



スポンサーサイト

白髪の花と実がとっても面白いね おじいさんの花         -オキナグサ(翁草)-

まさにお爺さんのような花が咲いていました

オキナグサ (7)
(チョコレート色の花が白い毛に覆われています Apr 26)


オキナグサ(翁草) キンポウゲ科 オキナグサ属


背丈が10~20㎝位の花で 背中が曲がって

ガクにも茎が細くて柔らかい白い毛で覆われています


キンポウゲ科の花の特徴のとおり

オキナグサの花に見えるのはガクなんですね

ガクは6枚あります

オキナグサ (4)
(銀髪のようなオキナグサの実 大阪花の文化園にて)


花が終わると 種子から花柱(雌しべ)が伸びて 

灰白色の羽毛が長く密に生えて

まるで老人の白髪のよう・・・というのが名前の由来


オキナグサ (3)
(オキナグサは花よりも実の方が背丈が高い)


オキナグサの葉は2回羽状複葉で根際から生えています

オキナグサ (9)
(オキナグサの2回羽状複葉)


このオキナグサは 環境省のレッドリストで

絶滅危惧種(Ⅱ類:絶滅の危険が増大している種)

に登録されています

大切に育てたい花ですね・・・



モミジの花と実を見つけました                    -イロハモミジ-

湖東三山には たくさんのモミジの木がありました

まだ緑色ですが 花がいっぱいぶら下がっていました

撮った写真はピンボケで・・・ でも

近所のモミジの木にも花がいっぱい咲いているのを

しっかりと撮ってきました

モミジの花と実 (4)
(ぶら下がっているのはモミジの花 Apr 27)


イロハモミジ(イロハカエデ) カエデ科・属


日本の代表的なモミジですね

花は若葉と一緒に 柄から下向きにつきます

モミジの花 (2)
(イロハモミジの雄花 雄しべは8本)


モミジの実 (1)
(イロハモミジの実 翼果といいます)


これがイロハモミジの実です 

翼がついて風で遠くまで飛んで行けますね

イロハモミジの翼果(よくか)は 

オオモミジやヤマモミジと違って葉の上につきます

翼果の形も 水平に近い竹とんぼのようです


モミジの実 (2)
(イロハモミジの翼果は上向きについています)

モミジの花 (1)
(イロハモミジの花は下向きにぶら下がっています)

モミジの花と実 (2)
(イロハモミジの木 Apr 27)


秋の紅葉は 鮮やかでとても目立つけれど

春のモミジの花や実は 見過ごしてしまいがち・・・


さあ あなたもモミジの花と実を見つけてくださいね!



古くからの和紙の原料の木 初めて花を見ました           -ミツマタ(三椏)-

先週末に滋賀県の湖東三山を訪れました

秋の紅葉が有名なのですが 湖東三山のひとつ

百済寺(ひゃくさいじ)
の境内のあちらこちらに

とっても変わった花をつけた木を見つけました

何という名前だろう?

ミツマタ (7)
(たくさん花をつけた房がぶら下がっています Apr 24)


ミツマタ(三椏  ジンチョウゲ科 ミツマタ属


コウゾ(楮)にミツマタは古くから和紙の原料となる木

として名前だけは知っていたけれど 

こんな花が咲くとは知りませんでした・・・

ミツマタ (3)
(ミツマタの木 枝が3つずつに分かれていますね)


ミツマタの名前は この写真のように 

木の枝が下から上まで 三叉に(3つずつに)分かれて

成長することからつけられたんですね!

ミツマタ (4)
(ミツマタの木の枝がここでも3つに分かれています)


ミツマタの木の外皮の少し内側のところが

和紙の原料になります

ミツマタ (2)
(ミツマタの花 開花少し前でしょうか Apr 24)

ミツマタ (8)
(ミツマタの花 黄色い4枚はガクで花は中央部分)


ミツマタは 葉がつく前に花が咲き

最初は紙でできたボンボンのように見えます

それが開花すると

綺麗な黄色の4枚のガクをもった小花がよく見えます

ミツマタ (1)
(ミツマタの木 背丈は1~2m位 Apr 24)


ミツマタはジンチョウゲ科でしたね・・・

実は 

ジンチョウゲの木も三叉に分枝しているんですよ!

ジンチョウゲの分枝 (1) ジンチョウゲの分枝 (2)
(ジンチョウゲの木も3つに分かれています Mar 26) 


ジンチョウゲの木の枝の別れ具合なんて

見ることなんてなかった・・・ 

今日 初めて知った 新鮮な発見です!

八丈島でのお祭りは終わったけれど今が見頃の花です         -フリージア-

この季節には アヤメ科の花を多く見かけますね

シャガもアヤメ科でしたし この花もアヤメ科なの?

フリージア (7)
(細い花茎の先に10輪程の花がついています Apr 23)


フリージア  アヤメ科 フリージア属

別名 アサギズイセン(浅黄水仙)



フリージア (5)
(花びらは6枚 紫色のフリージアも綺麗です)

フリージア (3)
(白のフリージアの花 ツボミがたくさん Apr 17)

フリージア (1)
(フリージアの穂状花序 Apr 17)

フリージア(10)
(フリージアの黄色い花 Apr 23)


毎年3月下旬から4月初めにかけて

八丈島でフリージア祭りが開催されています


ずっと昔に八丈島を訪れたときに

空港でフリージアの花をプレゼントしてもらったことが

懐かしい記憶として残っています・・・


そのときのフリージアの花の色は何色だったかな?


八丈島って 普通は行かないよね・・・!

それとも 行ったことありますか?




春の七草のひとつ 地味だけれどよくみれば美しいね          -ナズナ(薺)-

春になると 道端や野原など どこにでもある

とっても地味な草花です

でも じっくりと観察すると魅力もいっぱいです

ナズナ (1)
(白い花径が3ミリ位の4弁花がたくさん Apr 21)


ナズナ(薺)  アブラナ科 ナズナ属

別名 ペンペングサ(ぺんぺん草)

   シャミセングサ(三味線草)



麦の伝来と共に日本に来たたいへん古い帰化植物です

ナズナ (6)
(ナズナの花の下についたハート形のものは果実)


実は ナズナの花の下についたハート形のものが

ナズナの果実なんですよ


この果実の形が三味線の撥(バチ)に似ているので

ぺんぺん草や三味線草という別名がついたそうです

ナズナ (3)
(ナズナの花はアブラナ科特有の十字花)


ナズナの小花の大きさは3ミリ位ですが

茎の先端に数多くつきます

ナズナ (2)  ナズナ (5)
   (ナズナの花序と葉)

ナズナはどんな荒地にも生える とても逞しい草です

ナズナ (4)
(ナズナの群生の様子)


「ぺんぺん草も生えない」という表現がありますね

だから ずっとナズナと聞けば 

荒廃や貧困をイメージしていました


でも 今日のブログの写真を見て

ナズナって美しいね!

って思えるようになりました


あなたはいかがですか?



草なの?木なの? 白の5弁花に雌しべ雄しべがいっぱい                     -クサイチゴ(草苺)-

うら寂しい裏庭に

白の5弁花がちらほらと顔を出していました

クサイチゴ (6)
(白の5弁花がちらほら咲いていました Apr 09)


クサイチゴ(草苺) バラ科 イチゴ属 


同じバラ科のイチゴは草だけれど 

このクサイチゴは木なんですよ

クサイチゴ (4)
(こちらのクサイチゴの花はぽっちゃり Apr 19)


クサイチゴの花は5弁花で

雌しべと雄しべがたくさんあります

クサイチゴ (3)(ほっそりタイプのクサイチゴの花)


クサイチゴの木の高さは20~60cmと小振りです

クサイチゴ (5)
(クサイチゴの咲き姿)


クサイチゴの葉はバラと同じように

3枚あるいは5枚の小葉が1枚の葉になっています

クサイチゴ (2)
(クサイチゴの葉は奇数羽状複葉です)


クサイチゴの果実は まだお目にかかっていませんが

赤くて熟すと とっても甘いそうですよ!


ワスレナグサの仲間の野草 花は小さいよ        -キュウリグサ(胡瓜草)-

昨日紹介したワスレナグサに似た野草に

少し前に出会っていました

キュウリグサ (1)
(ワスレナグサの仲間の花です Apr 04)


キュウリグサ(胡瓜草) ムラサキ科 キュウリグサ属


ワスレナグサと同じムラサキ科ですが

野原や道端に咲く野草のひとつです

キュウリグサ (4)
(キュウリグサの花)


キュウリグサの花は青や紫色だけでピンク色はありません

同じ5つに裂けていても 花径は2ミリ位で

ワスレナグサよりも随分と小さいですね

 キュウリグサ (3)
(キュウリグサもサソリ型花序をつけます)


キュウリグサの背丈は10~30cm

根元の葉は卵形 茎につく葉は長いだ円形で 互生です

キュウリグサ (2)
(キュウリグサの群生の様子)


キュウリグサの葉や茎を揉むと

キュウリ(胡瓜)に似た匂いがするのが名前の由来とか


草花を判別するのには 

花の写真だけでは不十分なことが多く

葉や茎や花のつき方が大いに参考になる・・・

というのが私の持論なんですが


キュウリグサに代表されるように

「におい」もポイントになることもあるのですね!


幸せ祈る言葉にかえて あなたに贈ります                    -ワスレナグサ-

可愛い小さな花が ブルーやピンク色と

集まって咲いていました

ワスレナグサ (4)
(花径は5~10ミリ位の小さな花です Apr 18)


ワスレナグサ  ムラサキ科 ワスレナグサ属

英名 forget me not(私を忘れないで)


ワスレナグサ (5)
(ピンク色のワスレナグサの花 とっても綺麗)


ムラサキ科って あまりなじみがなかったけれど

共通の特徴があるようです

ワスレナグサ (2)
(ワスレナグサの花のつき方)


それは「サソリ型花序」といって 花のつき方が

最初はサソリの尾のように巻いているのです

花が多くなると真っ直ぐに伸びてきます

ワスレナグサ (1)(真っ直ぐに伸びた花序)

ワスレナグサの葉は へら状で互生です

茎や葉には 灰白色の難毛が生えています

ワスレナグサ (7)
(ワスレナグサの立ち姿)


私の大好きな歌・・・

   幸せ祈る言葉にかえて 

   忘れな草を あなたに あなたに



「忘れな草をあなたに」って歌を知っていますか?


桜の次の花木はなんでしょう?              -ハナミズキ(花水木)-

お花見が終わり 八重の桜が見ごろになる頃に

咲く花です

ハナミズキ (3)
(ピンク色の花が美しいですね Apr 19)


ハナミズキ(花水木) ミズキ科・属

別名 アメリカヤマボウシ(山法師)



別名の通り アメリカを代表する花木です

ハナミズキ (2)
(白い花がハナミズキです)


白い花をつけるのが本来のハナミズキ

ピンク色の花をつけるのは

ベニバナハナミズキ(紅花花水木)というのですね

ハナミズキ (4)
(ハナミズキの花)


ハナミズキの花はどの部分でしょうか・・・?

実は 4枚の花びらにみえるものは総苞

本当の花は 真ん中にある緑色のところなんです

ハナミズキ (6)
(ベニバナハナミズキの花はまだツボミでした)


この緑色のもの一つ一つが開花すると

緑色の4弁花になるのですが・・・まだツボミです

ハナミズキ (1)
(ハナミズキはかなり高い木ですね)


ハナミズキと聞けば思い起こすのが一青窈さんの歌

  薄紅色の 可愛い君のね

  果てない夢がちゃんと 終わりますように

  君と好きな人が 百年続きますように・・・


とっても素敵な歌ですね!


どうか あなたの幸せも 百年続きますように 🎶


  

淡い青色の花に橙色のとさかがあるよ              -シャガ-

まさに小さなアヤメが

道端のあちらこちらに咲いているよ

シャガ (2)
(小さなアヤメです Apr 19)


シャガ(著莪;射干) アヤメ科 アヤメ(イリス)属

別名 コチョウカ(胡蝶花)


シャガ (4)
(シャガの花)


シャガの花色はアヤメとは違って白か淡い青色だけ

外花被に紫色と橙色の斑模様が入ります

内花被の先端が2つに分かれています

もうひとつ大きな特徴があるのですよ

じっと目を凝らしてみてください

シャガ
(シャガの花を横から見れば・・・)


ねっ! オレンジ色の鶏冠が見えるでしょ!

シャガ (5)
(シャガの花の群生)

シャガ (1)
(シャガの花姿)


シャガの花は1日しか咲かない「1日花」

花茎には30輪位の花芽があり

次から次へと開花するので 1日花とは見えないね


プロペラのような青紫色の花                     -ツルニチニチソウ(蔓日日草)-

プロペラの形をした青紫色の花です

ツルニチニチソウ
(ツルの先にプロペラの形をした花 Apr 18)


ツルニチニチソウ(蔓日日草) キョウチクトウ科 

ツルニチニチソウ属

別名 ツルギキョウ(蔓桔梗);ツルビンカ



ニチニチソウと同じキョウチクトウ科ですね

ツルニチニチソウ (2)  ツルニチニチソウ (3)  ツルニチニチソウ (4)
(ツルニチニチソウの花色が微妙に違います)


ツルニチニチソウ(6)
(ツルニチニチソウの横顔は珍しくないですか?)


ツルニチニチソウという名前の通り ツルが長く伸びる

のですが 伸び始めはツルには見えません

ツルニチニチソウ (1)
(蔓はまだ伸びていません Apr 18)


ツルニチニチソウは日日草とは違って

花が密集することはないですよ

斑入りのものは花よりも観葉されることが多いそうです



フェンス越しに黄色と緑色の鮮やかなカーテン                 -ウンナンオウバイ(雲南黄梅)-

お花見の後 ふと民家のフェンス越しに

黄色と緑色の鮮やかなカーテンがかかっていました

何という名前だろう?

ウンナンオウバイ (1)
(黄色の花と緑の枝葉とのコントラストが美しい)


ウンナンオウバイ(雲南黄梅) モクセイ科 ソケイ属

別名 ウンナンソケイ(雲南素馨);ウンナンモドキ



黄梅といってもバラ科の梅の仲間ではありません

ウンナンオウバイ (2)
(ウンナンオウバイの花 Apr 04)


じっくり見ると やっぱり梅の花とは違うよね

ウンナンオウバイ (5)
(しなやかな緑の枝につくウンナンオウバイのツボミ)


枝はツル性で枝垂れています

葉は3出複葉

ウンナンオウバイ (4)
(ウンナンオウバイの葉は3出複葉です)


雲南黄梅はオウバイ(黄梅)よりも花が大きくて

黄梅と違って常緑樹です


ソケイ属って馴染みのない言葉だけれど

ジャスミンのことなんですって  だからなのか

英語ではジャパニーズ・ジャスミンと呼ばれます

でも香りはありませんよ



ニンジンに似た葉っぱの小さくて白い花               -セントウソウ(仙洞草)-

4月になって よく雨が続くね

写真を撮る機会がなかなか持てません・・・ (;_;)

この前行った南足柄市の野原で

こんな可愛い花を見つけました

セントウソウ (3)
(白くて小さい花 葉っぱが人参に似ています Apr 10)


セントウソウ(仙洞草) セリ科 セントウソウ属

別名 オウレンダマシ(黄蓮騙)



葉っぱが人参に似ていますね

人参を調べてみると・・・セリ科でした

やっぱりね!

セントウソウ (2)
(セントウソウの葉がニンジンによく似ています)


葉は根際から生えて 2~3回の羽状複葉ですね

セントウソウ (1)
(白い花は複散形花序をしています)

セントウソウ (5)
(セントウソウの花は5弁花)


セントウソウの花びらは5枚で 雄しべが長いよ

セントウソウ (7)
(セントウソウの花茎 少し紫色がかっています)


セントウソウは山地の方でよく見られる花のようですが

あなたの街の近くでも見ることができたらいいね



紫色の十字花には三国志の名軍師の名がついているよ          -ショカツサイ(オオアラセイトウ)-

道端に紫色した4弁花が咲いていました

よく見ると花の形はナノハナ(菜の花)に似ているね

ショカツサイ(オオアラセイトウ) (5)
(茎の頂に紫色の4弁花を房状についています Apr 10)


ショカツサイ(諸葛菜) アブラナ科 ショカツサイ属

別名 
オオアラセイトウ(大紫羅欄花);

ハナダイコン(花大根);ムラサキハナナ(紫花菜)



「三国志」で有名な軍師 諸葛亮孔明が出陣地でこの花の

種をまいたのが諸葛菜の名前の由来といわれています

ショカツサイ(オオアラセイトウ) (2)
(ショカツサイの花の形は菜の花に似ていますね)

ショカツサイ(オオアラセイトウ) (1)
(ショカツサイの群生の様子)


ショカツサイの葉は 根元に近いものは羽状に

切れ込みがありますが 先に近いものは広卵形です

ショカツサイ(オオアラセイトウ) (6)   ショカツサイ(オオアラセイトウ) (7)
(ショカツサイの根元の方の葉(左)と茎にある葉(右))

ショカツサイ(オオアラセイトウ) (3)  ショカツサイ(オオアラセイトウ) (4)  ショカツサイ(オオアラセイトウ) (9)
(ショカツサイの花姿と総状花序(右))


ショカツサイの別名をオオアラセイトウといいますが

アラセイトウ」って何の花だったか覚えていますか?

同じアブラナ科の「ストック」のことですね!



筒状花だけの黄色い野草               -ノボロギク(野襤褸菊)-

ノゲシに混じって 少し背丈の低い(30~40cm)

野草が咲いていました

まだツボミなのかな? いつ頃開花するのかな?

ノボロギク (4)
(綿毛と一緒に黄色いツボミのような花が Apr 12)


ノボロギク(野襤褸菊) キク科 キオン属

別名 オキュウクサ;タイショウクサ


襤褸(ぼろ)という字は 今は使われないけれど

ボロ布 ボロ屑 の「ボロ」のことです

ノボロギク (5)
(ノボロギクの花は筒状花だけです)


ノボロギクの花は長さが1㎝位の筒状花の集まりです

結構 珍しい花ではないでしょうか?

ノボロギク (1)
(ノボロギクの葉は柔らかくて羽状に切れ込んでいる)


ノボロギクの葉は柔らかくて 

不規則に羽状の切れ込みがあります

ノボロギク (6)
(ノボロギクの群生の様子)


ノボロギクには全体に有毒物質が含まれているので

食べたりしないでね! 

タンポポに似た野草 葉っぱが違うよ                -ノゲシ(野芥子)-

草むらにタンポポに似た黄色い花が咲いていました

でも葉っぱがタンポポとは異なっています

ノゲシ (5)
(葉っぱが茎を抱いている姿が特徴的 Apr 12)


ノゲシ(野芥子) キク科 ノゲシ属

別名 ハルノノゲシ;ケシアザミ


ノゲシの背丈は50㎝~1mと結構高い

葉っぱが茎を抱くようについているのが特徴的です

ノゲシ (2)
(ノゲシの花はタンポポ似です 花径は2㎝位)


ノゲシ (6)
(ノゲシの群生の様子)

ノゲシ (1)  ノゲシ (3)(ノゲシの花姿)


ノゲシの葉はギザギザしていますが

近縁種のオニノゲシ(鬼野芥子)とちがって

触っても痛くはないよ

ノゲシの名前に「芥子」がついていますが

葉っぱが似ているだけで 

芥子(ケシ科)とは全く別の科の花ですね

1年待ちました ヒメジョオンの相棒の花          -ハルジオン(春紫苑)-

昨年の夏 野原一面に咲いていた野の花

ヒメジョオン(姫女苑)

よく似た花に こんな花があるよと教えてもらった花に

ようやく出会いました

ハルジオン (3)
(思ったよりも大きな花でした Apr 09)


ハルジオン(春紫苑) キク科 ムカシヨモギ属


ハルジオンが咲くのは4月~5月

ヒメジョオンは6月~10月頃まで長く咲きます

ハルジオン (1)
(ハルジオンの花色には白やピンクがあります)

ハルジオン (2)
(この花もハルジオン Apr 09)

ハルジオンのツボミは可愛らしく下を向いています

ハルジオン (4)(ハルジオンの茎と葉)


ハルジオンもヒメジョオンのように群生するのかな・・・?


三つ葉が特徴の小さくて黄色い花             -カタバミ-

家の花壇に黄色くて小さな花が咲いています

ハートを3枚合わせたような三つ葉の形をした

葉が可愛いですね

カタバミ (1)
(カタバミの花 Apr 04)

カタバミ(片喰;漿草) カタバミ科・属

雄しべは長短それぞれ5本ずつ 雌しべの花柱も5本

カタバミ (4)
(カタバミは小さい野草です)


カタバミ (3)  カタバミ (2)
(カタバミの特徴的な三つ葉と5弁花)


次の花は花の形はラッパ状で葉の形が三つ葉です

フヨウカタバミ (4) 
(少しラッパ状のピンク色や白色の5弁花 Apr 02)

フヨウカタバミ(芙蓉片喰) カタバミ科・属

別名 
オキザリス・プルプレア

フヨウカタバミ (1)
(フヨウカタバミの葉も丸い三つ葉状です)


カタバミの仲間でも 次の花は随分と背が高いです

オオキバナカタバミ (2)
(ずいぶんと背丈が大きなカタバミです Apr 02)

オオキバナカタバミ(大き花片喰) カタバミ科・属

別名 
オキザリス・ペスカプラエ

オオキバナカタバミ (4)
(オオキバナカタバミの三つ葉 紫色の斑があります)


実はこのカタバミは根が深くて繁殖力の旺盛な雑草

とっても駆除しにくい厄介者だそうですよ



こどもが大好きな春の花                  -チューリップ-

神奈川県で一番人口の少ない市

「金太郎のふるさと」南足柄市 

市の中心を流れる狩川沿いの散歩道を歩いていると

素晴らしいチューリップ畑に出会いました

チューリップ (8)
(色とりどりのチューリップが綺麗 Apr 09)


チューリップ  ユリ科 チューリップ属

和名 
鬱金香(うっこんこう)


赤 白 黄色 ピンク オレンジ などなど

見事にチューリップが目の前に広がっていました

チューリップ (6)
(白いチューリップ 神奈川県南足柄市)

チューリップ (1)
(黄色と赤のチューリップ Apr 09)

チューリップ (4)
(オレンジ色のチューリップ 形も変わっています)

ここ数日の季節外れの寒さが重なって

桜の花がまだ残っていました

チューリップと桜のコラボレーションです!

チューリップ (3)
(桜の花の下に咲くチューリップ Apr 09)

チューリップ (5)
(桜の花びらを受けたチューリップ 風流ですね)

チューリップ (2)(南足柄市のチューリップ畑 Apr 09)


チューリップには八重咲きもありますが

見た目ではチューリップと分からないかもね・・・

チューリップ(八重咲き)
(八重咲きのチューリップ Apr 04)

チューリップの内側(チューリップの花の中です Apr 04)


チューリップはオランダが世界的に有名ですね

オランダの他 アフガニスタン イラン トルコ

ハンガリーの国花になっています

国内では新潟県と富山県の県花です

澄んだ黄色の花がフサフサと満開です                -ギンヨウアカシア(ミモザアカシア)-

昨年12月に紹介したときは まだツボミだった

ギンヨウアカシアが花盛りになりました

ギンヨウアカシア春(5)
(黄色い花がたくさん Apr 02)


ギンヨウアカシア(銀葉アカシア) マメ科 アカシア属

別名 
ハナアカシア;ミモザアカシア


ギンヨウアカシア春(4)
(レモンイエロー色した丸くてフサフサした花)


近所の家の庭にも ギンヨウアカシアの花が満開でした

ギンヨウアカシア春 (1)
(花盛りになったギンヨウアカシアの木)

ギンヨウアカシア春 (2)
(ギンヨウアカシアの花)


ギンヨウアカシアの別名はミモザアカシアですが

「ミモザ」ってよく聞くよね!?

では ミモザって何の花のことなんだろう?


本来は オジギソウ属の植物の総称が「ミモザ」で

現在は アカシア属のフサアカシアがミモザと呼ばれ

ミモザアカシアの別名のあるギンヨウアカシアは

ミモザではありません・・・


ほんと ややこしい話だね


ブドウの房のような花だよ  -ムスカリ-

外を歩いていると あちらこちらに

この花が咲いています

ムスカリ (4)
(ブドウを逆さまにしたような花ですね Apr 04)


ムスカリ  ユリ科(ヒアシンス科/キジカクシ科)

ムスカリ属  別名 
ブドウヒアシンス


ムスカリは ヒアシンスにとても近い植物です

ムスカリ (1)
(ムスカリの小花)


先が少し反り返った壺状の小花がたくさんつきますが

ほとんどの小花は あまり開かないようです

ムスカリ (2)
(ムスカリの花は花壇の名脇役といわれています)


花茎には葉はつかないで 地面から生える線形状の葉は

とてもだらしなく映りますね・・・


スズランに似た白い花に緑色のチャームポイントが可愛いね             -スノーフレーク-

スズランに似た白い花に 緑色の斑点があります

何という名前だろう?

スノーフレーク (1)
(白い花びらに緑の斑点がチャームポイント Apr 04)


スノーフレーク  ヒガンバナ科 スノーフレーク属

別名 オオマツユキソウ(大待雪草)

   
スズランスイセン(鈴蘭水仙)

スノーフレーク (2)
(スノーフレークの花の内側です)


スノーフレーク (4)
(スノーフレークの花)


スノーフレークは花茎の先に白い花を5~6輪つけます

葉は根際から生えて細長い線形をしています


スノーフレークは 白い花に緑色の斑点が

可愛いチャームポイントになっています

何よりも

与えられた名前がどれもチャーミングでよかったね!


清楚な春の花の代名詞                         -スミレ(菫)-

スミレの花 咲くころ ♪

宝塚歌劇団を思い出させる花が家の花壇に咲いていました

タチツボスミレ (2)
(清楚な印象を与えるスミレの花 Apr 04)


スミレ(菫)  スミレ科・属


スミレにはいろいろな仲間があって 上の写真は

スミレの濃い紫色に対して 少し淡い紫色で

タチツボスミレ(立壺菫) といいます

タチツボスミレ (1)
(タチツボスミレの花 色が淡い紫色です)

スミレの花びらは5枚ありますが それぞれ大きさが違い

下の1枚(唇弁)が少し大き目で 紫色の筋が入ります

タチツボスミレ (3)(タチツボスミレの葉はハート形)


ノジスミレ (2)
(少し濃い目の紫色をしたノジスミレ Apr 02)


こちらのスミレは ノジスミレ(野路菫) といいます

花の色はスミレに似ていますが 背丈が小振りです

葉はタチツボスミレに比べて長くて大きいよ

ノジスミレ (1)
(ノジスミレの花びらのふちは少し波打っています)


スミレの花は密やかに咲くので 

注意して見つけてくださいね!



梅の花に似た丸い5弁花をつけた木                   -ボケ(木瓜)-

公園の垣根に 梅の花に似た花がちらほらと

顔をのぞかせていました

ボケ (4)
(梅の花を少し大きくした感じの花です Mar 31)


ボケ(木瓜)  バラ科 ボケ属 の樹木


梅の木は高さが5~10mにもなりますが

ボケの木は1~2mで それほど高くはありません

ボケ (3)
(ボケの花)


ボケの花は梅や桜と同じで5弁花ですね

花の色は普通は紅色(朱色)で 

なかにはピンク色や白 斑色などがあります

ボケ (1)
(白色のボケの花とツボミ)


ボケは庭園樹としてよく利用されているようです

ボケ (5)
(ボケの木は垣根としても使われています)


日本のボケの原種は「クサボケ」といい 

背丈は50cmほどと低い


もしかして この公園の垣根に使われていたのは 

このクサボケ(草木瓜)かもしれませんね・・・

よく見かけるね ピンク色の蝶形の花をつけた野草            -カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)-

道端のくさむらにピンク色の小さな花が咲いていました

花や葉の形をみると マメ科の花かな?という直観!

でも 何という名前だろう?

カラスノエンドウ (2)
(淡い赤紫色をした花がちらほらと Apr 02)


カラスノエンドウ(烏野豌豆) マメ科 ソラマメ属

正式名(標準和名) ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)


ピンク~淡い赤紫色をした蝶の形をした花です

エンドウ(豌豆)に似ているそうで ツル性です

カラスノエンドウ (1)
(カラスノエンドウの花)

カラスノエンドウ (3)
(カラスノエンドウの花と葉)


カラスノエンドウの葉は 羽状複葉で 

8~14枚の小葉で一組になっています

巻きひげのついた茎は四角柱の形をしています

カラスノエンドウ (4)
(カラスノエンドウの群生)


春には野の花がいっぱい!

じっくりと観ればとっても綺麗ですね!


赤紫色の唇形の花がとてもきれいです             -ホトケノザ(仏の座);サンガイグサ(三階草)-

先週紹介した「怪鳥」 ヒメオドリコソウに

形がよく似た花が 空き地や畑にたくさん咲いていました

何という名前だろう?

ホトケノザ (1)
(階層状になった葉の上に細長い花が Apr 02)


ホトケノザ(仏の座) シソ科 オドリコソウ属

別名 
サンガイグサ(三階草)


オドリコソウ属・・・姫踊子草と同じ仲間の花でした

ホトケノザ (2)
(ホトケノザの花)


花の下にある葉が仏様の蓮華座に似ているといわれ

「仏の座」という名前がついたものです

春の七草の「ホトケノザ」は先週紹介した

オニタビラコの仲間の「コオニタビラコ」のこと!

とってもややこしいですね

ホトケノザ (3)
(ご覧のとおり三階草という名前も頷けます)


葉が段々になっているのでサンガイグサ(三階草)という

別名がありますが オドリコソウ属の特徴かな

ホトケノザ (4)
(ホトケノザの群生)


紅紫色の花が群生しているのも じっくりと観察すると

とっても綺麗ですね

ホトケノザ (5)(ホトケノザの群生)


春の七草の「ホトケノザ」は食用になりますが

この三階草の「ホトケノザ」は食べられませんよ



本当に馬が食べるの?スズランのような白い花がフサフサ         -アセビ(馬酔木)-

白いスズランのような小さな花をフサフサと付けた木

何という名前だろう?

アセビ (3)
(白い小さな花が房状にたくさんついています Mar 31)


アセビ(馬酔木) ツツジ科 アセビ属

アシビ ともいいますね


名前はよく知っていましたよ 漢字の問題でね

でも どんな花かは知らなかったです・・・

アセビ (2)
(馬酔木の花)

アセビ (4)
(スズランのような壺形の花が房状に)


馬が食べると神経が麻痺して酔ったようになるので

「馬酔木」と名付けられたとか

でも実際は 馬も鹿もアシビの葉は食べないそうですよ

有害植物を避ける動物の本能なんでしょうね

アセビの葉(アセビの葉)


アセビの葉は 細長い楕円形で 先が尖り 

浅いギザギザがあり 互生(互い違いに生える)です


間違って アセビの葉を煎じて食べたりしないでね

殺虫剤なんだから・・・


緋色の釣鐘状の桜も満開です              -カンヒザクラ(寒緋桜)-

昨日紹介したハクモクレンの隣に

緋色の釣鐘状の桜が満開でした

カンヒザクラ (1)
(白木蓮との色の対比が綺麗です Mar 26)


カンヒザクラ(寒緋桜) バラ科 サクラ属


沖縄で桜と言えば この寒緋桜を指すとのこと

カンヒザクラ (5)
(カンヒザクラの花)


緋紅色の半開の花を釣鐘状にふさふさとつけます

中国語では「鐘花櫻花」と呼ぶそうです

カンヒザクラ (2)
(花は一重で花びらが5枚です)

カンヒザクラ (3)
(青空に美しく映えるカンヒザクラ)


最近有名になった河津桜(カワヅザクラ)は

この緋寒桜と大島桜とが自然交配してできた桜なんですよ

カンヒザクラ (4)(緋寒桜)

咲くも見事 散るも見事な花木                  -モクレン(木蓮)-

今日から4月 学校も会社も新年度の始まりです

気持ちを新たにして 元気でまいりましょう! !(^^)!


桜の花より一足先に この花が満開になりました

ハクモクレン (5)
(大きな白い花が空に向かって開いています Mar 31)

ハクモクレン (4)
(数日前はツボミが膨らんだばかり Mar 26)


モクレン(木蓮) モクレン科・属

実は この白いモクレンは 

ハクモクレン(白木蓮) モクレン科・属 といいます

シモクレン (4)  
(この紫色をしたのが本来のモクレンです Mar 31)


こちらが本来のモクレンなんです 別名を

シモクレン(紫木蓮) といいます

今までずっと 白いのがモクレンだと思っていましたが

紫色のがモクレンで 白いのはハクモクレンなんですね

初めて知りました・・・

ハクモクレン (2)
(ハクモクレンの花 Mar 26)

ハクモクレン (6) 
(ハクモクレンの花の花びらは6枚 Mar 31)


木蓮の花の花びらは6枚あって ガクが3枚ありますが

ハクモクレンでは ガクも白色なので見分けられないね


シモクレン (2)
(紫木蓮の花のツボミ Mar 26)


紫木蓮は白木蓮よりも 少し遅く花が咲き 背丈は

白木蓮(10~15m)よりも かなり低い(3~5m)

ハクモクレン (1)  シモクレン (1)
(ハクモクレンとシモクレン Mar 26)


モクレンは とっても花の寿命が短くて

花の見ごろは 桜が1週間位あるけれど

それよりも短い気がします

まさに 花の命は短くて・・・ です

でも 花の散り際は 

桜が女性的なのに対して

とっても男性的だと思いませんか?


カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて2年8カ月が経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR