柳川のさげもん (雛飾り)

ひな祭りにちなんだ話題に寄り道するね・・・

長崎に行った帰りに 柳川という町に立ち寄りました

そこで面白い雛飾りに出会いました


柳川は旧城下町 総延長60kmものお堀がある水郷

現在は 川下り観光地として人気があります


柳川川下りのお堀
(柳川は城下町だったので長いお堀が巡らされています)


柳川では 今ちょうど ひな祭りの真っ最中で

「さげもん」というユニークな雛飾りが有名です

お店のさげもん
(お堀に面したお店の前にあるのがさげもんです)

柳川 さげもん(雛飾り)
(旧柳川藩主 立花邸内の雛飾りにさげもんがたくさん)

さげもん(雛飾り)
(天井からぶら下がっているのがさげもん雛飾りです)


さげもんは 江戸の昔 柳川城内の奥女中が

着物の残り布で 子どものおもちゃなどを作って

部屋にぶら下げて楽しんだ というのが始まりで

子どもの健やかな成長を願ったそうです・・・

飾りの数は 51個

当時の寿命とされた50才を超えてねという

親の願いの数なんですって・・・


さげもん雛飾り
(飾りには毬や自然界の動物や植物の形をしたものなど)


もうひとつ・・・

柳川名物の川下りも とっても楽しかったよ! (^^♪


柳川川下り
(柳川のお堀をめぐる小舟 船頭さんのお話が愉快よ)

柳川川下り木の枝くぐり 柳川下り橋下くぐり
(頭を下げて木の枝の下や橋の下の低い所を通ります)

船頭さんのジャンプ 柳川川下り 船頭さんのジャンプ
(ときには船頭さんが橋の上を渡って船に飛び乗るよ)


いろいろな地方の文化や風俗に接することができて

旅って・・・楽しいね!




スポンサーサイト

赤詰草や白詰草にも蝶形花があるの?                           -マメ科の花々(5)-

アカツメグサ(赤詰草)やシロツメグサ(白詰草)に

マメ科特有の蝶形花や羽状複葉(または3出複葉)が

あったかな・・・?

シロツメグサの葉
(シロツメグサの別名はクローバーです 5月)

赤詰草
(アカツメグサの葉も白いV字が入った三つ葉 5月)


シロツメグサ(白詰草) 別名 クローバー

アカツメグサ(赤詰草) 別名 ムラサキツメグサ

どちらも マメ科 シャジクソウ属



そういえば・・・シロツメグサは別名 クローバー

言わずと知れた 三つ葉(3出複葉) が特徴でしたね

アカツメグサにも 白いV字が入った

襟巻のような可愛い三つ葉(3出複葉)がありました


葉はマメ科の特徴を表していますが 

花はどうでしょう? 蝶形花に見えるでしょうか・・・?

花をズームしてみましょう・・・

アカツメグサ
(アカツメグサの花も蝶形でした 5月)

シロツメグサ
(シロツメグサの花も やはり蝶形です 4月)


じっくりと観察すれば

どちらの花も 小さな蝶形花が集まっていました


今度の花は 同じマメ科でも 今までのものとは

まるっきり花の形が違います!



ネムノキ (2)
(ネムノキもマメ科の花です 7月)


ネムノキ(合歓の木) マメ科 ネムノキ属


ネムノキは マメ科でも 花の形は蝶形ではありません

ネムノキ (3)
(ネムノキの花は蝶形のものとは全く違いますね)

ネムノキ (1)
(ネムノキの葉は 羽状複葉です 9月)


ネムノキに似たこの花も形が蝶形ではありません

ヒネム (3)
(ヒネムの葉は羽状複葉ですが花は蝶形ではない 10月)


ヒネム(緋合歓) マメ科 ベニゴウカン属

和名 ベニゴウカン(紅合歓)


ヒネムは ネムノキとよく似ていて

葉は羽状複葉ですが 花は針状で蝶形ではありません


マメ科の花々(1)で紹介した ギンヨウアカシアも

蝶形花ではありませんでしたね

ギンヨウアカシア (2)
(ギンヨウアカシアの花 3月)


実は マメ科には 大きく分けて 

 ・マメ亜科

 ・ネムノキ亜科


があり 厳密にいえば

 ・蝶形花はマメ亜科の花の特徴

でした

マメ科の花の殆どはマメ亜科です

ネムノキ亜科の花といえば

 ・アカシア;ギンヨウアカシア;フサアカシア

 ・ネムノキ;ヒネム

 ・オジギソウ

くらいなものです



ルピナスにも蝶形花があった?                            -マメ科の花々(4)-

マメ科の花の特徴として 

蝶形花と羽状複葉(3出複葉を含む)

と紹介していますが

今日のマメ科の花は 今までのと少し違うようです

アメリカデイゴ (3)
(アメリカデイゴの蝶型花 8月)

アメリカデイゴ (2)
(アメリカデイゴは3出複葉をもっています 8月)


アメリカデイゴ(アメリカ梯梧) マメ科 デイゴ属

別名 カイコウズ(海紅豆)



アメリカデイゴの蝶形花は 蕊と蕊を包む花びら

(竜骨弁かな)が飛び出しているね


クズ (3)
(蝶形花が集まっているクズの花 9月)

クズ (2)
(クズの葉は 大きいが3出複葉です 9月)


クズ(葛) マメ科 クズ属


クズの葉はマメ科特有の3出複葉ですが 随分と大きく

花は 蝶形花が集まって大きな花になっています


ルピナス (2)
(ルピナスは花も葉も特徴的ですね 6月)


ルピナス マメ科 ルピナス属

別名 ノボリフジ(昇り藤)



えっ・・・? 

ルピナスにも蝶形花と羽状複葉があるの?

ルピナス (1)
(ルピナスの花は小さな蝶形花が集まっています)

ルピナス (3)
(天狗の団扇のようなルピナスの葉は掌状複葉です)


ルピナスの花をよく観察してみると

小さな蝶形花がたくさんついているのがわかるよ・・・

でも 葉は 厳密には羽状複葉ではなくて

掌状複葉(しょうじょうふくよう)
と呼ばれるものです

どちらも似ているといえば似ているけどね・・・!


それでは・・・

シロツメグサやアカツメグサもマメ科なのですが

蝶形花があったかな・・・?

羽状複葉(または3出複葉)があったかな・・・?

これは 次回のお楽しみです!



蝶型花をもつ花                          -マメ科の花々(3) -

マメ科の花には ハギ属以外でも

蝶形の花をつけるものが多くあります

今回は マメ科で蝶型の花をつけるものを紹介します


まずは 春になると花をつけるこれです

カラスノエンドウ (3)
(これも蝶形花 カラスノエンドウの花 3月末)

カラスノエンドウ (1)
(カラスノエンドウの葉も羽状複葉ですね 3月末)


カラスノエンドウ(烏野豌豆) マメ科 ソラマメ属

正式名(標準和名) ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)



カラスノエンドウ (2)
(カラスノエンドウの群生 3月末)


次は黄色い花をつけるマメ科の花です

ミヤコグサ (1)
(ミヤコグサの蝶形花 11月)

ミヤコグサ (2)
(ミヤコグサの葉も マメ科らしい羽状複葉ですね)


ミヤコグサ(都草)  マメ科 ミヤコグサ属


この花はどうでしょう?

コマツナギ (2)
(蝶形花をもつコマツナギ 9月)

コマツナギ (1)
(コマツナギの葉も やはり羽状複葉です 9月)


コマツナギ(駒繋ぎ) マメ科 コマツナギ属 


コマツナギ (3)
(コマツナギの花の群生 昨年9月)


このように カラスノエンドウ ミヤコグサ コマツナギ

は いずれも 

蝶形花と羽状複葉といったマメ科の花に共通の特徴

をもっているね

 
明日は

見た目が少し違うようなマメ科の花を紹介します



ハギの花の仲間の特徴はなんだろう?                         -マメ科の花々(2)-

昨日は デンマーク留学生からみたビックリポン

の話から マメ科の花の紹介を始めたけれど

マメ科の代表的な花は ハギ(萩)ですね

今回は

ハギ属とその近縁のヌスビトハギ属の花を紹介します

ハギ (1)
(蝶形花がマメ科の花の特徴のひとつです 昨年9月)


ハギ (2)
(羽状複葉がマメ科の葉の特徴です 昨年9月)


ハギ(萩)  マメ科 ハギ属


ハギ (3)
(萩は 言わずと知れた秋の七草のひとつ 昨年9月)


そしてハギとは色違いの花がこれです

シラハギ (1)
(シラハギもマメ科特有の蝶型花を持っています 9月)

シラハギ (2)
(シラハギの葉はハギの葉と同様に羽状複葉ですね)


シラハギ(白萩) マメ科 ハギ属


シラハギ (3)
(シラハギの枝はハギとは違って枝垂れていないね)


萩と白萩の違いは 枝が枝垂れているかいないか位・・・


ハギ属の近縁のヌスビトハギ属の花を2つ紹介します

アレチヌスビトハギ (3)
(アレチヌスビトハギの花も やはり蝶形だね 9月)

アレチヌスビトハギ (5)
(アレチヌスビトハギの葉は3出複葉です)


アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩) マメ科

          ヌスビトハギ(盗人萩)属



アレチヌスビトハギの葉は羽状複葉の中で

枚数が最も少ない3枚の小葉から成っています

アレチヌスビトハギ (1)
(アレチヌスビトハギの群生 昨年9月)


もうひとつの ヌスビトハギ属の花はこれです

フジカンソウ (2)
(フジカンソウの淡いピンク色の蝶形花 9月)

 フジカンゾウの葉
(フジカンソウの葉も マメ科特有の羽状複葉ですね)


フジカンゾウ(藤甘草) マメ科 ヌスビトハギ属


フジカンソウ (3)
(フジカンソウの花の咲き姿 昨年9月)


マメ科の中でも ハギ属とヌスビトハギ属の花の特徴

分かりましたか・・・?


 ・花が蝶形

 ・葉が羽状複葉



というのが共通していたね

明日のマメ科の花はどうかな・・・?


カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

だいやん

Author:だいやん
道端や玄関先を彩る四季の花々
綺麗だなと思っても
名前が分からない・・・
一緒にひとつづつ名前を
調べていきませんか?

全て自分自身が出会って撮影した写真なのが自慢です。
ブログを始めて3年が経ちました。これからも応援よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FCカウンター (2015.02.25より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR