fc2ブログ

索引

 
a_ilst127.gif

好きな花を選んでくださいね!

「カテゴリ」の「索引」をクリックすれば いつでも見られるよ
ア行 
アイイロニワ
ゼキショウ
アイイロニワ
ゼキショウ₍2₎

アイビー
ゼラニウム
アオイロ
フジバカマ
アオキアオバナアカソバアカツメグサ
アカツメ
グサ(2)
アカバ
センニチコウ
アカバセン
ニチコウ(2)
アカバナ
ミツマタ
アカバナ
ユウゲショウ
アカバナユウ
ゲショウ(2)
アガパンサスアガパンサス₍2₎
アカマンマアカメガシワアキグミアキザクラ
アキチョウジアキノ
キリンソウ
アキノ
タムラソウ
アクイレギアアクロ
クリニウム
アグロ
ステンマ
アケボノスギアゲラタムアゲラティナ・
オルテイッシマ
・チョコレート
アサギ
ズイセン
アサザアザミ
アザレアアジサイアジサイ(2)アジサイ(3)
アシビアジュガアジュガ₍2₎アセビ
アセビ(2)アスク
レピアス
アスクレ
ピアス₍2₎
アスター
(八重咲)
アツバ
キミガヨラン
アネモネアネモネ(2)アネモネ(3)アブチロン
アプテニアアブラナアフリカ
ホウセンカ
アベリア
アマアマドコロアマリリス
アメジスト
セージ
アメリカ
オニアザミ
アメリカ
センニチコウ
アメリカ
デイゴ
アメリカフウアメリカ
フウロ
アメリカ
ヤマボウシ
アメリカ
リョウブ
アヤメアラセイトウアノマティカ
・ラクサ
アミノキ
アリウムアリッサムアリッサム(2)
アルスト
ロメリア
アルテル
ナンテラ
アルナンテラアルメリア
アルメリア(2)アレチ
ヌスビトハギ
アレチヌス
ビトハギ(2)
アワダチソウ
アワユキエリカアンゲロニアアンゲロニア₍2₎
イエライシャンイエロー
ドロップ
イエロー
ボタン
イカリソウ
イカダカズライキシアイチゴノキイチゴノキ(2)
イソトマイトカケソウイヌサフランイヌショウマ
イヌタデイヌタデ(2)イヌホオズキイヌマキ
イフェイオンイベリスイベリス(2)イベリス₍3₎
イロハモミジイロハモミジ(2)イワイバナ
インクベリーインドソケイインパ
チェンス
インパ
チェンス(2)
ウイキョウウインター
コスモス
ウインド
フラワー
ウエスト
リンギア
ウキツリボクウコン
サンゴバナ
ウコンサンゴ
バナ₍2₎
ウサギノオウズアジサイウスユキ
マンネングサ
ウツギ
ウッコンコウウッコンコウ(2)ウツボカズラ
ウマノ
アシガタ
ウモウ
ゲイトウ
ウンナン
オウバイ
ウンナン
ソケイ
エキナセアエキナセア₍2₎エクメア・
ファシアータ
エケベリア
エケベリア(2)エゾ
ウスユキソウ
エゾネギエゾ
ヘビイチゴ
エノコログサエノテラエビネ
エリカエリカ・
スパルサ
エリゲロンエリシマムエレモフィラエロディウム
エンジェル
ラベンダー
エンメイギク
オースト
ラリアン・
ローズマリー
オーチャード
グラス
オウシュウ
キンポウゲ
オウチ
オウレン
ダマシ
オオアマナオオアマナ(2)オオ
アラセイトウ
オオイヌノ
フグリ
オオイヌノ
フグリ(2)
オオイヌノ
フグリ₍3₎
オオイワ
ウチワ
オオカッコウ
アザミ
オオキバナ
カタバミ
オオ
キンケイギク
オオケタデ
オオチョウジ
ガマズミ
オオツルボ
オオデマリオオニワ
ゼキショウ
オオベニ
ウツギ
オオ
ベンケイソウ
オオ
マツユキソウ
オオミレモンオカメアジサイオキザリス・
トリアング
ラリス
オギザリス
・ポーウィー
オキザリス
・プルプレア
オキザリス・
ペスカプラエ
オキナグサオキナグサ₍2₎
オキュウクサオギョウオクナオクラ
オジギソウオジギソウ₍2₎オシロイバナオステオ
スペルマム
オダマキオダマキ(2)
オトコエシオトメ
ギキョウ
オニタビラコ
オニナベナオニノ
シコグサ
オニユリオニグルミ
オバナオミナエシオランダアヤメ
(アイリス)
オランダアヤメ
(グラジオラス)
オランダガラシオリーブオリヅルランオルレア
オレガノ

                                                                                        
カ行 
ガーリックガーデン
プリムラ
アラカルト
カイコウズガイラルディア
ガウラガウラ(2)カウンティ
フェア
カガリビバナカキツバタガクアジサイカクトラノオ
カゲツカゲツ(2)ガザニアガザニア(2)
ガザニア₍3₎カタバミカナメモチ
カナリーヤシカネノナルキカミソリノキカモガヤ
カヤカラーカラスノ
エンドウ
カラスノ
エンドウ(2)
カラマツカラマツ(2)カランコエカリガネソウ
カリステモンカリブラコアカリフラワー
・ロマネスコ
ガリル
カルーナカルセオラリアカルミア
カレンデュラカロライナ
ジャスミン
カワチ
スズシロソウ
カワラ
ナデシコ
カワラ
ナデシコ
カンガルー
ポー
カントウ
マユミ
カンナカンナ₍2₎カンパニュラカンパニュラ
(2)
カンパニュラ
ファンシーミー
カンヒザクラキキョウキキョウ₍2₎
キキョウ
カタバミ
キショウブキソウ
テンガイ
キダチチョウ
センアサガオ
キダチ
ベゴニア
キチジョウ
ソウ
キチジョウ
ソウ(2)
キッソウキツネノ
テブクロ
キツネノ
ボタン
キバナ
センニチコウ
キバナ
カンゾウ
キバナ
コスモス
キバナ
コスモス(2)
キバナ
ランタナ
キバナ
ランタナ
キブネギクギボウシキミドリ
サンゴ
キャンディ
タフト
キャンディ
タフト(2)
キュウリキュウリグサ
ギョイコウ
サクラ
ギョイコウ
サクラ₍2₎
キョウチク
トウ
キョウチク
トウ(2)
ギョリュウ
バイ
キリ
キリモキリンギクキリンソウキリンソウ₍2₎
キルタンサスキレンゲ
ショウマ
キンギョソウキンギョソウ
(2)
キングサリキンセンカ
キントラノオキンポウゲキンモクセイ
ギンバイカギンバイカ₍2₎キンポウジュキンミズヒキ
キンモクセイ(2)ギンヨウ
アカシア
ギンヨウ
アカシア(2)
キンランジソ
クサイチゴクサギクサギ(2)クサギ₍3₎
クサキョウ
チクトウ
クサ
サンタンカ
クサノオウクサミソハギクサヤマブキ
クズクズ(2)クズ₍3₎グズマニア
クスノキクチナシグチナシ(2)クチナシ(実)
クナウティアグビジンソウクフエアクフェア・
タイニーマウス
クマイザサクモマグサクラウンベッチ
グラジオラスグラジオラス₍2₎クリグリーンローズ
グリーン
ネックレス
クリサンセマム
・ノースポール
クリサンセマム
・バルドーサム
クリサンセマム
・ムルチコーレ
クリスマス
カクタス
クリスマス
ローズ
クリスマス
ローズ₍2₎
クリソ
セファラム
クリンソウクルクマ
クレオメクレオメ(2)クレソンクレマチス
グレビレア
(イエロードロップ)
グレビレア
(ロビンゴードン)
クローバークロコスミア
クロサンドラクロサンドラ
₍2₎
クロッカスクロユリ
クンショウ
ギク
ケイトウケカラスウリケシアザミケッソウ
ケマンソウケマンソウ₍2₎ケヤキゲルセミウム
ゲンゲゲンノ
ショウコ
ゲンペイ
クサギ
ゲンペイ
コギク
コーラル
ニンフ
コウショッキ
コウテイ
ダリア
コウテイ
ダリア(2)
コウテイ
ダリア(3)
コウリン
タンポポ
ゴギョウゴクラク
チョウカ
コゴメヤナギゴシキ
トウガラシ
コシキブコシキブ(2)コスモスコスモス(2)
コスモス(3)コダチダリアコチョウカコチョウカ(2)
コデマリコバノ
ランタナ
コヒルガオコブシ
コブシ₍2₎コマチフジコマツナギコマツヨイグサ
コマユミ
コムラサキコムラサキ(2)コムラサキ₍3₎コムギ
センノウ
コメツブ
ツメグサ
コモチ
マンネングサ
コリウスコリウス(2)
コルチカムコンギク
コンボル
ブルス
コンボル
ブルス(2)
コンボル
ブルス₍3₎
コンロンカ


サ行
サイネリアサオトメバナサキシマ
フヨウ
サギソウ
サクラサクラ(2)サクラソウサクララン
ザクロサザンカサザンカ(2)サザンカ(3)
サツキサバクオモトサフィニアサフラン
モドキ
サマー
キャンドル
サマースナップ
ドラゴン
サマー
ラベンダー
サラシナ
ショウマ
サルオガセサルスベリサルスベリ(2)サルスベリ(3)
サルスベリ
(矮星)
サルビアサルビア・
インボル
クラータ
サルビア・
インボル
クラータ(2)
サルビア・
ガラニチカ
サルビア・
コクネシア
サルビア・
ジャポニカ
サルビア・
ヒスパニカ
サルビア
ホルミナム
サルビア・
レウランサ
サンガイグササンカヨウサンゴジュ
サンサシアサンジカサンシキ
スミレ
サンシ
クヨウソウ
サンシャク
バーベナ
サンシュユサンシュユ₍2₎
サンタンカシークヮーサージィソブ
シオンシカクマメシキズイセンジギタリス
シクラメンシクラメン
(原種)
シコン
ノボタン
シシウド
シシウド2シチヘンゲシチヘンゲ(2)シデコブシ
シナノザサシナ
レンギョウ
シネラリアシバザクラ
シバザクラ(2)シマサンゴ
アナナス
シモクレンシモツケ
シモバシラ
ジャーマン
アイリス
シャーレー
ポピー
シャガシャガ(2)
ジャカランダジャカランダ₍2₎シャクシャクナゲ
シャグマユリ
シャクヤクシャコバ
サボテン
シャスター
デージー
シャミセン
グサ
シャリンバイ
シュウカイドウシュウカイドウ
(2)
ジュウガツ
ザクラ
ジュウニヒトエ
シュウメイ
ギク
シュウメイ
ギク(2)
シュウメイ
ギク₍3₎
シュッコン
アスター
シュランショウジョウ
バカマ
ショウジョウ
ボク
ショカツサイ
シライトソウシラハギ
シランシレネ・
カロリニアナ
シレネ・
ユニフローラ
シロガネヨシシロタエギクシロツメグサシロツリフネ
シロバナハギシロバナ
ヒガンバナ
シロ
ホトトギス
シロ
モウズイカ
シロヤマブキ
ジンジソウジンジャーシンジュボシ
マンネングサ
シンジュノキ
ジンチョウゲジンチョウゲ(2)スィート
アリッサム
スイート
アリッサム(2)
スイカズラスイセン
(日本水仙)
スイセン
(ガリル)
スイセンアヤメ
スイセン
アヤメ₍2₎
スイセンノウスイチョウカ
スイバスイフヨウスイフヨウ(2)スイフヨウ₍3₎
スイレンスカエボラスカンポスギ
スキミアスキミア₍2₎スキミア₍花)
スギナススキスズラン
スイセン
スズラン
エリカ
ステファノス
ストックストック(2)ストレリチア
スナップ
ドラゴン
スノー
フレーク
スパラキシススペアミント
スミレスミレ₍2₎スモーク
ツリー
セイタカアキノ
キリンソウ
セイタカ
アワダチソウ
セイタカアワ
ダチソウ₍2₎
セイヨウ
アサツキ
セイヨウ
アブラナ
セイヨウ
アマナ
セイヨウ
カマツカ
セイヨウ
キランソウ
セイヨウ
サンタンカ
セイヨウ
トチノキ
セイヨウ
ニンジンボク
セイヨウ
ヒイラギ
ナンテン
セイヨウ
マツムシソウ
セイロン
ライティア
セイロンライ
ティア₍2₎
セイヨウ
オダマキ
セイヨウ
カノコソウ
セイヨウ
キンシバイ
セイヨウ
サクラソウ
セイヨウ
ヤブイチゴ
セイヨウ
ノコギリソウ
セキチクセダム・
ウスゲショウ
セトウチ
ホトトギス
セトウチホト
トギス₍2₎
セト
クレアセア
ゼフィ
ランサス
ゼフィ
ランサス(2)
ゼフィ
ランサス₍3₎
ゼラニウム
ゼラニウム(2)ゼラニウム(3)セルリアセロシア
センジュ
センダンセントウソウセンニチコウセンニチ
コウ(2)
センニチソウセンニンソウセンニンソウセンブリ
センリョウソシン
ロウバイ
ソバソラナム
ラントネッティ


タ行 
ダイアンサスダイアンサス
(2)
ダイアンサス
(3)
ダイコン
ダイコンソウタイショウ
クサ
タイタンビカス
タイツリソウタイツリソウ
₍2₎
ダイモンジ
ソウ
ダイモンジ
ソウ(2)
ダイモンジ
ソウ₍3₎
ダイヤモンド
リリー
タイリン
キンシバイ
タイワン
ホトトギス
タイワン
レンギョウ
タイワン
レンギョウ
タケダスティー
ミラー
タチアオイタチツボ
スミレ
タチバナ
モドキ
ダッチ
アイリス
タニウツギタネツケバナタヒチアン
ハット
タマザキ
クサフジ
タマスダレタマスダレ(2)タラノハ
ダリア
ダリアダリア₍2₎ダルマギクダルマギク₍2₎
ダンギクダンギク(2)ダンギク₍3₎
チーゼルチアシードチェイランサスチェリー
セージ
チェリー
セージー・
ホットリップス
チトニアチャイブチャイニーズ
イエロー
バナナ
チューリップチューリップ(2)チュウキン
レン
チョイシアチョウセン
アサガオ
チョウメイ
ギク
チョコレート
コスモス
チロリアン
ランプ
チロリアン
ランプ(2
)
ツキヌキ
ニンドウ
ツクシツクシツタバウンランツタバ
ゼラニウム
ツツジツバキツバキ(2)ツボサンゴ
ツマベニツユクサツユクサ(2)
ツリガネ
ズイセン
ツリガネ
ニンジン
ツリガネヤナギ
ツリフネソウツリフネ
ソウ(2)
ツル
ニチニチソウ
ツルニチ
ニチソウ(2)
ツルニンジンツルハナシノブ
ツワブキツワブキ(2)
デージーティアレアティアレア
・ウィリー
テイカカズラ
テイショウソウディプラ
デニア
ディモル
フォセカ
デュランタデュランタ₍2₎
テングノ
ハウチワ
テンジク
ボタン
デンマーク
カクタス
ドイツアヤメドイツアザミトウダイグサドウダン
ツツジ
トウ
ネズミモチ
トウモロコシトウガラシ
(観賞用)
トウガラシ
(観賞用2)
トウワタトウワタ₍2₎トキワ
サンザシ
トキワ
マンサク
トキワ
マンサク₍2₎
ドクダミドクダミ(2)トケイソウ
トケイソウ₍2₎トサノ
ミツバツツジ
トサミズキトサミズキ₍2₎
トネリコバノ
カエデ
トビシマ
カンゾウ
トベラドラクラ
トリトマ
トリトニア
・ヒアリナ
トレニアトレニア(2)トロロアオイ
トンキン
カズラ


ナ行 
ナガバ
ミズアオイ
ナカフ
オリヅルラン
ナガミ
ヒナゲシ
ナス
ナズナナスノキナタネナツズイセン
ナツスミレナデシコナデシコ(2)
ナナカマドナニワイバラナノハナ
ナノハナ(2)ナノハナ(3)ナルトサワ
ギク
ナンキンハゼ
ナンジャ
モンジャ
ナンテンナンテン(2)ナンバン
キセル
ニオイ
バンマツリ
ニオイ
バンマツリ₍2₎
ニゲラニゲラ₍2₎
ニシキギニシキギ₍2₎ニシキジソニシキハギ
ニチニチソウニチニチソウ
(2)
ニチニチソウ
(3)
ニチニチソウ
(4
)
ニホン
サクラソウ
ニホン
ズイセン
ニューギニア
インパチェンス
ニラニワゼキショウ
ニワ
ゼキショウ₍2₎
ニワナズナヌスビトハギヌマスギ
ネグンド
カエデ
ネコジャラシネコノヒゲネジキ
ネジバナネジリバナネズミモチネズモドキ
ネムノキネムノキ(2)ネメシアネモフィラ
ネリネノアザミ
ノイバラノイバラ₍2₎ノウゼン
カズラ
ノウゼン
カズラ(2)
ノゲシノゲイトウノゲイトウ₍2₎ノースポール
ノコンギクノジスミレノシランノダフジ
ノバラノボタンノボリフジノボロギク
ノリウツギ


ハ行 
ホトケノザ₍4₎
ハートカズラバーベナパープル
ハート
パープル
ハート₍2₎
パープル
ファウンテン
グラス
バーベナ・
タピアン
バーベナ
・テネラ
バーベナ
(宿根性)
バイカウツギ
パイナップル
リリー
ハイビスカスハイビスカス
(2)
ハイビスカス
₍3₎
ハエマンサスハギパキスタスハクサイ
ハクチョウゲハクチョウ
ソウ
ハクチョウ
ソウ(2)
バキスタキス
・ルテア
ハグマノキハクモクレンハコネウツギバコパ
ハコベハコベ(2)ハコベ₍3₎ハコベラ
ハゴロモ
ジャスミン
ハゴロモ
ジャスミン₍2₎
ハスハス₍2₎ハゼラン
ハツユキ
カズラ
ハツユキ
ツユクサ
ハナアカシアハナアナナス
ハナウリグサハナオクラハナカタバミハナカンザシ
ハナカンザシ
(2)
ハナキリンハナ
キンポウゲ
ハナシュクシャ
ハナショウブハナ
スベリヒユ
ハナスベリ
ヒユ(2)
ハナゾノ
ツクバネ
ウツギ
ハナダイコンハナチョウジハナツメクサハナツメグサ
(2)
ハナツルソウハナトラノオハナトラノオ₍2₎
バナナハナニラハナニラ(2)ハナハッカ
ハナミズキハナミズキ(2)ハハコグサハボタン
ハマアザミハマカンザシハマギクハマギク(2)
ハマナデシコハマヒルガオハヤザキ
スイセン
ハヤトウリ
バラハリエニシダハリマツリハルコガネ
バナ
ハルジオンハルジオン₍2₎ハルノノゲシバレリーナ
ホワイト
ハンカチノ
ハナ
ハンゲショウハンゲショウ₍2₎
パンジーパンパス
グラス
ヒイラギヒイラギ(2)ヒイラギ
ナンテン
ヒオウギ
ヒオウギ
アヤメ
ビオラヒガンバナヒゴタイ
ヒゴロモソウヒサカキビスカリア
ピティロディアヒデリソウヒデンスヒデンス(2)
ヒトツバタゴヒナギクヒナゲシヒネム
ヒネム₍2₎ヒノキビバーナムヒペリカム
・ヒドコート
ヒペリカム・
カリシナム
ヒマラヤ
ユキノシタ
ヒマワリヒメウツギ
ヒメ
オドリコソウ
ヒメオドリコ
ソウ(2)
ヒメオドリコ
ソウ₍3₎
ヒメ
キンギョソウ
ヒメキンギョ
ソウ₍3₎
ヒメ
キンシバイ
ヒメコスモスヒメジョオン
ヒメツルソバヒメツル
ソバ(2)
ヒメヒオウギヒメヒオウギ
ズイセン
ヒメヒオウギ
スイセン₍2₎
ヒメヒマワリヒメフウロヒメマツバ
ボタン
ヒメ
リュウキンカ
ヒメリュウ
キンカ₍2₎
ピメレア
ヒャクニチ
ソウ
ヒャクニチ
ソウ(2)
ヒャクニチ
ソウ(3)
ヒューケラ
ヒュウガミズキヒヨドリバナ
ピラカンサピラカンサ(2)ピラカンサ・
ローズテール
ヒルガオ
ヒルザキ
ツキミソウ
ヒルザキ
キミソウ(2)
ビンボウカズラビンカ
ブーゲン
ビレア
ブーゲン
ビリア₍2₎
ブーゲン
ビリア₍3₎
フィールド
スカビアス
フウセン
カズラ
フウセン
カズラ(2)
フウセン
ダマノキ
フウセン
ダマノキ(2)
フウセン
ダマノキ(3)
フウセン
トウワタ
フウセン
トウワタ(2)
フウセン
トウワタ(3)
フウチョウソウフウチョウ
ソウ₍2₎
フウランフウリンソウ
フウリン
ブッソウゲ
フェニックスフェンネルフォックス
フェイス
フキフキノトウ
フクシアフサケイトウフサザキ
ズイセン
フサフジ
ウツギ
フジフジ₍2₎
フジカンゾウフジカンゾウ
(2)
フジバカマフジバカマ(2)
ブタノ
マンジュウ
フタバアオイフッキソウブッシュカン
ブッソウゲブッドレアブドウ
ヒアシンス
ブドウ
ヒアシンス(2)
ブナフユシラズフヨウ
フヨウ₍2₎フヨウ
カタバミ
ブラキカムフラサバソウ
ブラシノキフラックスブラック
ベリー
フランネル
ソウ
フリージアプリムラプリムラ
マラコイデス
ブルーデージーブルーファン
フラワー
ブルーベリープルメリア
プルンバゴプレクト
ランサス・
モナラベンダー
フレンチ
マリーゴールド
フロックス・
パニキュラータ
プロテア
ペインテッド
セージ
ヘクソカズラヘクソカズラ
(2)
ベゴニア
ベゴニア(2)ベゴニア
(木立性)
ペチュニアペチュニア
(八重咲)
ベツレヘム
の星
ベニカナメモチベニゴウカンベニジウム
ベニバナ
オキナグサ
ベニバナ
トキワマンサク
ベニバナトキワ
マンサク₍2₎
ベニバナ
ハナミズキ
ベニランベビーサン
ローズ
ヘビウリヘメロカリスヘラオオバコ
ペラペラ
ヨメナ
ベラルゴ
ニウム
ペラルゴ
ニウム・エン
ジェルアイズ
ヘリアンサス
ベルゲニアベルフラワーベルベット
セージ
ヘレボルス
・ニゲル
ヘリクリサムペルネティアベロニカ
グレース
ベンケイソウ
ペンステモンペンタスペンタス₍2₎ペンペングサ
ポインセチアホウセンカホオベニ
エニシダ
ホカケソウ
ボケホソバトキワ
サンザシ
ホソバヒイラギ
ナンテン
ホソバワダン
ホタルブクロホタルブクロ
₍2₎
ホタルグサボタンイチゲポーチュラカ
ポーチュ
ラカ(2)
ポット
マリーゴールド
ホトケノザホトケノザ(2)ホトケノザ(3)ホトケノザ₍4₎
ホトトギスホトトギス₍2₎ポリゴナムポリゴナム(2)
ホリホックホルム
ショルディア
ホワイト
ツリー
ポンテデリア


マ行 
マーガレットマーガ
レット(2)
マーガ
レット(3)
マーガ
レット₍4₎
マガリバナマガリバナ(2)マキ
マダガスカル
ジャスミン
マタタビマタタビ(2)マドンナ
リリー
マツバウンランマツバギクマツバギク(2)マツバボタン
マツバ
ボタン(2)
マツムラソウマツヨイグサマツヨイ
グサ(2)
マムシグサマユハケ
オモト
マユミマユミ(2)
マユミ₍3₎マリーゴールドマリーゴールド
(2)
マリーゴールド
(3)
マルバストラムマルバ
ルコウソウ
マロニエマンサク
マンジュ
シャゲ
マンデビラマンテンボシ
マンリョウマンリョウ(花)
ミカエリソウミズキミスト
フラワー
ミズナ
ミズバショウミズバショウ
(2)
ミズバショウ
₍3₎
ミズヒキミゾソバミソハギミチ
タネツケバナ
ミツガシワミツカドネギミッキー
マウスノキ
ミツマタミツマタ(2)ミドリハカタ
カラクサ
ミドリハコベ
ミドリハッカミドリノスズミモザ
アカシア
ミヤコグサ
ミヤマシキミミヤマ
シキミ₍2₎
ムギセンノウムクゲムクゲ(2)ムスカリ
ムスカリ(2)ムセラ・
ラシオカルパ
ムラサキ
ウンラン
ムラサキ
カタバミ
ムラサキ
ケマン
ムラサキ
クンシラン
ムラサキ
ゴテン
ムラサキ
ゴテン₍2₎
ムラサキ
ツメグサ
ムラサキ
ツメグサ(2)
ムラサキ
ツユクサ
ムラサキ
ツリフネ
ムラサキノ
マイ
ムラサキ
ハシドイ
ムラサキ
バレンギク
ムラサキ
ハナナ
ムラサキ
ヒヨドリバナ
ムラサキ
ルーシャン
メキシカン
オレンジ
メキシカン
ブッシュセージ
メキシコ
ヒマワリ
メタセコイアメドーセージメヒシバ
メラン
ポジウム
ムルチコーレモクシュンギク
モクレンモクレン(2)モクレン₍3₎
モジズリモミジモミジ(2)モミジ(3)
モミジの紅葉モミジアオイモミジガサモミジバフウ
モミジバ
ゼラニウム
モミジバ
ゼラニウム(2)
モミジバ
ゼラニウム₍3₎
モミジバ
ダイモンジソウ
モモイロ
タンポポ
モンキー
オーキッド
モント
ブレチア


ヤ行~ワ行 
ヤイトバナヤエクチナシヤエムグラ
ヤグルマギクヤツデヤツデ(2)ヤハズ
エンドウ
ヤブガラシヤブガラシ(2)ヤブケマンヤブツバキ
ヤブミョウガヤブランヤブラン₍2₎
ヤマザクラヤマト
ナデシコ
ヤマブキヤマブキ(2)
ヤマブキソウヤマブリヤマボウシヤマボウシ₍2₎
ヤマボウシ₍3₎ヤマモモソウヤメツヒメヤリズイセン
ヤリ
ズイセン₍2₎
ヤローヤワゲフウロヤワゲフウロ
₍2₎
ユーコミスユーパトリウム
コエレ
スティナム
ユーパトリウム
・チョコレート
ユーパトリウム
プルプレウム
ユーフォルビア
・ダイアモンド
フロスト
ユーフォルビア
・カラシアス
ユウゲショウユウゲショウ(2)ユウゼンギクユキノシタ
ユキハナソウユキモチソウユキヤナギユキヤナギ(2)
ユキワリ
イチゲ
ユリアザミユリオプス
デージー
ユリオプス
デージー₍2₎
ユリズイセン
ヨウシュ
ヤマゴボウ
ヨウラクソウ
ライスフラワーライス
フラワー₍2₎
ライラックライラック(2)
ラクウショウラグラスラッカセイラナン
キュラス
ラナンキュラス
ゴールドコイン
ラブチェーンラベンダーラミウム
ランタナランタナ(2)
リアトリスリキュウバイリクニス
リナリアリナリア₍2₎リナムリュウキュウ
ヤナギ
リュウキンカリラリリオペリンゴアザミ
リンドウ
ルッセリアルドベキアルドベキア
プレーリーサン
ルピナス
ルリジサルリジサ₍2₎ルリトウワタルリハコベ
ルリヒナギクルリマツリルリマツリ(2)ルリヤナギ
レプト
スペルマム
レブン
ウスユキソウ
レンギョウレンギョウ(2)
レンギョウ₍3₎
レンゲレンゲローズロウバイローズ
ゼラニウム
ローズマリーローズマリー
₍2₎
ローズリーフ
セージ
ローズリーフ
セージ(2
ローダン
セマム
ローレンティアロシアン
セージ
ロニセラ
ロビラキロマネスコロンギカウリス
タイム
ワイルド
ストロベリー
ワックス
フラワー
ワスレナグサワルナスビ


随想・特集
友との惜別デンマークの文化日本人の
ビックリポン
インフルエンザ
お正月の縁起物観心寺の門松釣鐘状の花電信柱の高さ
1日花(スベリヒユ科)1日花(アオイ科)1日花(ツユクサ科)1日花(アカバナ科)
1日花(ヒルガオ科)花の色(園芸種)花の色(自生種)梅クイズ
彦根城の桜造幣局の通り抜け長崎ランタンフェスティバル柳川雛飾り
寒霞渓の紅葉散歩道の紅葉上野公園の紅葉道良尊の紅葉
秋の上高地棚田とコスモス中之島イルミネーションハウステンボス
イルミネーション
美味しそうな花真花はどれ?美しい自然の造形驚きの自然の造形
細工物のような花色が魅力的な花小さくて可愛らしい野の花小さくて綺麗な野の花
色が変化する花1年間で出会った花
(1~6月)
1年間で出会った花
(7~12月)
アブラナ科の花
キンポウゲ科の花キンポウゲ科の花(2)キンポウゲ科の花(3)サクラソウ科の花
シソ科の花(1)
ラベンダーとローズマリー
シソ科の花(2) 
サルビアとセージ
シソ科の花(3)
野に咲く花
ツツジ科の花(1)ツツジ科の花(2)ベンケイソウ科の花
バラ科の花(1)バラ科の花(2)バラ科の花(3)バラ科の花(4)
マメ科の花(1)マメ科の花(2)マメ科の花(3)マメ科の花(4)
マメ科の花(5)
北欧ひとくち
メモ(第1回)
世界の国旗ひとくち
メモ(第1回)
世界史ひとくち
メモ(人類誕生)
世界史ひとくち
メモ(漢民族)
世界史ひとくち
メモ(世界の真ん中)
世界史ひとくち
メモ(モンゴロイド)
東チモール
花クイズ
(秋の七草)
花クイズ
(1月から順に)
花クイズ
(初級編から)
花クイズ
(テーマ別)



スポンサーサイト



マーガレットの姉妹花? でもシルバーリーフです                   -ローダンセマム-  

マーガレットに似た花は たくさんあります

この花は 葉っぱが銀色をしているので 区別がつきそうです


ローダンセマム (5)
(ストックの花と一緒に元気いっぱいの白い花  Feb 21)


ローダンセマム  キク科 ローダンセマム属

「ローダンセマム」という名前は初耳でした

どうやら最近人気急上昇の花で 春から初夏にかけて花が咲きます

ローダンセマム (9)
(ローダンセマムの花はマーガレットに似ていますね Feb 21)


この白い品種は アフリカンアイズ というものです

花の真ん中は マーガレットに比べて 茶色っぽいですね

ローダンセマム (3)
(ピンク色をしたローダンセマムもあります Feb 11)


このピンク色した花は マラケシュという品種です

マーガレットに とっても似ていますが 葉っぱが銀色をしています

ローダンセマム (2)
(ローダンセマムの葉は いわゆるシルバーリーフです Feb 21)


ローダンセマム (7)   ローダンセマム (4)
(ローダンセマムの立ち姿 Feb 21/11)


ローダンセマムを調べていると よく似た名前の花「ローダンセ」に

出くわしましたが、全く別物なので注意してね・・・!



その昔 スペイン王女も愛した花  -マーガレット-

昨年の5月にブログを始めてから 今回が200回目 (^.^)

自分自身 これほど頑張れるとは 思っていませんでした・・・

これも 一重に 皆さんの応援のお陰と 感謝しています 


200回記念に紹介する花は この愛らしい花です

マーガレット (4)
(少しずつ花の形が違っていますね  Feb 21)


マーガレット  キク科 キク属  

和名 モクシュンギク(木春菊)



花壇に白色とピンク色の花が元気に咲いていました!

マーガレット (9) マーガレット (7)
(マーガレットは元来は 白色の一重咲きでした)


マーガレット・・・可愛らしいプリンセスをイメージさせる

名前ではないでしょうか?


17世紀のスペインの王女に マルガリータ という女の子がいました

宮廷画家の ベラスケスが マルガリータ王女の肖像画を 

歴史を追って 何枚も描きました

そのマルガリータ王女が愛した花がマーガレットでした

マルガリータはスペイン語 マーガレットはその英語で

意味は「白い真珠」だそうです

肖像の隣に マーガレットの花が飾られている絵もありますよ

「薔薇色の衣装のマルガリータ王女」という作品です


マーガレット (3)
(白色とピンク色のマーガレットの花 清楚な感じがします Feb 11)


マーガレットの花には 白色 ピンク色 の他に 

うすい青紫色や黄色もあるようですね

花形は一重のほかに 八重 丁字(中央の黄色い部分が盛り上がる)

ボンボン咲きなどさまざまです

マーガレット(10)  マーガレット (1)
(丁字咲きとボンボン咲きのマーガレット Feb 21/11)


マーガレットはノースポールユリオプスデージー

とてもよく似ていますが 葉っぱが微妙・・・に違います

マーガレットの葉は羽状に深く切れ込んでいて うぶ毛はありません

マーガレット (5)   マーガレット (8)
(マーガレットの花の立ち姿と葉っぱ Feb 21)


1月に恋占いにデージーが使われていた と紹介しましたが

マーガレットもよく恋占いに使われるんです

マーガレットの花びらは「奇数枚」あるそうで

「好き」から始めたら 必ず「好き」で終わる・・・

もちろん その逆も・・・

確信犯向けの恋占いですね!


明日からまた 300回に向けて頑張りますね! 

引き続き応援をよろしくお願いします


太田道灌に蓑の代わりに差し出した花はとても質素                   -ヤマブキ(山吹)-

道端の小藪の中に 青々とした枝に きれいな山吹色の花が

ちらほらと咲き始めていました

山吹 (2)
(山吹色の花 Feb 15)


ヤマブキ(山吹)  バラ科 ヤマブキ属 の落葉樹

別名 ヤマブリ(山振)



山吹 (4)
(山吹の花のツボミが どんどん膨らんでいます  Feb 15)

 
山吹 (3)
(ヤマブキの花びらは5枚 雄しべがたくさんあります Feb 15)


「山吹色」という色は ずっと前から知っていましたが

本物のヤマブキに出会ったのは初めて・・・

花の色が ほんとに明るい黄色・・・ これが「山吹色」なんだね


山吹 (7)
(枝先に咲く ヤマブキの花  Feb 15)


太田道灌(どうかん)の「山吹伝説」を聞いたことありませんか?

 太田道灌がにわか雨にあって農家で蓑を借りようとしたとき

 出てきた農家の娘が山吹の花を一輪差し出した

 
 
 道灌は怒って帰ってしまったが 後に家臣から次の古歌を教わった


「七重八重 花は咲けども山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき」
               (蓑)               

その後 道灌は自分の教養のなさを恥じて勉学に励んだという・・・

 山吹 (1)   山吹 (8)
(ヤマブキの花の後ろ姿 と 葉っぱ Feb 15)


ヤマブキの茎は細くて柔らかい

葉っぱは とっても薄く 卵形をして ギザギザがあります

これから もっともっと 花をいっぱい 咲かせてほしいね!


今回が第199回のブログでした  いよいよ次回が200回目です 
 

何の花が登場するか・・・お楽しみ

よければ「温かい拍手を」いっぱいしてくださいね!


そばかすのある可愛い薄紫色の花が咲いた木                -ウエストリンギア-

花壇に大人の背丈くらいの木が植えられていて

うす紫色をした花が 可愛らしく咲いていました  

何という名前の木だろう・・・?

ウエストリンギア (3)
(伸びた木の枝に うす紫色の花がついています  Feb 11)


ウエストリンギア  シソ科 ウエストリンギア属 の樹木

別名 
オーストラリアン・ローズマリー

オーストラリア原産で シソ科のローズマリーに似ているそうです

ウエストリンギア (5)
(ウエストリンギアの花  Feb 11)


ウエストリンギアの花を よ~く見てください・・・

可愛い「そばかす少女」のように見えませんか?

ウエストリンギア (1)   ウエストリンギア (2)
(ウエストリンギアの花と葉っぱ Feb 11)


ウエストリンギアの葉は 細長くって分厚い(針状で線形)

ウエストリンギア(オーストラリアン・ローズマリー) (2) (ウエストリンギアの木 Feb 11)



親戚のローズマリーはハーブで有名なので名前は知っているけど

早く実物のローズマリーにもお会いしたいですね



赤い花と白い花が華やかに咲いていました                  -アザレア-

赤と白の花が花壇に咲いていました

ツツジに似た花だな? でも華やかな感じがする・・・

何という名前だろう?

アザレア (1)
(濃いピンク色の花  Feb 18)


アザレア  ツツジ科 ツツジ属 

別名 
西洋ツツジ

アザレア (4)
(白色のアザレア  Feb 18)


草のように見えるけれど ツツジと同じく「木」なんです

鉢植えの観賞用に改良されたツツジが「アザレア」

八重咲きも多くて 普通のツツジに比べると 

花が大きくて華やかですね

アザレア (6)
(八重咲きの赤いアザレアの花  Feb 18)


アザレアの花は 一重では花びらが5枚ある合弁花です

アザレア (5)
(アザレアの葉  Feb 18)


アザレアの葉は だ円形で厚みがあって毛があり 互生です



地を這って広がる黄色い花                      -クリサンセマム・ムルチコーレ-

先月道端で見かけた黄色い花に再会しました

調べて 名前もようやくわかりました

ムルチコーレ (3)  
(先月 道端に ひっそりと黄色い花が咲いていました  Jan 17)


クリサンセマム・ムルチコーレ  キク科 コレオステフス属 

春から初夏にかけて咲く 匍匐性の花で 

地面を這うように 根元から分枝して 広がります

ムルチコーレ (1)
(きれいに開いたムルチコーレの花 Feb 11)


真ん中の筒状花も 周りの舌状花も黄色い キク科の花

黄色がとても鮮やかですね!

ムルチコーレ (5)   ムルチコーレ (8)
(匍匐性なので花茎がくねりと曲がります Jan 17/Feb 11)


ムルチコーレ (6) ムルチコーレ (7)
(ムルチコーレのツボミと葉っぱ Jan 17/Feb 11)


クリサンセマム・ムルチコーレの葉は菊菜のように

へら形で縁に粗いギザギザがあります  互生です




美しくも儚(はかな)い花                     -1日花(5) ヒルガオ科-

ヒルガオ科の1日花としては アサガオ(朝顔)がよく知られています

まずは ヒルガオ(昼顔) です

昼顔8月 (2)
(ヒルガオの花  Aug 19)

昼顔8月 (1)(ヒルガオの花の横顔  Aug 19)

ヒルガオの花は アサガオの花を少し小さくした 5弁花で

アサガオのようには色が多彩ではなくて 薄いピンク色をしています


次のヒルガオ科の花は マルバルコウソウ(丸葉縷紅草) です

丸葉縷紅草9月 
(丸葉縷紅草の花  Sep 25)

丸葉縷紅草10月(丸葉縷紅草の集団  Oct 04)

マルバルコウソウの花も やはり 

アサガオの花を小さくしたような 5弁花で 朱色か赤色をしています


もうひとつ みんなが大好きな サツマイモ(薩摩芋) も

ヒルガオ科なんですって! 驚きです



美しくも儚(はかな)い花                     -1日花(4) アカバナ科-

さあ1日花の紹介に戻りましょう  

1月に スベリヒユ科 アオイ科 ツユクサ科 の1日花を

紹介しましたが 今日は アカバナ科 の1日花です


まずは ハクチョウソウ(白蝶草・ガウラ) 

ガウラ9月
(ハクチョウソウ(ガウラ)の花  Sep 25)

ガウラ10月 (2) ガウラ10月 (1)
(ピンク色のガウラとガウラの群生 Oct 25)

まさに白い蝶が舞っているような花姿をしている って書いたけれど

10月にはピンク色のガウラも見つけました


次に 竹下夢二の詩「宵待ち草」にも詠われた花

マツヨイグサ(待宵草) です

待宵草12月
(マツヨイグサの花  Dec 09)

待宵草11月(マツヨイグサ  Nov 07)

待宵草は 2日目にはしぼんで オレンジ色になる のが特徴です

毎日 別のつぼみが開いて 花を咲かせていました


まだ紹介していませんが アカバネ科の花の仲間の 

ツキミソウ(月見草)は1日花なんですが 同じアカバネ科でも

フクシア や ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草) は

どうやら1日花ではないようです・・・

フクシア6月
(フクシア  クロード・モネ庭園にて  June 02)


次回は ヒルガオ科の1日花のご紹介です
 

とっても愛らしい花 貴女の髪にかざりたいね                -ハナカンザシ(花簪)-

今日はバレンタインデー どんなサプライズが待っているかな?

そんな楽しい日にふさわしい とっても愛らしい花を見つけました

赤と白と黄色のコントラストが素敵な花! 

何という名前だろう・・・?

花かんざし (1)
(花が開くと 白と黄色のコントラストが目を惹きます Feb 11)


花かんざし (7)
(ツボミは 白と赤のコントラストがかわいらしい Feb 11)


ハナカンザシ(花簪)  キク科 ハナカンザシ属

別名  ヘリクリサム ; アクロクリニウム


花茎の先につく赤と白のツボミが 垂れ下がると

ちょうど かんざし(簪)のように見えるから でしょうか?

花かんざし (2)
(ハナカンザシの花  Feb 11)


ハナカンザシの花は八重咲きで 触れるとカサカサとして

ドライフラワーとして よく使われるようです

また 白い花弁に見えるのは 総苞片(そうほうへん) つまり

もともと花のツボミを包んでいたもの だそうですが

どう見ても 花びらにみえちゃうよね!

 花かんざし (9)  花かんざし (6)  花かんざし (8)
(ツボミが開いていくときの見た目の色の変化がおもしろい Feb 11)


ハナカンザシの花は 早春から初夏にかけて咲きます

葉っぱは 披針形で 互生します

花かんざし (4)   花かんざし (5)
(ハナカンザシの花の立ち姿と葉 Feb 11)


ハナカンザシの草丈は 15~20cmくらいの 小さな花ですが

たくさん集まると とっても可愛らしい

花を見つけたら ぜひ手で触ってみて カサカサ感を

味わってくださいね!



カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めてもう8年目です。
今はコロナ自粛で休止状態ですが、復帰後も応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR