春の七草の兄なの? 空地に咲く黄色い花             -オニタビラコ(鬼田平子)-

野草の紹介が続きます・・・

やっぱり道端や空き地に力強く咲いていた黄色い花です

オニタラビコ (5)
(けっこうノッポの野草です Mar 21)


オニタビラコ(鬼田平子)  キク科 オニタビラコ属


茎の上方が枝分かれして散房花序をつけます

オニタラビコ (4)
(オニタビラコの散房花序 Mar 21)


オニタラビコ (3)
(オニタビラコの花 舌状花の数が多い Mar 21)


オニタビラコの仲間に コオニタビラコ(子鬼田平子)

という小振りな花があります

まだ出会っていないので写真を載せられないんだけれど

コオニタビラコが春の七草のひとつ「ホトケノザ」


舌状花の数も6~9枚とオニタビラコよりも少ない

オニタラビコ (2)
(オニタビラコのロゼット状の葉 Mar 21)


コオニタビラコの葉の形が オニタビラコの葉と同様に

ロゼッタ状をしていて 仏様の円座に似ているから

ホトケノザ(仏の座)と名付けられたというんだって

スポンサーサイト

道端に咲く小さな青い4弁花                      -オオイヌノフグリ-

道端や空地のあちらこちらに 

小さな淡い青色の花が咲いていました

10月に紹介したツユクサのような小さい青花です

オオイヌノフグリ (4)
(じっくりと観ると綺麗な花ですね Mar 26)


オオイヌノフグリ  ゴマノハグサ科 クワガタソウ属


オオイヌノフグリ (5)
(オオイヌノフグリの花は4弁花  Mar 26)


淡い青色の花びらには 紫色の筋が入っています

花びらは4つに分かれていますが 

中央部でくっついている合弁花なんです

雄しべが2本と雌しべが1本ありますね

オオイヌノフグリ (3)
(オオイヌノフグリの群生 Mar 26)


小さな花なので 群生していても目立たない・・・

葉は卵円形で 縁が粗いギザギザがあります

オオイヌノフグリ (1)  オオイヌノフグリ (2)
(オオイヌノフグリの花と葉 Mar 26)


ようく見ると こんなにかわいくて綺麗な花なのに

妙な名前がついてしまいました・・・

もっと素敵な名前を考えてあげてね!


まるで怪鳥?春の雑草でも名前があります             -ヒメオドリコソウ(姫踊子草)-

道端や空地で ごくありふれた雑草のようですが

よく見ると とっても奇妙な形をしています

何という名前だろう?

ヒメオドリコソウ (7)
(怪鳥?フクロウ?何に見えますか? Mar 21)


ヒメオドリコソウ(姫踊子草) シソ科 オドリコソウ属


オドリコソウ(踊子草)
によく似ていますが

背丈も葉や花の大きさも 半分以下と小さいので

ヒメ(姫)という冠がつきました

ヒメオドリコソウ (6)
(ヒメオドリコソウの花 Mar 21)


ヒメオドリコソウの花は明るい赤紫色で唇形をしています

そして花は先端の葉の下脇から放射状に並んでいます

ヒメオドリコソウ (1)
(ヒメオドリコソウの葉と花 Mar 21)


上の方の葉は赤紫蘇の葉のように暗紫色をしていて

下の方の葉は緑の紫蘇の葉ににていますね

ヒメオドリコソウ (2)
(ヒメオドリコソウが並んでいます Mar 21)

ヒメオドリコソウ (4)
(ヒメオドリコソウの群生)


オドリコソウは背丈が高いだけではなくて

葉っぱの間隔も大きいので区別がつきやすいようです

でも 葉っぱを手でもんだりすると・・・

臭いがひどいので注意してね! 

春を告げる淡いピンク色した花はとっても貴重な木          -シデコブシ(幣辛夷)-

うららかな春の到来です 暖かくなりましたね(*^-^*)

桜のような淡いピンク色の花をつけた木に出会いました

コブシの木? あれ? 

花びらが多いよ・・・ 色が真っ白ではないよ・・・

コブシ(3)
(うっすらとピンク色をした大きな花びらです Mar 23)


シデコブシ(幣辛夷、四手拳) モクレン科・属

別名 
ヒメコブシ(姫辛夷)


幣(四手、シデ)というのは 

神主さんが手にしている玉串や注連縄(しめなわ)に

下がっている紙のこと

コブシ (5)
(花びらは注連縄に似ていますね Mar 23)


普通のコブシの花には少し幅広の白い花弁が6枚あって 

コブシの木の方がシデコブシよりも背丈がずっと高いんです

コブシ (辛夷) (1)
(コブシの花 花びらは6枚です Mar 26)


コブシ(辛夷) モクレン科・属


コブシ (1)
(シデコブシの雄しべの中央に雌しべが Mar 23)


シデコブシの花びらは 12~18枚あり

コブシもシデコブシも 葉より先に花が咲きます

コブシ (辛夷) (2)
(コブシの木 Mar 26)

コブシ (2)
(シデコブシの木 Mar 23)


シデコブシは いわゆるレッドリストの準絶滅危惧種

指定されていて「生きている化石」ともいわれる

貴重な植物なんですって!



柳の枝に白雪が積もったような可憐な花           -ユキヤナギ(雪柳)-

柳の枝に白雪が積もったような春の花が満開です

ユキヤナギ (2)
(しなやかに伸びた枝に白い花がたくさん Mar 21)


ユキヤナギ(雪柳) バラ科 シモツケ属 の樹木

別名 
コゴメヤナギ(小米柳)


ユキヤナギ (3)
(ユキヤナギの枝に咲く小さな白い花 Mar 21)


よく見るとユキヤナギってコデマリに似てませんか?

コデマリ (1)
(コデマリの花 毬のように白い花が集まっています)


コデマリ(小手毬) バラ科 シモツケ属 

別名 スズカケ(鈴懸け)


ユキヤナギとコデマリは 花の付き方が違うだけで

全く同じ仲間なんですね!

ユキヤナギ (6)
(ユキヤナギの小花 Mar 21)


ユキヤナギもコデマリも 花は白の5弁花で

とてもよく似ています

花が咲く時期が コデマリの方が少し遅いようです

ユキヤナギ (1)
(ユキヤナギの群生が見事です Mar 21)

ユキヤナギ (5)  コデマリ (2)
(ユキヤナギ(左)とコデマリ(右))

ユキヤナギの葉  コデマリの葉
(ユキヤナギの葉(左)とコデマリの葉(右))


葉っぱは どちらも披針形から先が尖った卵形で 

上半分にギザギザがあり 互生です



続きを読む

早春の風にたなびくレモンイエローの4弁花                -レンギョウ(連翹)-

枯れ木に爽やかなレモンイエロー色をした

細長い4弁花が咲いていました  鮮やかだな!


シナレンギョウ (2)
(レモンイエロー色の花がきれい  Mar 21)


レンギョウ(連翹) モクセイ科 レンギョウ属


実は レンギョウの仲間で 一番ポピュラーな花で

シナレンギョウ(支那連翹)と呼ばれています


レンギョウは葉が出る前に花だけが咲きますが

シナレンギョウは葉と花とが一緒に咲きます

シナレンギョウ (5)
(葉と一緒に花が咲いています Mar 21)


レンギョウもシナレンギョウも花冠が4つに裂け

下を向いて花をつけています

シナレンギョウ (1)    シナレンギョウ (3)
(シナレンギョウの花と木 Mar 21)


レンギョウは漢方薬でもあるんですよ

解毒 排膿 消炎 利尿 に薬効があるようです



八重万重に咲く華麗な花                           -ラナンキュラス(ハナキンポウゲ)-

薄い花びらが幾重にも重なって 

丸くて大きい花を咲かせています

ラナンキュラス (7)
(うっすらとピンク色をした大きな花 Mar 20)


ラナンキュラス  キンポウゲ科・属 の球根植物

別名 ハナキンポウゲ(花金鳳花)


ひとつの球根から たくさん花茎が立ち上がり

ひとつの花茎に数輪の花をつけます

ラナンキュラス (6)
(濃いピンク色のラナンキュラス Feb 11)


色も豊富で 赤 ピンク オレンジ 黄色 白

などがありますね

ラナンキュラス (2) ラナンキュラス (3) ラナンキュラス (4)
(いろいろな色のラナンキュラスの花 Feb 11)


ラナンキュラスの葉は 3つに裂けて 

それぞれが 深く羽状に切れ込んでいます

ラナンキュラス (1)
(ラナンキュラスの葉  Mar 20)


ちなみに 「ラナンキュラス」は

ラテン語で「カエル(蛙)」の意味なんだって

クイズの三択でも答えられないだろうな・・・



春の七草のひとつ白くて小さな花                 -ハコベ(ハコベラ)-

お正月の7日に 七草粥を頂きます

春の七草のひとつに 昨日出会いました

ハコベ (4) ハコベ (1)
(小さくてかわいらしい花 Mar 21)


ハコベ(繁縷)  ナデシコ科 ハコベ属

別名 ハコベラ

 ハコベ (5)
(ハコベの花のピンク色の雄しべが可愛いね Mar 21)


ハコベは枝先に集散花序をつけます

花びらは10枚あるように見えますが 5弁花で

5枚の花びらが 2つずつに裂けているんです

雌しべ(花柱)は3本あります

ハコベ (6)
(花弁は チョキの形で5組あります Mar 21)


ハコベ (7)
(ハコベの葉は七草粥に使われます Mar 21)


春の七草を詠んだ和歌がありましたね

「セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ

 スズナ スズシロ これぞ七草」



1月に食べる七草は 春に花が咲くのが多いようです

他の七草の花にも出会えますように!




丸いお星さまの花 -バコパ(ステラ)-

うす紫色の可愛い花です

バコパ (7)
(花冠が5つに分かれています Mar 12)


バコパ  ゴマノハグサ科 ステラ属

別名 
ステラ 

「ステラおばさん」が有名だけど

ステラは「星」を意味します

バコパ (4)
(バコパの花は丸い星なのでしょうか? Mar 12)


バコパは真夏の時期を除いて ほぼ年中咲く花のようです

白やピンク色のバコパもあります

バコパ(白)
(白いバコパ Mar 14)

バコパ (1)
(白とピンクの混ざったバコパ Feb 11)


花が大きい園芸種を「コピア」と呼んでいます

バコパの葉茎には細かな毛が生えていますよ

葉の形は卵円形で粗いギザギザがあり 対生です

バコパの葉 (1) (バコパの葉 Mar 12)


ゴマノハグサ科 って ときどき出てくるけれど

他にどんな花があったか覚えていますか?

キンギョソウ トレニア リナリア(ヒメキンギョソウ)

それに ネメシアやジギタリスも仲間ですね


意外と遅かったね この花との出会い                 -ツバキ(椿)-

サザンカとの出会いは11月でしたが

ツバキの花とは ようやく3月になってから

もっと早くに出会っていたのかもしれないけれど

「ツバキ」と確信が持てなかっただけかも・・・

ツバキ (3)
(ピンク色のツバキの花です Mar 01)


ツバキ(椿) ツバキ科 ツバキ属 の常緑樹

別名 ヤブツバキ(藪椿)


ツバキ (5)
(ツバキの花の雄しべの根元を見てね Mar 12)


サザンカと違って 

椿の花は 雄しべの根元が筒状にくっついています

一重のツバキの花びらは5枚あります

ツバキ (4)
(木から落下した花 Mar 01)


サザンカの花は 花びらがバラバラと落下し

ツバキの花は 花全体が落下する


これが決め手でした!

ツバキ (9)
(ツバキの葉 Mar 01)


サザンカのブログで ツバキの葉にはギザギザはない

と書いたんだけど 浅いギザギザはありますね

ツバキ (6)
(ツバキの花のツボミ Mar 12)


「椿」と聞いて思い浮かべるのは

ヴェルディのオペラ「椿姫」

そのオペラ椿姫に出てくる「乾杯の歌」が大好きです

皆さんもその曲を聞いたことありませんか?

それとも黒澤明監督の映画「椿三十郎」でしょうか?



カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年が経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR