ナデシコとセキチクの違いって何?

秋の名残りでしょうか・・・

秋の七草のひとつ ナデシコ(撫子)が まだ咲いていました

カワラナデシコ(河原撫子)? セキチク(石竹)?

ようし 調べてみよう!


セキチク (5) 
(カワラナデシコか セキチクか どちらでしょうか Nov 27)

皆さんはカワラナデシコセキチクかどちらと思われますか?


セキチク (2) (花姿 Nov 27)


10月下旬にみた下の花は「カワラナデシコ」です


カワラナデシコ (4) 
(カワラナデシコは花弁の先が深く裂けています Oct 25)

カワラナデシコ (1) (河原撫子の花姿 Oct 25)

カワラナデシコ(河原撫子)  ナデシコ科 ナデシコ属

別名 (ヤマトナデシコ)大和撫子  唐撫子と対比した名

単に ナデシコ(撫子)と呼ばれることも多いようです


薄い紅色や白色の花を咲かせ

花弁の先が 細かく深く裂けている のが特徴です

葉っぱは 線形または披針形で 対生ですが

茎の付け根にはたくさんの葉が茎を抱くようにつきます


カワラナデシコ (3)  カワラナデシコ (2)
(白色のカワラナデシコ June 20)

以下の写真の花は「セキチク」です

セキチク (1)   
(セキチクの花弁のギザギザの切れ込みは浅い目です May 22)

セキチク(石竹) ナデシコ科 ナデシコ属 

別名 カラナデシコ(唐撫子)
 中国(唐)から渡来したゆえの名

セキチクはカワラナデシコに比べて 花弁の切れ込みが浅く

色合いとして 紅色が濃い目で 背丈が相対的に低いようです


セキチク(8)  セキチク (7)   
(セキチクの花 May 17(左) & May 22(右))

セキチク (3)  セキチク (4)
(セキチクの花 と 花姿 Sep 1)

カワラナデシコとセキチクを合わせて ナデシコの学名の

ダイアンサス」という名前で総称しています

さて 冒頭の写真の花は どちらでしょうか?

セキチクと思われますが 

ダイアンサス といえば間違いはありませんね!




スポンサーサイト

臭いが強い白い花をつける樹木 魔除けなの?                    -ヒイラギ(柊)-

散歩をしていると けっこう強い香りが漂っていました

見ると家の庭木や空地に植えられた樹木に 

白い花がたくさんついていました


ヒイラギ(2)  
(葉の腋についた白い花が強いにおいを発散しています Nov 23)

ヒイラギ(柊) モクセイ科 モクセイ属


木へんに冬と書きます 冬を代表する樹木なんでしょうね

ヒイラギは魔除けに使われ かつては節分のときに 

ヒイラギの小枝を 鬼門や戸口に飾ったりしていました


特徴は 何といっても 葉っぱのトゲ(棘)

ヒイラギ (7) 
(ヒイラギの葉っぱ 尖がったところがトゲ Nov 23)

ヒイラギの葉っぱのトゲには 不思議な経年変化があります

若い木にあるトゲが 成長して樹高が高くなるごとに

丸く(全縁状)に変化していくんです

これは 植物の持つ自衛本能のようで

背の低いときは トゲで動物に食べられるのを防ぎ

背が高くなると その必要がなくなる・・・ からなんですって


ヒイラギ (5) 
(背の高い老木の葉っぱには ギザギザはありません Nov 23)

ヒイラギの木は雌雄異株です

雄花は2本の雄しべが長くて 葯(やく)が大きく目立っていますが

雌しべは目立ちません  花はたくさん集まります

雌花は花の数は少なく 雌しべが発達して突出するようです


ヒイラギ (8) 
(ヒイラギの雄花 長いのは雄しべ Nov 23)

ヒイラギ (1)     ヒイラギ (6)
(若い庭木のヒイラギ(左)と背の高い老木のヒイラギ(右) Nov 23)


円錐型の公園の木に白い角のような実がいっぱい            -コノデガシワ(千手)-

公園や庭によく見られる円錐型をした木ですが

白い角のような実がたくさんなっていたのが

11月になって 実が割れて 中から種が出てきました


コノデガシワ (3) 
(ヒノキに似た葉っぱに 白い尖った実がついてます Nov 20)

コノデガシワ (2)
(公園に円錐形をした樹木がよくみられます Sep 18)

コノデガシワ(児の手柏)  ヒノキ科 コノデガシワ属

通常のコノデガシワは10~15mにもなる高木ですが

これはコノデガシワの園芸品種で 
センジュ(千手) と呼ばれ

日本で見られるコノデガシワは ほとんどがセンジュです

手のひらを広げて上に挙げたような 葉っぱをつけた枝が 

たくさんあるので「センジュ(千手)」と呼ばれています


コノデガシワ (5) 
(センジュの球果(きゅうか)と呼ばれる実  Oct 23)

コノデガシワ(6)  
(球果が割れて 中から種が出てきました Nov 20)

花は3月~4月に咲き

雄花は黄褐色 雌花は白緑色 をしているそうです

花が咲くのが楽しみですね




星形の艶やかな葉が特徴のピンク色の5弁花                   -アイビーゼラニウム-

ピンク色のかわいい5弁花が玄関先に咲いていました

艶やかな葉っぱが 5枚に分かれて モミジ葉のようにも見えます


お尋ね花(センテッドゼラニウム) (3) 
(葉っぱが特徴的です 花はピンク色の5弁花です Nov 18)

アイビーゼラニウム  フウロソウ科 ベラルゴニウム属 

別名 ツタバゼラニウム(蔦葉ゼラニウム)


通常のゼラニウムが 花茎が上の方に伸びるのに対して

枝が横に伸びて下に垂れ下がる 半ツル性のゼラニウムの園芸種です


お尋ね花(センテッドゼラニウム) (1) 
葉っぱは きれいな点対称の形です Nov 18)

葉っぱがアイビー(ヘデラ)の形に似た星形をしていて

少し厚みがあって 光沢もあります


お尋ね花(センテッドゼラニウム) (5) 
(花は 散形花序で 4つほどの花がついています Nov 18)

お尋ね花(センテッドゼラニウム) (2) 
(アイビーゼラニウムの花の拡大写真 Nov 18)

お尋ね花(センテッドゼラニウム) (6)  
(アイビーゼラニウムの花姿 Nov 18)

この花の名前を教えてくださった

はちみつ色の陽だまりさん ありがとうございました

続きを読む

秋にも咲いたよスプーン形の花弁をもった白と紫色の花            -オステオスペルマム-

春に咲いていた花が 秋になってまた咲きました

でも春のようには たくさんの花がつきません・・・


オステオスペルマム (3) 
(舌状花がアイスクリームのスプーンのような形です Nov 17)

オステオスペルマム  キク科 オステオスペルマム属の多年草

別名 アフリカンデージー


1年草 2年草の ディモルフォセカ にとてもよく似ています


オステオスペルマム (1) 
(オステオスペルマムの花姿 Nov 17)

1年目より2年目になると 草丈が伸びます

開花期は4月~6月だけでなく 9月~11月の秋もあるのですね 

葉っぱは へら状(倒披針形)で 粗くギザギザがあります


オステオスペルマムには八重咲きもあります

オステオスペルマム(八重咲) (3) 
(八重咲き品種のオステオスペルマム Nov 17)

八重咲きのものを 

オステオスペルマム フラワーパワーダブルブロンズ


とか ダブルシルバー などと呼んでいます

オステオスペルマム(八重咲) (4) 
(オステオスペルマム フラワーダブルブロンズ Nov 17)

オステオスペルマム(八重咲) (1)  オステオスペルマム(八重咲) (2)
(頭状花が開いています Nov 17)

オステオスペルマムには 多くの品種があるので 花姿も多様です


クリスマスを飾る観葉植物の花は複雑             -ポインセチア-

この観葉植物の名前は知っていたけれど

花をじっくりと観察したことはありませんでした・・・


ポインセチア (6) 
(赤い葉っぱの中央に花があります Nov 22)

ポインセチア トウダイグサ科 トウダイグサ属(ユーフォルビア属)

和名 猩々木(ショウジョウボク)


今ではクリスマスの象徴のような観葉植物で 

赤色と緑色の葉の色のコントラストを味わいますね


中心に花をつけた赤い葉っぱは 苞葉(ほうよう)です

ポインセチア(2) 
(ポインセチアの花序 つぼみや開きかけの花があります  Nov 22)

花序には 先端が赤みがかった黄緑色の総苞(そうほう)があって

そこから 雄しべと雌しべが でてきます

この雄しべや雌しべは 独立した雄花と雌花なんですって

ひとつの雄花には ひとつの雄しべがあって

ひとつの雌花には 先が3つに分かれた柱頭(雌しべ)があります

ポインセチアの花序は 花弁を持たない花の集合体です


ポインセチア (1)
総苞から雌しべや雄しべが顔をだします 黄色の部分は蜜腺

黄色の蜜腺のなかには 虫を誘う蜜がたっぷり入っています

ポインセチア (4)  ポインセチア (3)
(蜜腺には蜜がたっぷり(左) 開いた総苞(右) Nov 07)

 

冬の花壇の主役 まるでキャベツ?                 -ハボタン(葉牡丹)-

冬の花壇の主役が 早くも玄関先に登場しました

まるでキャベツかサニーレタスのようですね


ハボタン (4) 
(まるで野菜のような花のような Nov 21)

ハボタン(葉牡丹) アブラナ科 アブラナ属

周辺の緑色と 中央の白や赤紫色の コントラストが見事です

ハボタン (1) 
(ハボタンの茎 Nov 21)

ハボタンはアブラナ科で 

春になると 茎が伸びて(とうが立って) 黄色い菜の花が咲きます


ハボタン (3)  ハボタン (2)
(紫色のハボタンと白色のハボタン Nov 21)


ブログを始めて いつの間にか半年が経ちました

春は 外に出るごとに 新たな花が 次から次に咲いていて

楽しみもいっぱいでしたが 名前を調べるのがたいへんでした


今 秋が深まり 冬が近づいてきて

道端の花も 地味になり 少なくなり 

早くも来春が待ち遠しくなってきた今日この頃です


おつきあい ほんとうに ありがたく 感謝いたします

これからも 気長に 気楽に お付き合いを おねがいします


続きを読む

かわいらしいペアのハートとユニークな花          -ハートカズラ-

吊り鉢仕立ての観葉植物のひとつです

よく観察してみると ユニークな形の花がついています


ハートカズラ (6) 
(赤紫色のツルにハート形の可愛い葉っぱがペアでついています)

ハートカズラ  ガガイモ科 セロペギア属

愛称 愛の鎖(ラブチェーン)


垂れ下がるツル(茎)には かわいいハート形をした

少し肉厚な葉っぱが ペアでついています

よく見ると ほんとにユニークな形の 

赤紫色をした花がついているのですね


ハートカズラ (4) 
(ハートカズラの花 面白い形だね Nov 18)

頭の方には たくさんヒゲが生えていますよ


ハートカズラ (1)  
(いちど5つに分かれた花が 先っぽでくっついています Nov 18)

ツル性の植物の茎は ときに木質化します

ハートカズラ (2) 
(木質化した茎には 葉も花もつきません Nov 18)

葉っぱの裏側は 表側と違って 少し赤紫色がかっています

ハートカズラ (7)   ハートカズラ(8)
(葉っぱの裏側と 吊り鉢仕立てのハートカズラ Nov 18)




大阪の秋の紅葉はここが一番ですね              -ユウバエモミジ(延命寺の夕照楓)-

ときどき散歩する古刹(こさつ)延命寺(えんめいじ)に

この地方ではとっても有名な「もみじの木」があります

今 樹齢1,000年ともいわれる古木が元気いっぱいに紅葉しています


モミジ(夕照楓) (3) 
(樹齢1,000年ともいわれている古木です Nov 17)

ユウバエモミジ(夕照楓) カエデ科 カエデ属

大阪府の天然記念物に指定されている古木です

大阪府の南 河内長野市にある 弘法大師が開いたといわれる

延命寺(えんめいじ)にあります

モミジ(夕照楓) (1) 
(夕照楓 全景 Nov 17)

延命寺は 普段は訪れる人は少ないのですが

11月の紅葉の季節になると 人々でにぎわいをみせています

モミジ(夕照楓) (4) (夕照楓の由来を記した高札 Nov 17)

モミジとカエデの違いをご存知ですか?

モミジより葉っぱが大きいものがカエデ(楓)・・・?

実は 学術的には全く区別はなくて どちらもカエデ科カエデ属

ただ 葉っぱの切れ込みが深いのが「モミジ」 浅いのが「カエデ」

と区別されることが多いそうです

モミジ(夕照楓) (5) モミジ(夕照楓) (2) 夕照楓(ゆうばえもみじ)の幹 
(夕照楓のフル写真 (左)全景(中)紅葉 (右)幹 Nov 17)

 折角の紅葉だったので 大きな写真を載せておきますね

ちなみに モミジといえば「イロハモミジ」が一番多いようです


目立たない雑草も よく見るとピンク色の花序があるね            -イヌタデ(犬蓼)-

空地のすみっこに もこもこしたピンク色の穂状花序をつけた

雑草が生えています でも あんまり目立たないね 
何だろう?

イヌタデ (4) 
(赤みがかった茎の先にピンク色の穂状花序がついています Nov 16)

イヌタデ(犬蓼) タデ科 イヌタデ属 

別名 アカマンマ (赤い小さな実を赤飯に見立てた)


普通に見られる雑草ですが 名前は知りませんでした・・・

イヌタデ(4) 
(イヌタデの穂状花序 茶色のものは果実でしょうか Nov 16)

花弁のように見えるのは萼(がく)で

ガクの中には 8本の雄しべと3本の雌しべ(花柱)があるのですが

どの花序のガクも 開いてませんでした・・・


イヌタデ (2) 
(1本の茎が分かれて それぞれの先に穂状花序をつける Nov 16)

同じタデ科の ミズヒキ(水引) や ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

の花に似ているね


葉っぱは 広披針形で 互生します


カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年余りが経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR